ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
     SMAPの分裂危機をスポニチ本紙が報じた13日、所属先のジャニーズ事務所はメンバー4人が
    独立を検討していることを認め「協議・交渉がなされている」とした。また、育ての親である
    女性マネジャー(58)主導のSMAP独立計画が失敗したことが判明。女性マネジャーは芸能界から
    身を引く意向を伝え、今後メンバー4人が事務所に戻ることになるか動向が注目される。

     ジャニーズ事務所はこの日、「SMAPの一部メンバーの独立問題」として「確かに、この件について
    協議・交渉がなされている」とのコメントを発表。中居正広(43)稲垣吾郎(42)草なぎ剛(41)
    香取慎吾(38)の4人の独立問題について協議・交渉していることを認めた。関係者によると、
    メンバーは同事務所との契約期間が9月まで残っており、実際に退社するかの結論は出ていない。

     残留を決めている木村拓哉(43)を含めた5人はこの日、全員オフで公の場に姿を現すことは
    なかった。

     注目は現在進められている「協議・交渉」内容だ。もはや独立に向けた話し合いは行われていない。
    女性マネジャーが主導した独立工作はすでに失敗し、後始末についての交渉に入っている。

     今回の独立工作の引き金になったのは、女性マネジャーと同事務所側の間に大きな溝ができたこと。
    昨年9月には双方が弁護士を立てなければ意思疎通ができなくなるほど険悪な関係になる中、
    女性マネジャーはメンバーを連れて同事務所から独立することを画策した。しかし、タレントを連れての
    独立は芸能界のルール違反。「これがまかり通ると芸能事務所は立ち行かなくなる。元の事務所に後ろ足で
    砂をかける行為で許されるものではない」(芸能関係者)。クーデターは芸能界の支持を得ることが
    できず失敗に終わった。

     このクーデター失敗を象徴したのが、12日に開かれるはずだったジャニーズ事務所の子会社
    「ジェイ・ドリーム」の株主総会。株主でもあるSMAPのメンバーが参加する中、取締役を務める
    女性マネジャーが解任される予定だったが、クーデターが失敗したことで自ら辞任を表明。
    「開催の必要がなくなり取りやめになった」(関係者)。

     現在、独立工作に同調したメンバー4人は行き場を失っている。女性マネジャーは同事務所を退社し、
    芸能界から身を引くことで騒動の収束を図ろうとした。だが、数多くいる所属タレントに示しを
    つけなければいけない同事務所側としては、4人を簡単に受け入れられるはずもない。

     今後の行方が見えない今回の騒動。ただ、これまで水面下で進んできた交渉が、報道で白日の下に
    さらされることになった。5人は2020年の東京パラリンピック大会の成功とパラスポーツの振興を
    目指す「日本財団パラリンピックサポートセンター」のサポーターに就任したばかりでもある。
    日本中が応援するイベントの職を自分たちのトラブルで棒に振るのは、メンバーだけでなく同事務所に
    とってもダメージになる。事態を打開するのはファンや世間の声かもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000168-spnannex-ent




    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)
    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:予備校講師   2016年01月14日 14:08 ID:SHmTlnnd0
    3 野茂英雄はあまりにも過大評価である「奪三振能力以外大したことは無い。安定感もない」という件について考察してみようか。
    史上2番の日本人メジャー選手として活躍した野茂英雄投手。彼は、伝家の宝刀 フォークボールで奪三振の山を築きメジャー12年間で1918もの奪三振を記録しました。投球回数1976なので、ほとんど1イニングに1回あるかないかの三振を奪ったことになります。また、12年で123勝も記録しメジャーでは2度の無安打無得点試合を記録しました。野茂英雄を語る上で、殆どの人は「メジャーのパイオニア」「無安打無得点試合2回」←(ノーノーとアホみたいに略すバカもいる)の2つを取り上げてきます。しかし、野茂投手の最大の欠点は安定感の無さ。そして制球力の無さ。要するに「防御率の高さ(悪さ)」と「与四球率の異常さ」です。これは、日本時代とメジャー時代両方とも言える事です。日本5年の防御率は3.15と「普通」(本当に普通)ですが、異様な与四球率を弾き出しています。1~2イニングに必ず1個は四球を与えているペースです。日本時代の野茂は「三振かホームランか」ならぬ「奪三振か与四球か」の投手であることがわかります。メジャー12年の防御率は4.24です。日本時代より更に安定性が欠け、与四球率も日本時代と然程変わらない状況です。これは素直に、野茂の「無四球試合が4試合しかない」現実を見れば明確です。これは単純に「制球力の無さ」を証明するものになります。野茂の安定感が無い(防御率が異様に悪い)カラクリは「異様な与四球率でランナーを溜めてしまい自滅したため」と考えていくほうが自然ですね。だって、野茂の日本5年 メジャー12年のキャリアで無四球試合は4試合しかないんですよ? あまりにもこれは異常でしょう。制球力が無さ過ぎと言う判断を下しても間違い無いです。(下記に続く)
    2. 名前:予備校講師   2016年01月14日 14:13 ID:SHmTlnnd0
    3 (上記の続き)メジャー時代に於いて、野茂投手が防御率2点台だったのがメジャーデビューの95年の1回だけで、その後 3点台(ほぼ前半)・・・3回・4点台(ほぼ後半)・・・8回。安定感に欠けています。防御率4.24ということは、野茂が登板したら、必ず、4点以上は取られてしまう ということです。チームが勝つにはその4点をひっくり返す、5点以上をもぎ取らなければいけないのです。貧打線のチームならかなりシンドイことでしょう。5点をとってひっくり返すには。野茂は12年間で、123勝を記録しています。シーズン平均、10勝となります。野茂が平均10勝できたのは、ほとんどを当時の強打線チームで在籍していたからでしょう。(ドジャースやレッドソックス。12年中 8年)貧打線のツインズとタイガースに在籍していたときは、実際に、強打線チームにいたころの防御率と変わらない防御率なのに負け越しています。防御率も5点台弱です。(4.92と4.74)ただ、運がよかったのは今でも貧打線と揶揄されるブリュワーズでの12勝でしょう。しかし、防御率は4.54でした。価値があるのではなく4.54の防御率でも12勝できたということ。野茂が凄かったのではなく、味方が点を取ってくれて運よく勝ちが転がり込んだと考えるのが自然でしょう。そこを考えると野茂のメジャー12年の防御率4.24というのは、野茂が凄かったから123勝も出来たのではなく防御率4.24であっても、味方がそれをひっくり返すような強打線チームに在籍していたから と言うことになるでしょう。防御率が4.24でもシーズン10勝が可能というのがメジャーのレベル・・・・ とそこまで言いたくはないですが、正直、その防御率でも10勝が出来てしまうのですから、メジャーのレベルを疑ってしまいがちにはなります。防御率がその投手の能力になりますからね。(下記に続く)
    3. 名前:予備校講師   2016年01月14日 14:16 ID:SHmTlnnd0
    3 (上記の続き)ただ、この評価はメジャーでの野茂投手の評価であって近鉄時代の野茂投手の評価ではありませんので、悪しからず。近鉄時代の野茂の評価は→ 1・・・安定感はメジャー時代と同じように無かった・2・・・三振を奪う能力は、日本プロ野球歴代トップレベル・3・・・2ではあるが、与四球率は異様で、制球力がないと判断されても問題ない、三振を奪う能力は秀でていたが投手としてのレベルそのものとしては「大したことはない(なかった)」がオレの答えです。正直、野茂の投手成績を見て「あ 凄い投手だな」と、オレは思いません。そもそも、単純に防御率も悪すぎるし、制球力も無い投手を凄いという人の神経(頭の程度)を疑います。間違いないと思いますけど、野茂を凄いという人は投手成績(しかも中身)をみて判断しているのではなく・メジャーのパイオニアという反事実(事実は、村上雅則)。・12年メジャーに居た事実。・無安打無得点2回という事実。この1点の反事実と2つの事実だけに捉われて(この3点が一人歩きし)「凄い」と錯覚しているだけだという事です。

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ