ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    日刊ゲンダイ 2月17日(水)15時3分配信

     タレントの春香クリスティーン(24)が今年度で上智大学を中退することが本紙の取材でわかった。

     春香は92年、スイス生まれ。日本人の父とスイス人の母を持つハーフで、08年に16歳で単身来日。
    10年に上智大学文学部新聞学科に入学後、趣味である「政治家の追っかけ」が高じて異色の
    政治オタク女子大生として注目を浴び、タレントに本格転身。最近はバラエティーだけでなく、
    情報番組などでコメンテーターとしても活躍している。

     勉強と仕事の合間を縫って国会に通ったり、政治関係の勉強会にも出席していたが、
    仕事を優先するために11年から2年間は大学を休学。13年10月に復学した当時、スポーツ紙の
    コラムでは「お仕事との両立は大変ですが、ぜったい卒業しますよ!」
    「(大学は)合計12年在籍できるらしいです」「2020年の東京五輪までにはなんとか……」と
    卒業に意欲を見せていたが、ゼミや卒論どころか出席日数がぜんぜん足りず、中退の道を選んだようだ。

    ■レギュラー番組は10本以上

     それもそのはず――。若者の政治離れが進む中で、政官要覧や松下政経塾出身の国会議員を
    顔写真付きで期別にまとめたオリジナル資料を持ち歩き、日本の歴代首相の写真を部屋の壁一面に
    張って暮らしているという春香の稀有なキャラクターはテレビで重宝され、現在のレギュラー番組は
    「情報ライブ ミヤネ屋」(日テレ系)、「アッコにおまかせ!」「Nスタ」(TBS系)、「すイエんサー」(NHK)、
    「おはスタ」(テレビ東京系)など地方局も含めると10本以上。早朝や地方の生放送も多く、
    先月はNHK「日曜討論」にも出演。これでは大学に通う暇もないのも納得である。

     所属事務所のホリプロは「とくにコメントはありません」(広報担当)とのこと。

     ちなみに、春香はスイスと日本の二重国籍。今後は参院選のタレント候補としても名前が挙がりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000022-nkgendai-ent
    卒業に意欲もレギュラー番組10本以上では…(C)日刊ゲンダイ
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160217-00000022-nkgendai-000-view.jpg





    「電破! ~デンパンクロイドの逆襲~」/FICE&金瓶梅
    「電破! ~デンパンクロイドの逆襲~」/FICE&金瓶梅


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月17日 18:58 ID:2qx3o90w0
    5 日本の英語教育を改革せねばならないとオレは考えている「文法偏重は廃止。大事なのは状況判断による表現の使い分け」以前、日本人の英語能力が伸びないことに関する記事を当方ブログでも書いた。これだ。→ ttp://ameblo.jp/miumalovely/entry-12124875105.html 日本の外国語学習においては非常にバイアスがかかっている。それが文法偏重(一辺倒)だ。日本の英語教育はそもそも書き言葉=「文語」なので、文法に比重が置かれる。例えば「昨日私が買ったこの本は、非常に読み難い。」これを文法に即して英訳するとこうなる。(以降、大文字変換がメンドウなので、すべて小文字で表記することにする)→ this book i bought yesterday is very hard to read. 学校のお勉強ではこう教わる(詳しく指導しない教師もいるが)文型としては第2文型。主語+動詞+補語の形だ。this bookが主語(おおざっぱにyesterdayまでが主語でもよい)isが動詞 hardが補語(大雑把にvery~readまでが補語と解釈してもよい) i boughtの後ろに目的語が無い。i boughtの目的語は先頭に位置している。だから、this bookの直後に関係代名詞目的格(whichもしくはthat 省略化)を置き i bought→this bookで戻る訳をするわけだ。yesterday自体は副詞なので無視して良い。副詞表現、前置詞以下の表現は文型には含まれない。こういうことは学校で教わる(さっきも書いたが、言わない教師もいる。特に無能な教師)これが文法的に、いや、文法にキチンと即した英訳になる。日本の外国語教育そのものが文語(書き言葉)に偏重しまくっているので「こういう表現にしないと言葉じゃない」と妙な先入観に陥っているのだ。予備校で英作文をさせることがよくあるが、キチンと非常に丁寧な英訳をしている学生が数多いる。悪くは無いし、良いことなのだが、どうも、「ここまで丁寧にやらないと点がもらえない」という畏怖の念にかられているような感じが生徒からムンムンと漂っている。(下記に続く)
    2. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月17日 19:02 ID:2qx3o90w0
    5 (上記の続き)もっと気楽に取り組めないか?とさえ思うことがある。オレは以下の表現でも良いと思っているし、右記の表現でも間違いなくネイティブに通じる。→ i bought this book yesterday is very hard to read. オレなら丸を下すし、全然問題ない(ネイティブに通じる)と判断する。まあ、日本語で変えるとこういう感じだろうね。「昨日、オレこの本買ったは、とても読み難かった」全然問題ないでしょ。「あ、買った本が読み難かったんだね」って誰もわかるよ。(分からないやつはよほどの国語力がないアホ)十分なのにさ、なんであそこまで堅物に「文法文法」って拘るの??キチンと書きすぎというか、あそこまでキチンとしてたら逆に気持ち悪いよ。言い方を変えると常にタキシード着ている。そんな感じなんだよ。キャンプへ行くときもタキシード。旅行へ行くときもタキシード。友達のところへ行くときもタキシード。家にいるときもタキシード。これが日本人の外国語に対する接し方。文法をきちんとしないと外国語とみなされない とヘンな恐怖感に束縛されている感じがする。これは前にもブログで書いたように、日本の外国語教育に対する目的が「受験のため」というものに終始しているためだ。言い換えると、投資目的に外国語の勉強はするが消費目的で外国語の勉強はしない ということだ。投資目的は見返り(合格)を期待する行為が目的としてある。消費目的は見返りを期待せず、勉強そのものを目的とする行為。前者は大きな弊害(バイアス)が掛かるのは自明だ。オレはね、文法よりもっと大事なことがあると思ってる。それは状況により表現をキチンと使い分ける ということだ。例えば、前、コメントで this train goes to tokyo station はおかしくないと入ってきた。勿論、文法上の間違いは無いよ。キチンと第1文型(主語+動詞)をとっている。しかし、問題なのは上の英文の前置詞は「一直線」を示すtoが使われている。(下記に続く)
    3. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月17日 19:07 ID:2qx3o90w0
    5 (上記の続き)それを交通機関に使うと ・1・・その電車の始発駅から東京駅まで一直線・2・・1より、その間のどこの停車駅も一切無い ・3・・2より、人の乗り降りも一切無い と言う表現になる。回送列車かよ???だから交通機関で「一直線」のtoを使うと「東京駅まで行きますけど、その間の駅は一切無くどこにも停まりません」って言う意味になるんだよ。ニュアンスとして。それ聞いて、例えば途中の名古屋駅に行きたい人は、その電車に乗るか??? 乗らねーよ? 「絶対停まりません」って言われてるんだから。名古屋まで行きたい人が、一切停まらない乗り降りも無い電車だと言われて乗るか???だから「どこどこに行く」という一方的な解釈でtoを学んだ学生は交通機関でも普通に to を使う。文法上は this train goes to tokyo station は間違ってない。あくまでも「文法上」はね。しかし、表現そのものはおかしいから、オレなら「そんな電車あるわけ無い。表現がおかしい」と判断し×を下すね。絶対×だ。○を下す教師がいるなら、そういう状況判断(能力)がその言語で無い教師だ。ただし、状況判断とか関係なく「文法だけで見ろ」というなら○だ。第1文型をキチンととってるから。今の学生ってさ、この状況はこうだから、この表現はアカンなという状況をみて、表現の変化をつけるという能力に乏しい(無い)んだろうね。これは学生本人の努力の問題もあるだろうが、教師の問題でもあるし、今の外国語教育の文法偏重の弊害でもあるとオレは思ってる。この電車は東京駅行きです。= this train goes to tokyo station だぜ??? フツーに考えて始発から東京駅までどこの駅にも停車しない、人の乗り降りも一切無い電車なんてある?????? 回送じゃねーんだからさ(笑)そんな電車あるわけねーだろ ボケ(笑)ってのがオレの答えだ。(下記に続く)
    4. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月17日 19:10 ID:2qx3o90w0
    5 (上記の続き)何年か前にブログに書いた表現「この水、(オレ)飲める??」can i drink this water? 聞く側は「水を飲んだらヤバいかな」という恐れで聞きたいとする。まあ、日本では「この水、飲んでイイもんなの?=飲めるの?」的に聞くだろうね。それが上記英語表現で書いたとする。「あ、飲んだらマズいよ」「腹壊すからダメよ」「止めとけ」みたいに制止が入る。日本ではね・・。けど、こういう曖昧な聞き方(表現)は時として命に関わる。こういう曖昧な表現が通じるのは日本、日本くらいだよ。ネイティブにこういう聞き方をすると、例えば、その水に毒薬が入っていても水を飲むこと自体は禁止されてない。だから「(水飲んだら死ぬけど水を飲むこと自体は禁止されてないから)勿論。ご自由に」と返答が来る。当たり前だ。許可を求める助動詞のcanで尋ねているから「禁止されて無いですよね」「飲まさせてください」という許可を得ようと解釈する。水を飲むことを禁止してはないから、当然、答えは sure とか go ahead とか。 no way!なんて答えないだろう。飲んだら最後。ポックリあの世行き。has this water been boiled?(この水煮沸してるんですか?)と聞けば「飲んで良い」ものか否かもわかる。飲めるのか? という聞き方が、いかに危険で曖昧な表現であるかもよく分かるだろう。オレは文法よりもこういう状況に応じた表現の使い方をキチンと学ぶほうが重要だと思う。文法と言うのは、ほどほど(というか大雑把)で問題ないよ。これはペンです。 なんで pen,this これで十分。this is a pen. なんて気持ち悪い。何をそんなに形式ばってかたくなってんの???って逆にこっちが聞きたくなる。

    話が長くなって悪かったな。しかしこれが予備校講師から見た英語教育の現実だ。

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ