ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    分裂危機にあるSMAPの育ての親と言われ、独立を主導した女性マネジャー(58)が、
    予定を早めてジャニーズ事務所を退社し、
    芸能界から完全に身を引く意思を固めたことが16日、分かった。
    当初は2月中旬の予定だったが、今月末に変更。
    予想以上に過熱していく騒動の責任を取っての決断とみられる。
    一方、木村拓哉(43)の直訴電話で急展開した大騒動は、分裂回避へ一気に動きだした。

    そもそもの分裂劇のきっかけが、昨年8月頃の女性マネジャーによるSMAP独立計画。
    メリー喜多川副社長(89)との確執により、事務所との間に大きな溝ができたため、
    SMAPの5人とともに事務所から離れることを画策した。

    これに中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)の4人が追随。
    だが、木村だけは残留の姿勢を貫いた。
    女性マネジャーは、5人での独立が困難なことが分かっていたにもかかわらず、
    4人に説明しないまま独立工作を進めた結果、4人の行き場までもなくなってしまった。

    SMAPとともに歩んできた女性マネジャーは、
    バラエティー番組への進出など斬新な手法で国民的グループに育て上げた。
    それも常に“SMAP本位”で行動してきたからこそ。
    だが、自身が瀬戸際に追い込まれた時、自分の生き残りに走ったことが今回の悲劇を招いた。

    一方、4人と事務所をつなぐ唯一の存在である木村は、
    15日にジャニー喜多川社長(84)とメリー副社長に直接電話。
    「何とか25周年(記念イベント)をやらせていただけませんか」
    「あいつらと一緒にやりたいんです」などと訴えたこともあって、分裂回避へ事態が動き始めた。

    この状況に加えて、SMAP存続を求めるファンの声が日本中に広がっていくことが、
    今後の流れの決定打になることは明白。
    事務所関係者も「これだけの騒動になった中、ファンの声を無視することなどできない」と話している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160117-00000104-spnannex-ent




    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)
    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ