ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

     がんの予防や検診を呼びかける「がん征圧全国大会」(日本対がん協会、福岡県すこやか健康事業団主催、朝日新聞社特別後援)
    が5日、福岡市中央区のアクロス福岡で開かれた。膀胱(ぼうこう)がんを経験した俳優の菅原文太さん(81)が「がんと仲良く」と題して
    講演。東京大の中川恵一准教授との対談を通じ、セカンドオピニオンを聞いて自分に合った治療法を選ぶ大切さを訴えた。

     菅原さんは2007年に尿に血が混じってがんとわかり、「膀胱を摘出しなければ、半年の命」と診断された。しかし、中川さんらの意見
    を聞いて陽子線治療を選び、摘出せずに済んだという。「死ぬんじゃないか、もう終わりだとか思わず、プラス思考でいたから命拾いした」
    と語った。

     対談で中川さんは「摘出した方がいい場合もある。その治療法が、患者さんの価値観にあっていることが大切です」と話した。

    ソース(朝日新聞) http://www.asahi.com/articles/ASG955FF3G95TIPE031.html?ref=rss
    写真=がん体験を語る菅原文太さん
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140905003384_comm.jpg

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140905003413_comm.jpg

    写真=東京大の中川恵一准教授(右)とがん治療について対談する俳優の菅原文太さん
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140905003430_comm.jpg





    ももクロ流
    ももクロ流


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:名無しマッチョ   2014年09月06日 15:08 ID:qxfBQXVl0
    陽子線治療とか400万以上かかるし参考にはならない

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ