ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    ◆辛坊氏「事故の原因は鯨ベーコン」

    『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で2度のオスカーに輝いた
    ロン・ハワード監督の最新作『白鯨との闘い』(1月16日公開)。
    その特別試写会が12日に大阪市内で行われ、
    サプライズ・ゲストとしてキャスターの辛坊治郎氏が登場した。

    この映画の原作は、小説家ハーマン・メルヴィルの名作『白鯨』に隠されてきた真実を描いた
    サニエル・フィルブリックの小説。巨大なマッコウクジラに襲われて沈没した捕鯨船・エセックス号の
    乗組員たちの壮絶なサバイバル劇を描き、世界中を震撼させたノンフィクション作品だ。

    サプライズ・ゲストとして登場した辛坊氏は、
    「誰も知らないと思いますが、実は2年半前に船を沈めてるんです」と、自虐ネタでトークをスタート。
    2013年、ヨットによる太平洋横断にチャレンジしている最中、鯨に衝突されてヨットが浸水。
    10時間近く漂流し、海上自衛隊に救出されたのは誰もが知るところだ。

    キャスターという職業に加え、実際に「九死に一生を得た」体験だけに、
    その臨場感あふれるリアルな事故当時の状況、その後の脱出劇に、
    これから映画を観る観客たちも思わず引き込まれた様子。

    それを見た辛坊氏は、
    「今日はみなさんに僕が味わったものと同じ恐怖を味わってもらえるのが、うれしい」と
    笑顔で映画をPRした。

    また、司会者から「太平洋横断の再チャレンジ」を問われた辛坊氏は、
    「(事故の)原因は分かってるんで、今度は大丈夫。
    前ね、ホントの話、出航の前に鯨のベーコン食べたんです。
    それ以来、鯨断ちしてますから、もう恨まれることはないはず」とコメント。

    続けて、「実は準備は整ってます。行こうと思えば今日でも明日でも行けます」とも。
    とはいえ、日本中を騒がせた救出劇を反省して、「今度行くなら周囲に迷惑をかけず、
    ひっそりと行きます」と控えめに宣言した。

    写真:サプライズゲストの辛坊治郎氏。司会を務めたのは、鉄ドルの斉藤雪乃
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160112-00002682-lmaga-000-3-view.jpg


    Lmaga.jp 1月12日(火)22時9分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160112-00002682-lmaga-ent




    Far Away
    Far Away


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:名無しの黒マッチョ   2016年01月13日 04:48 ID:E1wZ.Ocu0
    鯨断ちしたのにヨット乗ってまた鯨に激突されて沈んだら最高に面白いな
    どうか鯨に激突されてくれ(笑)

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ