ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    15日放送の「バイキング」(フジテレビ系)でMCの坂上忍が、覚せい剤取締法違反の罪などで
    懲役3年・執行猶予4年を言い渡されたASKAの芸能界復帰について、「ダメだよ」と厳しい意見を述べた。

    この日の番組では、ASKAについて「復帰すべきか?否か?」をテーマにトークが展開されたが、
    出演者の多くが「復帰すべき」との意見を掲げた。

    「復帰すべきでない」という意見の吉倉あおいは、「芸能界に復帰する前にすべきことがあるんじゃない
    かなと思ったので」と主張。
    また、ASKAと会ったことがあるといういとうまい子は、「一般人で考えたら、会社はクビになります。
    元の部署や地位はぜんぶ剥奪されるんです。それが一般的な制裁」としたうえで、
    刑期が終わったからすぐ芸能界に出るというのはダメだと主張した。

    一方、「復帰すべき」という野々村真は、「歌を歌って生活しているんですよ。家族を食わせていかなきゃ
    いけない。そう考えると、ASKAさんは歌うしかない」などと述べ、家族のためにまず歌うのが重要だと主張した。

    そして、遼河はるひも「復帰すべき」と主張。
    「刑期を終えて、色んな感情とか、反省とか、いろんな事を感じて、その後のASKAさんがどういう曲を作るの
    かなというのがすごい気になる。いい曲・歌ができたらぜひ皆の前で歌って欲しい」と話した。

    IKKOも復帰することが「マスト」と主張。
    IKKOは、ASKAは音楽に対するプレッシャーから覚せい剤を始めたというところがあるため、
    本当に罪を償うというのは、支持してくれたファンの前で覚せい剤をやることが
    どんな恥ずべきことかを述べていくことだと持論を展開した。

    さらに、ホラン千秋も「復帰すべき」。
    ASKAは、家族やChageやファンなど、待ってくれている人がいるという「特殊な状況」で、
    更正した後に本人が復帰したいと思うのであれば「最終的にアリ」とホランは語った。

    これに対し坂上は、ASKAが逮捕された際に、「(ASKAの)気持ちはわからないでもない」
    などと発言していた人にもの凄く違和感を感じたと話し、「擁護したらだめじゃん!だめなんだよ!」
    「なんで擁護するんだと。ダメなことやったら馬鹿野郎でいいんだよ!」とブチギレた。

    そして、ASKAの復帰についても、「だめだよ」と一蹴。そして、復帰すべきかは現段階では否定的だが、
    執行猶予期間が経過して芸能活動するかはASKAの自由だとも述べた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9254843/




    坂ノ上朝美写真集 わすれな草
    坂ノ上朝美写真集 わすれな草


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:名無し   2014年09月16日 11:39 ID:1FvfCRwh0
    アスカには好きなだけシャブをあげればいいんだよ
    そんな奴に税金なんて使うのがおかしい 廃人まで続けろ
    2. 名前:名無しマッチョ   2014年09月16日 14:59 ID:X1.6Odtx0
    「復帰すべき」はおかしい、間違ってる。
    「復帰するのは構わない」なら分かる。

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ