ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    1月18日、フジテレビのバラエティ番組「SMAP×SMAP」は一部番組内容を変更し、
    番組冒頭でSMAPのメンバー5人による分裂報道に対する会見を行った。
    「解散しません」「解散します」といった明言は一切なく、木村拓哉を除く4人は憔悴しきった表情。
    このためネット上では「これは公開処刑」「お通夜」「SMAP死亡確定」といった声が数多く上がった。

    とりわけ、木村拓哉が発言した「空中分解になりかねない状態」というフレーズが波紋を呼んでいる。

    「SMAPのチーフマネージャーだったI女史がSMAP全員を連れてジャニーズ事務所から離れ、
    新事務所を作ろうと動いていた時に接触していたのが吉本興業です。明石家さんまや
    松本人志がSMAP解散の危機を早くから知っていたと語ったのはそのためです」

    と語るのは芸能事務所関係者。
    吉本興業も芸能界では力のある事務所。
    まさに芸能界を舞台にした戦国時代へ突入寸前だったというのだ。

    「ところが土壇場で木村のジャニーズ事務所残留が決定。その結果、SMAPの分裂や解散はおろか、
    木村以外の4人は芸能界から追放されるところだったんです。会見では5人とも言葉を選んだ物言いでしたが、
    木村は4人の『芸能界追放』を指して『空中分解』と表現したんでしょう」(前出・芸能事務所関係者)

    いくら説明されても一般市民には芸能界のルールはよくわからない。
    わかったのはSMAPが存続しても、針のムシロ状態が今後も続くであろうことだけだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_51114/



    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ