ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    2016年2月7日

     好感度ナンバーワン・タレントとして君臨してきたベッキー(31)は5日、所属事務所が正式に休業を発表してバラエティー番組から姿を消す。人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)との不倫スキャンダルの痛手はあまりにも大きかった。

     ところで、ベッキーがボロボロなのに、相手のゲス川谷は逃げ切った印象もあるが、世の中はそんなに甘くない。「安穏としていられない。次のターゲットは川谷」とある音楽会社プロデューサーはいう。

     テレビ局にはファンや視聴者から「そもそも川谷は悪くないのか」と苦情が来るし、ネットなどでは「ベッキーだけが悪者なの」「彼女だけかわいそう」「不倫は一人じゃできないよ」といった川谷の責任を問う声も根強い。

     実際、今後「川谷は厳しい」と指摘するのはある音楽関係者。

    「『ゲス乙女』が出演したテレビ朝日の『ミュージックステーション』やNHKなどにも苦情が殺到しました。とくに民放の場合、スポンサーが嫌がります。恐らく『ゲス乙女』がアーティストとしてベッキー同様、テレビやCMから干されることになる。NHKはボーカルが不倫というのはNGだから、今年の紅白は難しいでしょう。当然、露出が激減するのでCDやダウンロード数にも影響する。ベッキーと共倒れになることも考えられます」

    ■ベッキーには引退説も

     ところで、当のベッキーはどうするのか。所属事務所は先手を打つ形で先月、番組などの出演を見合わせるように局に申し入れた。レギュラー番組を持つ各局に最短1カ月、長くても3カ月程度休ませてほしいと“直訴”したといわれているが、事態はさらに進展して休業、引退説まで囁かれている。

     休業も事務所がベッキーのタレント生命を守るために考えた結果。本音は引退だけは避け、休業→自粛→謝罪という形を取り、ギリギリのラインでタレント生命を守ろうとしているのだが……。

    「周囲が『川谷とは別れろ』と何度、諭しても首を縦に振らないというのです。ベッキーと顔見知りの番組プロデューサーが『このままだと仕事がなくなる』と話しても『すいません……』と泣きじゃくるのみ。揚げ句は『もう仕事をしたくない。責任を取る……』などと言い出すとか」(事情通)

     もっとも川谷は「(面倒だから)もう別れるか」と周囲に漏らしているらしい。これが事実なら本当に“ゲスの極み”である。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/174905




    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)
    MONSTER HUNTER PORTABLE 3rd モンハン芸能部 チームプレイガイド (1週間MOOK)


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ