ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    「新潟日報上越支社の坂本報道部長による高島章弁護士へのTwitterでの誹謗中傷事件について、ご意見をお願いします」
    産経デジタル担当編集Kさんからこのような依頼を受けたのは、わたしも最近、
    しばき隊(通称レイシストをしばき隊)の一派の方々からTwitter上で誹謗中傷の集中攻撃を受けていたからだと思います。

    (中略)

    実はこの事件から1週間ほど前のことですが、わたしも高島弁護士と同じような状況になりました。

    事の起こりは、「はすみとしこ」さんという民族差別主義的なイラストを描く漫画家に対し、
    はすみさんのFacebook投稿に「いいね!」を付けたおよそ300人の個ちん情報(個人情報)を集めてリスト化したものを、
    「闇のあざらし隊」という匿名で活動していたしばき隊関係者とみられるKという人物が作成し、
    はすみさんの創作活動を妨げようとしたことでした。

    わたしは、そのリストを作ったことで得意気になっているK氏の投稿を、どなたかのタイムラインで目にし、
    いくら「レイシズム」が憎いからといってもその人や賛同者に対し「個人情報を晒すぞ!」と脅す行為は「なにかがおかしい」
    と感じていました。

    その後、K氏がとあるITのセキュリティ会社の幹部社員だったことを逆に暴かれ、
    その会社が販売しているソフトに対するamazon評価が大荒れし、一企業の信頼性にまで話が発展。
    K氏はその責任をとって退職に追い込まれたとか…。
    さらに、晒し上げに執念をかけた人達が、K氏の過去のTwitterをさかのぼり、
    K氏がある女性に「ぱよぱよち~ん」とハートの絵文字付きで投げかけていた投稿をおもしろおかしく取り上げ、
    「ぱよちん音頭」なるものまで編み出し、お祭り騒ぎとなっていました。

    わたしはK氏が気の毒な反面、自業自得でもあることと、
    パッと見が強面の印象のK氏が「ぱよぱよち~ん」と過去につぶやいていた事実に、おもわずクスリとしてしまいました。
    「ぱよぱよち~ん♪」なんて間抜けで愉快なフレーズでしょう。口にした途端、誰もが脱力感とほっこりとした楽しい気分にとらわれるはず。
    そこで、わたしはおもわず自分のTwitter上でも「ぱよちん音頭でぱよぱよち~ん♪」と無邪気につぶやいてしまいました。

    わたしのフォロワーさんもこの間抜けなフレーズに反応し、一緒になってぱよぱよちんちんつぶやいていたところ、
    突然、しばき隊関係者かその一派であろう人たちから「その言葉を使うな!」「削除しろ!」と
    ものすごい剣幕でわたしを威嚇するリプライをしてきました。

    実はしばき隊という人たちに関して、わたしはあまりよく知りませんでした。
    そのうちの一人であるN氏という人物は、ネット上にアップされていた写真を拝見しましたが、
    金属バットに釘を打ち込んだものを振りかざしている中途半端なヤンキーのような人、という印象でした。

    特に怖くもなかったんですけど、大勢で寄ってたかってわたしのTwitterに誹謗中傷を浴びせてきた行為はとても異常だと感じました。
    彼らはわたしが自分のタイムライン上で「ぱよぱよちんちん」とつぶやいていただけで、レイシストと認定し、
    「ろくでなし子が逮捕された時に署名したり支援してやったのに、裏切りやがって!」と言っていました。

    それでもまだ、ぱよちんツイートをやめないわたしに対し、「ゴミ、クズ、カス、死ね」。
    果ては、わたしが活動できなくなるよう「アート界から抹殺してやる!」と、
    自分たちが本来敵視するレイシストのような矛盾したつぶやきをしている人もいました。
    その様なわたしへの集団攻撃は1週間ほど続いたと思います。

    >>2以降に続く)

    手記全文はこちら
    http://ironna.jp/article/2402

    関連スレ
    【社会】しばき隊員、はすみとしこさんに「いいね!」した人の個人情報を晒して炎上→特定される-セキュリティ会社「F-Secure」幹部か★118
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1446948829/

    >>1の続き)

    わたしの不当逮捕に対し、支援活動をしてくださったのでしたらそれについては心から感謝いたしますが、
    「支援してやったんだから俺たちの言うとおりにしろ!」というのは、なにかおかしい。
    支援とは、そのように支配的なものなのでしょうか?(ちなみに「K氏はろくでなし子に身銭を切って支援してやったんだぞ!」という方がいたので、
    ならばお礼を述べねばと思い、確認のために弁護団カンパ口座の通帳記録でK氏のお名前を探しているのですが、
    お名前が見当たりませんので、別名義で振り込んでくださったのでしょうか? 本当にありがとうございます)

    これら一連の騒動は「ぱよちん騒動」と呼ばれるようになり、その一部始終を見たネットユーザーの中には
    「一人の女性を集団でリンチしているおぞましい光景だ」 として、わたしを気の毒がる人もいましたが、
    わたしはもっと別のことを2つ考えていました。

    (中略)

    それと二つ目は、「ぱよぱよちーん」で怒り出す一見怖そうな男性たちが、
    わたしを逮捕・起訴にまで追い込んだ警察当局や検察当局の人たちととてもよく似ていることでした。
    彼らも「まんこ」というくだらないテーマに対し、額に青筋を立てて必死になっていました。 

    わたしはよく、「ガサ入れの時に10人の刑事に取り囲まれても平気だったのはたいしたもんだ」とも感心されますが、
    いやいやそんなことはありません。そりゃ、見知らぬ強面のおじさんたちに取り囲まれたら、誰だって怖いでしょう。
    それでも、そのおじさんたちが真剣になっているのが「まんこ」…。これほど間抜けなことはありません。
    なので、わたしは逮捕拘留そのものがパロディや喜劇のようでおかしくて、今でも笑いがこみ上げてしまい、
    警察にひどくいじめられたという認識があまりないのです。

    今回の件でも「しばき隊にいじめられているろくでなし子がかわいそう」という人もいましたが、
    わたしはむしろ笑うところだと思っていましたので、どうかお気遣いなさらないでください。

    ただ、笑うところであったとしても、「俺たちは絶対の正義だ」と信じ、「俺たちの意に背いた者はすべて敵で悪」であるから、
    そいつらには「手段を選ばず何をしても構わない」と思う人たちが連帯した集団ヒステリーはとても恐ろしいものです。

    彼らに共通するのは、自分のことを正しいと信じて疑わないところです。
    自分は「正しい」から相手の間違いを粛清するのは許される、という考え方では、敵対関係や戦争しか生まれません。

    人は誰でも間違うもの。絶対に間違わない人間などいません。

    間違った人を「許さない」集団の共通意識は、その人の個ちん情報(※注・個人情報)まで晒し、退職や謹慎処分に追い込むことがあります。
    K氏は相手を許そうとしなかったため、自分が許されない立場に追い込まれました。
    個ちん情報の晒し合いをして、一体誰が得をするのでしょうか?

    今回の件で、「しばき隊はろくでなし子に謝罪しろ」という人まで出てきましたが、
    当事者でもない人たちから、そのような謝罪要求の声が強まれば、結局集団リンチにつながり、それこそ不毛です。だからもう、やめましょうよ…。

    敵対関係にある人同士のおろかな個ちん情報の晒し合いよりも、
    真剣に怒っていることすらどうでもよくなれる魔法の言葉をみんなで一緒につぶやきませんか?

    ア、ソーレ、右も左も ぱよぱよちーん♪

    あなたもわたしも ぱよぱよちーん♪♪♪

    (おわり)




    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)
    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ