ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
     今回の騒動は、メリー氏との“確執”で、昨年夏ごろから大手芸能事務所関係者のバックアップ
    を得てSMAPの育ての親である女性チーフマネジャー、Iさん(58)が5人との独立を探り、Iさん側
    の弁護士とメンバー一人ひとりが面談したという。

     そのうち稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)が独立に賛同。中居正広(43)は態度を
    保留し、木村拓哉(43)は妻で歌手、工藤静香(45)の説得もあり、弁護士と会うことすらしなかった。

     IさんとSMAPの活動を支援する予定だった関係者がジャニーズとの関係悪化を避けるため、今年
    に入って“受け入れ”を断念。4人は独立しても芸能界で活躍できる保証はなくなった。

     その状況を憂いたIさんは、芸能界から完全に身を引く代わりに、4人に事務所に残るよう助言。だが、
    メリー氏は後輩タレントに示しがつかないなどの理由から、木村以外を“シャットアウト”。騒動は長期化
    するとみられていた。

     メリー氏の態度を軟化させたのは、ファンや木村の尽力以外にも、これ以上長引かせてジャニーズ
    事務所の看板を傷つけてはならないという意識が働いたようだ。

     これからはメリー氏が後継者に指名した長女、藤島ジュリー景子副社長(49)がマネジメントを一本化
    することで正常化を図る。

    全文は:http://www.sankei.com/entertainments/news/160119/ent1601190003-n1.html




    艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録
    艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ