ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    「私が発見したとき、田宮さんは苦悶の表情を浮かべ、ほとんど息もしていませんでした。彼はベッドの上にあおむけで横たわっていました」と語るのは、事件の第一発見者であり、田宮さんの付き人を務めていたN氏(62)

    ドラマ『白い巨塔』の主演やクイズ番組『クイズタイムショック』の司会を務めた田宮二郎さんが亡くなったのは’78年12月28日のこと。
    43歳の若さでの急逝、警察による“猟銃による自殺”という発表は、世間に大きな衝撃を与えた。だが37回忌を目前に控え、事件の第一発見者でもあるN氏が衝撃告白を――。

    「私は、いまも田宮さんが自殺したとは思っていません。理由の1つは、田宮さんに自殺の兆候などまったく見られなかったこと。
    いろいろ取沙汰されていますが、私が見る限り、田宮さんが自殺するほど深く悩んでいる様子はありませんでした。それは当日も同様です」

    事件当初“借金は3億円”などと報じられたが、後に夫人や田宮企画が否定している。

    「理由のもう1つは自殺の方法。散弾銃の引き金を足の指で引いたとされていますが、実は当時、彼の手元に銃はなかったはずなのです。
    『銃は妻に取り上げられて、どこにあるかわからない』といったことを漏らしていました。
    確かに自宅に置いてあった銃のケースに中味が入っている形跡もない。なぜ彼が“持っていなかったはずの銃”で死を遂げたのか?」
     
    また自殺の数日後に形見分けがあったというが、

    「私も田宮邸に手伝いにいきました。そのときクローゼットのなかから散弾が入った箱が見つかったのですが、本当に驚きました。
    私は、田宮さんの下着から、普段着、衣装までを管理していましたから、当然クローゼットのなかもいつもチェックしていました。
    しかし一度も弾入った箱など見たことはなかったのです。“田宮さんは殺されたんだ……”、そう確信しました」

     N氏は“犯人”に自分の命を狙われることを恐れ、銃や弾丸に関する疑問を誰にも語ったことがなかった。

    「いまとなっては、田宮さんが殺されたことを証明することも難しいでしょう。そのこともわかっているのですが……、
    37回忌を目前にようやく決断することができました。私が真実を話すことが、少しでも彼の供養になればと思っています――」

    http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_n7669




    銀の鬼9~10巻
    銀の鬼9~10巻


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ