ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    「とても色っぽく、艶のある女でした」と、ある芸能関係者は振り返った。
    桂三枝改め文枝(72)との「20年不倫」と写真誌が報じた38歳の演歌歌手、紫艶について。

    この関係者の印象である。「30歳以上も離れた彼女と、
    20年も不倫関係があったとすれば、驚き。同じ男として、凄いと思った」と続けた。

    発売中の写真誌「フライデー」によると、2人は紫艶が18歳のときに舞台で知り合い、
    文枝からのアプローチで食事を共にしたことから交際となった。

    以来、大阪は梅田駅近くの2LDKマンション、東京では文枝の定宿ホテルで逢瀬を重ねてきたそうだ。

    同誌には、京都まで湯豆腐を食べに行った際として、赤ら顔の文枝が紫艶に唇を寄せているショットや、
    浜辺で両手をつないで抱き合い、頬を寄せ合うショットが掲載されている。「こんな写真を見られたら、否定できないですよね」
    と同誌の取材に紫艶は語り、文枝について、「私が親密になった男性は生涯、師匠だけ。この後の人生も、師匠を超える人は出てこないと思います」とコメントしている。

    紫艶という芸名も文枝が名付け親で、彼女の実家がたばこ店を営んでいることから「紫煙」とかけ、
    「煙だと消えてしまうからと『煙』を『艶』にかえてくださった」という。バスト90センチの巨乳で、00年に東京デビューした際に「艶歌歌手」とのうたい文句がついたほど、
    艶があったということでもあるのだろう。文枝の所属事務所は「記事は事実ではございません」と不倫関係を否定し、掲載された写真も10人ぐらいで撮った時のものだと説明している。

    ■ベッキーや“ゲス議員”はアウトで文枝はセーフ?

    ベッキーから始まり、政界では35歳の議員が辞職と相次ぐ不倫騒動は落語界でも起こり、「師匠、あなたもゲスだったのか」との見出しが躍るが、
    今のところ、ベッキーや不倫議員ほどのバッシングには至らない。この違いは何なのか。

    「ベッキーにしろ、不倫議員にしろ、最も敏感に反応し、反感を持っているのはお茶の間の主婦を中心とした女性なんです。
    10本あったベッキーのCMが次々に打ち切られたのも、いわゆるF1層、20歳から34歳までの女性がスポンサー企業のメーンターゲットだったからです。

    広告であれテレビ番組であれ、F1層にソッポを向かれたらアウト。今回の文枝師匠の不倫騒動は、よかれとは思わないまでも、F1層にはちょっと遠いと言いますか、
    バッシングを浴びせるまでにはいっていない。同じ不倫でも、彼女たちの反応によって、世間のジャッジメントは違うものになるということです」と、広告関係者は言う。

    ベッキー騒動では、記者会見でコメントを求められたウッチャンナンチャンの内村光良(51)が「戦っていると思います。ファイト!」とメッセージを送り、関係者は凍りついたという。
    「内村自身、妻は元不倫相手ですから。『おまえが言うな』とF1層から猛反発されたら大ごとだと思います」(前出の広告関係者)

    サラリーマンも、会社のF1層には気をつけた方がいいという教訓かも知れない。

    http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_303251/




    SHINING STAR
    SHINING STAR


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ