ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志が
    インターネット動画投稿サイト「FC2動画」でテレビ番組を視聴していることを明かした。

    FC2は、先月30日に同サイトを実質的に運営しているとされる大阪市の企業が、
    公然わいせつほう助の疑いで家宅捜索された。
    これは、FC2会員の男がわいせつ行為をライブ中継して逮捕されたことがきっかけで、
    同社が黙認して有料配信システムを提供、手数料を支払い続けたことが問題だという。

    番組でもこのニュースを取り上げ、司会の東野幸治は出演者らにまず「知ってますか?」と質問。
    松本は「こないだの『ローカル路線バスの旅』を見損ねたから、FC2で見たわ」と
    同サイトを利用していることを告白した。
    東野も、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」をリアルタイムで視聴できなかった際にFC2動画で
    視聴していたことを明かした。

    ゲストのITジャーナリスト・三上洋氏は、同サイトの仕組みが会員料の一部を投稿者に
    支払うシステムであることを説明したうえで「TV番組を違法コピーして(FC2に動画を)
    あげちゃえって人が出てくる」などとコメント。
    公然わいせつのほう助と、著作権法違反の二つの問題がFC2に対して指摘されているという。

    さらに、三上氏は著作権法の問題について「(違法アップロード動画を)見る側が犯罪になるのかって
    いうのは、少し議論が分かれるところ。今すぐに見ている人がNGってことにはならないでしょう」と現状を説明した。

    すると、ゲストコメンテーターの坂上忍は「テレビ局側も、NHK・民放連ふくめて(違法動画対策の)足並みが
    揃ってないっていうのは確か」とコメント。
    違法動画が即座に削除されている場合と、局側が宣伝のために放置している場合があることを指摘した。

    そのうえで、坂上は「僕、ネットとか疎いんですけど、それでも(FC2の)存在は知ってますし。
    それこそ、見逃したものとかは検索しちゃうんで」と告白。
    続けて「見ながらほんと後ろめたい気がするんですよね…」などと複雑な心境を明かした。

    坂上は、フジテレビが公式動画サービスで過去の番組を有料配信していることに触れ
    「各局そういったのがあるなら、そこで見逃したものを見るっていうクセをつけるじゃないですけど。
    そういう流れになってくるのであれば…」と提案した。

    しかし、東野は「松本さんとか坂上さんとか、普通にテレビに出てらっしゃるから、その大変さもわかるけど…」
    と前置きし「一般の人にとったら(後ろめたさは)ないし」「無料で、リアルタイムで見なくて、好きな時間に
    好きな番組が見れる」と分析。松本もこれに同意していた。

    最後に、コメンテーターの一人社会学者の古市憲寿氏が「将来、Youtubeとテレビ局が組んで、
    今Youtubeに上がってる違法な動画をテレビ局に払いましょうって仕組みが出来たら、
    ほんとはみんなハッピーになる」と提言した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9330666/




    角川選書解説目録2014
    角川選書解説目録2014


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:名無し   2014年10月06日 21:11 ID:tEc4lvVV0
    この芸能人がお互いをなぁなぁで庇う風潮がイヤ

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ