ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    巧みな演出とキャストの怪演で、80年代の漫画ファンだけでなく若年層を中心に幅広い層をざわつかせているドラマ
    『アオイホノオ』(テレビ東京系)。同作で、主演の柳楽優弥とともに脚光を浴びているのが、庵野ヒデアキ役の個性派俳優、安田顕。
    これまでにもドラマや映画で活躍している俳優であり、演技への評価も高い。そんな安田とはどんな人物なのか。

    ◆『水曜どうでしょう』の“なかの人”から
    80年代の大阪芸大を舞台にし、漫画家やクリエイターたちの若き日の姿を描くドラマ『アオイホノオ』。
    同作で物静かななかにもほとばしる才能を感じさせる庵野ヒデアキを怪演している安田顕。
    どう見てもアラフォーな彼は、ほかの大学生役の俳優のなかでは浮いているのだが(38歳のムロツヨシもいるが)、
    ドラマを見ているといつしかそんな不自然さは消えてしまう不思議な存在である。

    『アオイホノオ』のほかにも、『ショムニ2013』『隠蔽捜査』などのドラマでたびたび見かける安田だが、
    そのキャリアのスタートは大学で大泉洋らと劇団TEAM-NACSを立ち上げたところにあった。
    その後、大泉とともに出演した『水曜どうでしょう』で、安田はHTB(北海道テレビ)のマスコットキャラクター“onちゃん”(のなかの人)
    などを演じ、ときにはひどい仕打ちを受けて笑いと同情(?)を買っていた。

    その後、2000年代後半からは東京での仕事が増え始め、NHKの大河ドラマ『功名が辻』や、連続テレビ小説『瞳』などに出演。
    『どうでしょう』の“なかの人”からの出世ぶりに喜んだファンも多かった。
    また、日本テレビ系『ハケンの品格』では、篠原涼子演じるヒロインが登録している派遣会社「ハケンライフ」の社員の一ツ木慎也として登場。
    腰が低くおだやかで、なにかとヒロインをサポートする役で人気を博す。
    このキャラクターは、名前こそ変わったが『ハケンの品格』と同じく日本テレビ系の水曜10時ドラマ『ホタルノヒカリ』にも二ツ木昭司として引き継がれた。

    ◆素顔は飲んだくれで、下ネタ&脱ぎ好き…!?
    こうしたサラリーマン役での安田は、実際に会社にいそうだなと思わせるリアリティがある。おだやかで、仕事もそこそこできて、
    いたって普通だけど正しくて、という役。そして、普段はあまり意識はしていないけれど、「よく見たらハンサムなのよね」と
    周囲のOLたちに言われていそうなキャラクターなのである。イケメンではなくハンサムというところもポイントだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/oricon_2041544
    http://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/oricon/oricon_2041544_0.jpg





    ももクロ流
    ももクロ流


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ