ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    俳優で歌手、福山雅治(46)が4月スタートのフジテレビ系「ラヴソング」(月曜後9・0)に主演することが31日、
    分かった。昨年9月に女優、吹石一恵(33)と結婚後、初のドラマ。元プロミュージシャンが女性と出会い、
    失いかけた人生を取り戻すヒューマン&ラブストーリーで、福山はミュージシャン役に初挑戦する。ラブソングの名手が、
    ドラマで最高の“ラヴソング”を奏でてくれそうだ。 

     これまで音楽と俳優業を切り離して活動してきた福山が、結婚と3月21日にデビュー26周年に突入するタイミングで、
    さらなる飛躍を目指して初のミュージシャン役に挑戦する。

     「ラヴソング」は、福山演じる44歳の元プロギタリストが、ある孤独を背負った女性と出会い、音楽を通して
    心を通わせる中で、失いかけた人生を取り戻していくオリジナルストーリー。

     福山の連ドラ主演は、同じフジ月9枠で2013年4月期に放送された「ガリレオ」以来、3年ぶり。今作は
    西谷弘監督(53)をはじめ、“ガリレオ”チームが再集結した作品だ。

     俳優業、歌手業ともに第一線で活躍し、その舞台裏も知り尽くす福山にとって、音楽の世界を舞台にした同作は、
    まさにうってつけ。劇中では、ギターテクニックに定評のある福山ならではの、リアリティーのある演奏シーンも登場する。

     撮影を控えた福山は、音楽シーンをよりリアルに撮るための方法などについて、スタッフと入念な打ち合わせを
    繰り返している。仕事に対してストイックな性格に加え、音楽がテーマであることや、結婚後初ドラマで、
    自身にとって大きな節目の作品となることもあってか、普段以上に気合が入っているようだ。

     福山は「待ちに待った西谷監督とのドラマ作りがどんな作品になるのか、その期待に胸が高ぶっています。
    人が人を想うとき、日常の風景が、そして人生が輝き出すような、そんな作品になれば」とアピール。鈴木吉弘
    プロデューサーも「演出家・西谷弘との再タッグで新たなキャラクター像、新たな世界観を作り出してくれることでしょう」と
    期待を寄せる。

     「桜坂」「家族になろうよ」など数々のラブソングを生んだ福山が、劇中で、どんな“ラヴソング”を奏でるのか。
    結婚で喪失感を覚え“福山ロス”に嘆いていた女性ファンも、福山にもう一度“胸キュン”できるドラマになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000501-sanspo-ent




    ガリレオ (NDS)
    ガリレオ (NDS)


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ