ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    朝日新聞がいわゆる「従軍慰安婦問題」について、先日、過去の間違った記事を取り消したという話を聞きました。
    ところが訂正の内容は十分ではないし、開き直った態度で全く反省している様子は無いし、謝罪も一切していない
    ということで、保守系の私の友人たちは「朝日新聞を廃刊まで追い込むべきだ!」と物凄く怒っています。

    もし誰かに「この件で日本が失った国益はHOWマッチ?」と聞かれたら、ホールインワン賞を13回取った私でも、
    答えに困ってしまいます。
    30年以上にわたって傷付けられた国家の信用や名誉を金額に換算するというのは相当難しい問題です。
    正解が計算できないから、テレビではこの問題は使えません。

    ところで私も「従軍慰安婦問題はあったのだ!」と先日まで信じ込んでいましたから、朝日新聞に完全に騙された人間の一人です。
    だから朝日新聞は私にも謝罪して欲しいです。保守系の友人たちは「従軍慰安婦問題なんて無かったんですよ!」
    と何度か私に教えてくれました。

    しかし私は全く聞く耳を持たなかったので、彼らは密かに私を馬鹿にしていたかも知れませんし、
    彼らの信用を失ったかも知れません。
    そのことを考えると精神的苦痛を感じるから、朝日新聞に対しては損害賠償を請求したいくらいです。

    というのは冗談ですが、朝日新聞にまんまと騙された被害者が他にもいることを忘れてはいけません。
    韓国人です。彼らは「日本軍は韓国人女性を強制連行して従軍慰安婦(性奴隷)にした」という、
    朝日新聞が書いた記事を真実だと信じたからこそ、日本政府にしつこく謝罪と賠償を要求してきました。
    さらに、韓国の日本大使館の目の前や、アメリカ国内の複数の場所に「従軍慰安婦像」なる銅像を設置する活動も、
    真剣に継続して来ました。

    それなのに「あの記事、根拠が無かったから取り消します」の一言で済まされちゃったら、
    必死の努力を続けてきた韓国人(と一部の日本人弁護士)は、ただの赤っ恥じゃないですか! 
    国連人権委員会にまで訴えて主張を認めてもらったのは、朝日新聞が従軍慰安婦問題を
    「真実として報道した」という事実が最大の根拠だったんですよ?

    それを今さら「取り消します」っていうのは、韓国人に対するひどい裏切りです。
    赤っ恥をかかされた韓国人の精神的苦痛は、私とは比較になりませんよ! 
    しかも朝日新聞のせいで、国連人権委員会の調査内容がいい加減だったことまで一緒にバレちゃったんですよ! 
    人権委員会に報告書を提出したクマラスワミさんには、彼女が死んでも消せない汚点が歴史上に残っちゃったじゃないですか!

    慰安婦像の製作費用とか、アメリカの上院議員や市長など政治家をこの問題に巻き込むために使ってきたロビー活動の費用とか、
    国連人権委員会があるジュネーブまでの出張費用とか、韓国人は地道な先行投資を相当額してきたんですよ! 

    お陰様でいい感じで効果が表れてきて、米国内の数か所に慰安婦銅像を設置することにも成功し、
    「これでもうすぐ日本政府から多額の賠償金が取れるはずだ!」と皮算用していたのに、もう計画がぶち壊しですよ! 
    どうしてくれるんですか! 韓国人の真剣な商売の邪魔をしないで下さい!

    それに、世界各国に向けて「日本はひどい国でしょ?」と告げ口外交をしてきた朴槿惠大統領についても、
    なんて恥ずかしい思いをさせてくれたんですか! 

    日本人は優しくて、潔く謝ると大体のことはすぐに許しちゃうお人よしだから、
    購読者数が毎日確実に減っていくことさえ気にしなければ、別に謝罪は後回しにしてもいいと思うけれど、
    朝日新聞は一日も早く、韓国と韓国人に謝罪して、もちろん賠償金も支払わないと、このままじゃ1000年恨まれますよ!

    http://ameblo.jp/workingkent/entry-11913718096.html




    サイゾー 2014年 9月号 [雑誌]
    サイゾー 2014年 9月号 [雑誌]


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ