ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    「SMAP」解散の危機は、1月18日の「SMAP×SMAP」冒頭の生謝罪によって、ひとまずの収束をみせた。
    ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長、そして飯島三智マネジメント室長の対立が発端となったこの騒動。
    「週刊新潮」1月21日発売号が、当事者であるメリー副社長の独占インタビューを掲載している。

     ***

    生謝罪が行われる前、各スポーツ紙は〈木村を除く4人の独立には、大手プロダクションの後ろ盾がある〉という趣旨の記事を報じていた。芸能担当記者によると、

    「大手プロとは、タモリなどが所属する『田辺エージェンシー』のことです。
    タモリが長年司会を務めた『笑っていいとも!』に、メンバー3人がレギュラーとして出演し、とりわけ中居はタモリとの親交が深い。
    その関係もあり、4人は『田辺』へ入ることが決まっている、との話が出回りました」

    この騒動と『田辺』との関連について尋ねると、メリー氏はこう答えた。

    「昨年末、12月27日だったと思いますが、私の友人からの伝言で、田邊さん(昭知・田辺エージェンシー社長)が、私に『4人を元に戻してくれないか』と言ってらっしゃるのを知りました。
    田邊さんは、SMAPはひとつであるべきだし、ジャニーズ事務所を出てはいけない、とのお考えだったようです。
     
    田邊さんによれば、中居に対して、あとの3人をきちんとまとめて、ジャニーズ事務所に挨拶に行くこと、
    そして、仲間が1人、ある意味ケンカみたいになっているのだから、木村にも謝ってきなさい、と既にきちんと伝えてあるとのことでした。
    そこで私は『では、それを待ちます』とお返事をしておいたのです」

    仮にこの時、中居サイドがすぐにきちんと謝罪をしておけば、今回の一件は起こらなかったに違いあるまい。

    「ところが、その後、中居からも誰からも何の連絡もありませんでした。年末から既に1週間以上、経っています。私はどうしようかな、と思った。
    そのまま1月7日まで待ちましたが、結局、それでも何の動きもないままでした」

    そこで、田辺エージェンシーに赴いたメリー氏。4人からの連絡がないことを伝えると、田邊氏は驚いていたという。

    中居ら4人がなぜ躊躇し、すぐに行動に移さなかったのかは定かではない。
    事態を甘く見て、正月休みをのんびりすごしていたのか、それとも高を括っていたのか。

    「きちんと言っておきたいのは、私は4人を追い出したわけでも、受け入れないと言ったわけでもありません。
    むしろ田邊さんから言われて『受け入れます』とお返事をしました。それなのに、誰も挨拶に来なかった。これははっきりとさせておきます」
     
    結果、メリー氏、そしてジャニー喜多川社長に対して謝罪が行われたのは、1月17日午後11時――「SMAP×SMAP」放送の前日になってのことだという。

    100分間に及んだインタビューでは、工藤静香・木村夫人との関係、飯島室長の退社時期、そしてジャニーズ事務所の後継者についても語った。

     ***

    このほか、「週刊新潮」では、飯島氏の今後、開催の可否に関心が集まる25周年ライブの可能性なども特集。8ページに亘り「SMAP騒動」の背景を報じている。

    「週刊新潮」2016年1月28日号 掲載

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160120-00504953-shincho-ent
    デイリー新潮 1月20日(水)3時0分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggrB1kwmNgKbSNbxHRx.aLAw---x142-y200-q90/amd/20160120-00504953-shincho-001-3-view.jpg




    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:予備校講師   2016年01月20日 09:30 ID:JPoy5ART0
    3 工藤公康を殿堂入りさせるなら、松岡弘を殿堂入りさせるべき。だってそうでしょ?「完全に松岡のほうが上」であると当方ブログのコメントで書きましたが、工藤公康の殿堂入りに関して正直オレは、工藤公康という投手は、29年現役を続けただけの投手で異様に長くなって実数が積み重なっただけの中身の薄い投手(無いとは言わない)と判断してます。オレが300人の投票記者(15年の野球報道経歴がある有権者)の一人なら間違っても工藤の名前は絶対に書きません。
    工藤の成績はコチラ。→29年の現役、635登板 472先発 116完投 224勝 3336投球回数 2859奪三振 防御率3.45 防御率2点台・・6回 シーズン平均では22登板 16先発 4完投 7.8勝 115投球回数 99奪三振 1登板当たりでは、5.2投球回数 4.5奪三振 と言う状態です。先発もしてないし、完投も出来てないし、そこまで勝ててもないし投げる量も少ない。奪三振能力は普通。本当にこういう中身を見ていくと、ただ29年ながーーーーーーく続けただけで実数が積み重なっただけの典型の選手 という状態です。工藤を殿堂入りさせるなら、元ヤクルトスワローズのエース・松岡弘を殿堂入りさせるほうが何倍も有意義であり妥当であると言う事です。
    松岡弘氏の成績はコチラ。→18年の現役、660登板 398先発 134完投 191勝 3240投球回数 2008奪三振 防御率3.33 防御率2点台・・5回 シーズン平均では
    37登板 22先発 7完投 11勝 180投球回数 112奪三振 1登板当たりでは、5投球回数 3奪三振
    松岡のほうが工藤より中身の濃い成績を出しています。11年も短い現役で工藤以上の登板をし先発で投げて勝って完投もしてますからね。投手能力では完全に松岡のほうが上でしょう。

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ