ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    ものまねメイクで話題のタレント・ざわちんが、14日に放送された日本テレビ系の番組
    『解決! ナイナイアンサー 秋の2時間SP!!』(21:00~)で、インターネット上のバッシングに
    悩んでいることを告白した。

    タレント・北斗晶が芸能人からのさまざまな相談を受けるコーナー
    「芸能人生 再生農場」に出演したざわちん。

    父は日本人で、母はフィリピン人。
    6歳までフィリピンで生活した後に日本に引っ越すが、日に焼けた肌がきっかけで
    小学校ではいじめにあっていたという。

    クラスメイトからは「ヤマンバが来たぞ!」「ガングロがうつっちゃうよ」などと誹謗され、
    クラスで問題が起こると濡れ衣を着せられることも。

    北斗の「みんながみんな、そうじゃなかったんじゃないの?」という問いかけに、
    ざわちんは「みんなでした。ほぼ(クラスを)占めていましたね。先生も攻撃的でした」。
    それがトラウマで殻に閉じ込もるようになり、顔にもコンプレックスを抱くようになった。

    今ではトレードマークとなったマスク。
    ものまねメイクアーティストとして人気者になるまでには、そんな過去があった。

    ざわちんは9月22日に生放送されたフジテレビ系『がんばった大賞』で、
    "脱・マスク"を宣言。
    以来、バラエティ番組でマスクをしない状態でも出演しているが、
    「マスクを外したら外したで『思ったのと違った』とか『ショック』『残念』みたいな」と
    ネットでバッシングの声が上がるようになったという。

    番組では「想像以上にブスでワロタw」「何このブス!!」「素顔が放送事故ww」
    「顔でかい」「この人ニューハーフ顔だね」など、それらの一部が紹介された。

    このことがきっかけで、カメラの前でマスクを外すことが怖くなったというざわちん。
    再び殻に閉じこもろうとしているざわちんに、北斗は「芸能人は図々し過ぎる。
    半分の人が嫌いと言っても半分の人が応援してくれるならいい? そんな図々しい話ないって」と語る。
    「半分の人なんか応援してくれてないって。10人いたら9人は私のことなんて嫌いって
    言ってる人がいると思わないと。1人でもいたらありがたいって思ったら気持ちが楽じゃない?」
    というアドバイスにざわちんは納得。
    「今日をきっかけにマスク卒業します」と、今度は笑顔で"脱・マスク"を宣言した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9359993/




    角川選書解説目録2014
    角川選書解説目録2014


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ