ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    著名人のマナー

    ▼京都の独立講演会に向かうために、今日も新幹線に乗っています。日帰りですから、昨日と合わせると新幹線四往復ですね。
     ここ18年間ぐらいのぼくは、ほぼ毎日、新幹線か国内便の飛行機、あるいは国際線の飛行機に乗っています。
     実際、もの凄い頻度です。
     年末年始を含めて休みはただの1日もありませんでしたから、単純計算では18年×365日分=6570回の頻度ということになりますが、国内はもちろん国際線でも日帰りがあり、1日に4回から6回という日もさして珍しくはないですから、乗らなかったわずかな日を考えに入れても、この少なくとも3倍以上になるのではないでしょうか。

     これだけ乗っていると、さまざまなバッド・マナーに遭遇します。
     ぼくは、目に余る公共マナーの侵害があれば座視しないで、ご注意します。
     ただし、乗り物に乗っているときの自分の都合で注意したりは決してしません。
     自分は仕事に集中したくて、あるいは眠りたくても、旅行を楽しんでいる人の都合やいろいろにみなさんの事情があります。あくまで公共という視点から、注意せざるを得ないときに限って注意します。


    ▼きのう2月20日土曜の夜、名古屋から東京行きの「のぞみ」に乗ったとき、一緒に乗ってこられた4人の男女が、ぼくと独研 ( 独立総合研究所 ) の同行者の通路を挟んだ隣で、席の向きを変えて、2対2の向かい合わせに座られました。
     こうしたとき、ほぼ間違いなく相当に賑やかになります。
     しかし、そもそも乗客が楽しめるようにJRが座席の向きを変えられるように作っているのだし、新幹線の車中で対話を禁じられては、まさしく話になりませんし、ふつうは我慢します。
     ゆうべも、凄まじい疲労のなかで仕事をせねばならないので困ったなとは思いましたが、たまに旅行をされる人たちかも知れないしと、楽しさを傷つけてもいけないと、そのままにしました。
     ただ、周りが吃驚(びっくり)するぐらいの大声で、何かの宴会ゲームのようなことに興じるわ、騒ぎに騒いでいます。

     きょうも新幹線に乗っていて、たまたま同行者が昨日と同じだから、ふと「きのうはちょっとうるさかったね」と言うと、滅多に周りの騒音を気にしないタイプの同行者が珍しく「はい、ひどかったです。いくら何でも、ひどすぎました」と答える。
     そして「社長は知らないでしょうけど、あれはテレビの『笑点』に出てる有名な落語家さんですよ。SさんとTさんです、男性二人は。…女性の方は誰だか分かりませんけど」と言った。

     念のためスマホなどで確認してもらったけど、「間違いありません。男性は、この二人です。最後は、若い男性マネージャーがやって来て、荷物とか降ろすみたいにしていましたよ」
     これは話が違う。
     笑点は、たいへんな人気、長寿番組ですね。
     つまりは、出演者がエライというまえに、たくさんの視聴者に支えられているのですね。
     その支えられている人たちが、ああやって一般の人たちに、あからさまな迷惑を掛けてはいけません。

     ぼくは子供の頃に、やっぱりこの笑点を視ていたけど、今はまったく視ません。
     だから、お二人が著名な落語家であることにまるで気づかなかった。
     気づいていれば、ぼくの名を述べたうえで、ご注意を差しあげました。

     お二人の振るまいは、人のこと、周りのことを考えている気配は、カケラもありませんでしたね。いったい、誰に支えられての成功でしょうか。
     ご当人たちがこの地味ブログをお読みになる可能性は限りなくゼロに近いでしょうが、テレビ局のスタッフとか関係者の中には、お読みになる人もいらっしゃるかもしれません。
     万一、お読みになれば、ご当人たちにお伝えください。もうほんの少し謙虚になっていだけませんか、と。

     もしもご当人たちに反論があるのなら、いつでも、どこでもお受けします。真正面から、どうぞ。

    http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=300

    2016年2月20日
    特撰花形落語会 春風亭昇太・林家たい平 二人会
    会場 愛知・常滑市民文化会館
    開場/開演 13:30開場/14:00開演
    出演者 春風亭昇太、林家たい平
    http://www.shunputeishota.com/event/2016/02/event-1647.html




    SHINING STAR
    SHINING STAR


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月24日 16:31 ID:D69.Z61l0
    5 教え方には人それぞれある だからこそ面白いのだと思う。先日のことだが、大学に合格した生徒さんの母親からお礼の品物を頂いた。実を書くと、その生徒さんは、学校の評定平均値が2.5で、希望大学合格はムリだと学校のセンコーからも言われていたほど。しかし、予想を覆した。家族でえらく喜んだそうだ。 そりゃそうだろう。「ムリだ」と言われたところに、通ったのだから。しかも、第一希望ですよ。オレが最後まで受け持った生徒さんで未だに不合格になった生徒は一人も居ないんですよね。(ダイナマン先生は授業がうるさいから、担当講義を変えたい と言って離れた生徒さんは知りません)確かに、オレの授業はうるさい。ヘンな話もするし、授業に関係ない雑談もする。しかしやることはちゃんとやった上で雑談に移行する。勿論、その雑談が授業に結果的に結びついている場合も有る。そして結果を出す。先日、合格の生徒さんとは関係ない、別の仲の良い生徒から以下のメールを受け取った。→(原文のまま)「最初は先生の授業をうけてびっくりしたけど、こんなやりかたもあるんだって授業以外でも勉強になりました。先生だから言うんですけど、塾長みたいに先生のやり方を快く思わなかったり認めたがらない人は今後でてくると思います。でも、先生にしか教えられないことや誰にも経験したことがないことを教えたりする力が先生にはあると思いますので、いまのスタイルは絶対に捨てないでください。」・・・ありがたかったねえ。このメール。オレは間違ってなかったんだと。勿論、何が正しくて、何が間違いなのか人それぞれ、捉え方はあるけどね。オレのスタイルが嫌だからって、離れた生徒さんには、勿論、オレとは肌が合わなかった生徒さんだから、その生徒さんには「正しくなかった」 んだろう。オレのやり方を正しいと思う人もいれば間違っていると思う人も勿論いるだろう。(下記に続く)
    2. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月24日 16:49 ID:D69.Z61l0
    5 (上記の続き)でも、オレのスタイルで結果を出したら、それは正しいやり方 ということじゃないかな。だって、オレが最後まで受け持った生徒さんで、落ちた生徒さんは未だかつていないのだから。塾や予備校ってそんなところなんだよ。結果さえ出れば、そのスタイルは正当なんだ。まあ、人それぞれ教え方って異なるのは当たり前。塾長には、直に言ったことなんだが「私のスタイルがこうなんだから、こうやれ!」って押し付けるのは感心できないねえ。それなら、誰も雇わず貴方一人で授業やりなさいよ って話になる。講師によって考えや性格が違うのは当たり前のことなんだ。だからこそ、いろんな講師がいるし、生徒も色々な講師を選ぶ権利も有る。
    教え方は千差万別 だからこそ、面白い。

    ではでは~・・・
    3. 名前:名無し   2016年02月25日 05:03 ID:cKOq8pMwO
    やっぱり予想してた噺家だった!こいつ等画面を通しても人間の屑っぷりが伝わるもんね!

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ