ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
     ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との不倫騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31)について、フジテレビは30日、進行役を務める「人生のパイセンTV」(日曜後11・15)について収録済みの31日の放送分をもって出演を見合わせることを明らかにした。

     BSスカパー!「FULLCHORUS~音楽は、フルコーラス~」(火曜後9・00)も当面の間、出演を見合わせることを発表。2月28日の特番「2016スカパー!音楽祭」の司会は未定とした。

     前日29日には日本テレビの3番組、テレビ東京の1番組、関西テレビの1番組の出演見合わせが発表されており、レギュラー出演するテレビ、ラジオの全11番組のうち7番組の休演が決まった。

     関係者によると、ベッキーは都内の自宅で静養中。かなり憔悴(しょうすい)しており、「母親がつきっきりで面倒をみているが、食欲もなく眠れない状態が続いている」という。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/31/kiji/K20160131011955290.html




    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)
    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:   2016年01月31日 12:53 ID:cDfh.QaO0
    渋谷の焼肉屋でマネージャーを怒鳴りつけてたところが目撃された模様
    2. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年01月31日 13:12 ID:kYKlHQFv0
    5 今回の講義は、ヤクルト時代の大杉勝男とマニエル どちらが真の4番か「マニエル」ヤクルトスワローズ初優勝の立役者、大杉勝男 チャック・マニエル この2人がいたからこそのヤクルトスワローズだったと思います。特に、1977年(2位)、1978年(1位)はこの2人の打棒が大きかったのは言うまでも無いところです。さて、この2人はどちらも4番打者の実力を有しているのですが、この2人が一緒にヤクルトで過ごしたのは 1977年 1978年 1981年 の3年間です。この2人はどちらが4番としてふさわしかったのか、3年間の4番回数と打撃成績で客観的に判断したいと思います。まず、4番回数●77年→ 大杉・・・・・・123試合中 67試合4番(43試合連続4番) マニエル・・・114試合中 63試合4番(24試合連続4番) ●78年→ 大杉・・・・・・125試合中 59試合4番(19試合連続4番) マニエル・・・127試合中 71試合4番(51試合連続4番) ●81年→ 大杉・・・・・・120試合中 91試合4番(41試合連続4番) マニエル・・・・81試合中 27試合4番(21試合連続4番) 大杉・・・・・・・368試合中 217試合4番 比率59% マニエル・・・322試合中 161試合4番 比率50% 3年を通しての結果として、4番の回数は大杉に軍配です。また4番に座る確率が高いのも大杉です。ただし、1回4番に座るとその座を維持し続ける力(安定感)があるのはマニエルです。さらに初優勝の78年の4番は大杉と言われていますが、ヤクルト初優勝の4番は大杉ではなく完全にマニエルだということがわかります。初優勝の4番が常に大杉の表記になっているデータがあるのですが、ちょっと疑問に思ってました。恐らく、78年後半戦はほぼ大杉が4番。日本シリーズは全て大杉が4番だったので、4番=大杉の印象が巷では強いのでしょう。(下記に続く)
    3. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年01月31日 13:14 ID:kYKlHQFv0
    5 つーか・・・ 77年と78年の両者の4番争いスゲーなー(汗)全試合この2人だけで争ってるもん(汗)次に3年間の打撃成績です。打撃3冠成績、長打確率、3冠総合値を調べることにします。本当は4番での打撃成績を見る必要があるのですが、手持ちの資料では分からないので、その3年の成績を見ることにします。●大杉→1329打数 442安打 141長打 81本塁打 279打点 長打確率11% 長打含有率32% 打率0.333 本塁打率16.4 打点率0.210 打撃3冠総合値・・・379 ●マニエル→1072打数 323安打 125長打 93本塁打 236打点 長打確率12% 長打含有率39% 打率0.301 本塁打率11.5 打点率0.220 打撃3冠総合値・・・406 どちらも4番として十二分な能力を保持し、驚異的な数値をたたき出していますが、それでもマニエルは大杉の能力を突き放しています。打撃3冠総合値ですが基準として200台中盤~後半はベストナイン級の強打者。300を超えればプロ野球(史)を代表する豪打者。400を超えると世界を代表する豪打者 そういうところでしょうか。マニエルは81年こそもう往年の力は無く大杉と4番を再度争う力は無かったわけですがそういう状態でもこの能力と言うことは余程77年と78年の能力のお釣りがあったということでしょうね。逆説では、その2年がどれほど驚異的であったのか証明できることにもなります。能力で判断するなら、大杉、マニエルの交互の4番も問題ないのですが1回4番に座ったら長くその座を維持する能力。そして抜群の打撃能力。総合的に4番はマニエルなのかもしれません。ただし、先ほども断りで書いたように、これはあくまでも3年間の打撃成績での判断です。3年間の2人の4番での打撃成績を調べての測定であれば、この状況は一変する可能性は大いにあります。

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ