ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    覚せい剤所持容疑で逮捕、拘留されていた清原和博容疑者(48)が23日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、警視庁に再逮捕された。使用に関しては逮捕後に認める
    供述をしていたが、依然として入手経路に関する供述を拒んでいるため、警視庁は全容解明に向けて拘留期限を延長する手続きを踏んだ。

     捜査関係者によれば、警視庁と並行して厚生労働省麻薬取締部でも数年前からスポーツ界、芸能界に薬物汚染が広くまん延しているとして、内偵調査を続けていた。当時から
    清原容疑者の名前は挙がっており、知名度の高い同容疑者を逮捕、起訴することで、薬物汚染を根底から断つ狙いがあった。

     清原容疑者に関しては野球界でも薬物疑惑に関するウワサがあり、現役引退後に知人らが本人に確認したところ、同容疑者は「やっていない」と、覚せい剤の使用を一切認めなかったという。

     だが、覚せい剤の使用を疑う材料は日ごとに増えていった。深夜、早朝を問わず、ろれつの回らない口調での電話。また、清原容疑者が通っていた飲食店で、同容疑者が専用で
    使用していた棚に某スポーツ選手がサインをしたことに腹を立て、「絶対に許さん。しばき倒す」と過度な怒りを表す一方、自ら電話を掛けながら、何も話さずに切るなど、不可解な行動が目立ち始めていたという。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160224-00000003-dal-ent




    SHINING STAR
    SHINING STAR


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ