ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    【独自調査】原宿の外国人50人に「あなたがカワイイと思うAKB48メンバーは誰?」と聞いてみた! ぶっちぎりの1位は山本彩! ビリはまさかの小嶋陽菜

    みなさんは外国人と日本人の好みの違いにビックリした経験はないだろうか? 私(筆者)は海外誌のアジア美女ランキングなんかを見て、なんでこの人が?
    …なんて思ったりすることがある。やはり文化が違うと何がカワイイのかも違うのだろう。

    そこで気になってくるのが、“どんな女性が海外でモテるのか?” ということだ。そんな訳で今回は、原宿にいた外国人50人にAKB48の選抜総選挙上位8人と筆者
    の押しメン1人の計9人の中から「かわいい!」と思うメンバーに1票ずつ投票してもらった! まさかの順位は以下のとおり!!
    ・選んでもらった9人は彼女たちだ!

    ──と、その前に、今回選出した9人を紹介しておきたい。『37thシングル選抜総選挙』での上位8人は、渡辺麻友(わたなべ まゆ)、指原莉乃(さしはら りの
    )、柏木由紀(かしわぎ ゆき)、松井珠理奈(まつい じゅりな)、松井玲奈(まつい れな)、山本彩(やまもと さやか)、島崎遥香(しまざき はるか)、小
    嶋陽菜(こじま はるな)の計8人。そこに私の推しメン・山田菜々(やまだ なな)を加えた計9人だ!
    ・ぶっちぎりの1位は山本彩!

    総選挙では6位だった山本彩さん。今回の調査ではなんと19票を集め、9票で2位の渡辺麻友さんの追随を許さず、ぶっちぎりの1位! 投票した人に理由を聞くと
    、「黒髪、つ り目、コンパクトな鼻とかが、可憐なアジア人って感じでカワイイ」といったような答えが返ってきた!
    ・まさかの最下位に小嶋陽菜!!

    一方、意外な結果となったのが「こじはる」こと小嶋陽菜さん。AKB48の綺麗どころとして人気な彼女だが、なんと柏木由紀さんや松井玲奈さんと共にに最下位!
     明るい髪色に派手な見た目が外国人にはウケなかったのだろうか? 何人かに小嶋陽菜さんがカワイイかを聞いたところ「なんか好きじゃない」とのことであ
    った……。
    ・これが全順位だ!

    左の順位が今回の調査での順位、( )内の順位が『37thシングル選抜総選挙』での順位だ。それぞれ比較してみると興味深い。

    1位:19票 山本彩(6位)
    2位:9票 渡辺麻友(1位)
    3位:7票 山田菜々(29位)
    4位:6票 島崎遥香(7位)
    5位:4票 指原莉乃(2位)
    6位:2票 松井珠理奈(4位)
    7位:1票 柏木由紀(3位)、松井玲奈(5位)、小嶋陽菜(8位)

    ・みなさんの意見を一部紹介

    今回の調査で外国人のいろいろな意見を集めることができた。そこで最後にその一部を紹介しよう!

    「指原って子の感じが好きよ、なんだかやさしそうね」(ベラルーシ:女性)
    「指原莉乃チャンはやさしい感じがするな」(イギリス:女性)
    「山本彩って子の口がすごくいい、とにかく口がいい!」(ノルウェー:男性)
    「松井珠理奈って子、なんだかオノヨーコっぽいね!」(イギリス:男性)
    「山本彩のスマイルがとてもいい。指原はちょっとふてくされてる感じがしてやだな」(アメリカ:男性)
    ・やっぱり好みって違う?

    みなさんの予想と比べて今回の結果はどうだっただろうか。「やっぱり好み違うなー」なんて思った人も多かったのではないだろうか。山本彩の圧勝もそうだが
    、私は ”松井玲奈は人気ありそうだな” なんて思っていたので、彼女が最下位だった事には、ただただ驚かされたのであった。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9219392/




    【完全版】AKB48G(グループ)握手レポート
    【完全版】AKB48G(グループ)握手レポート


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ