ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    《血の結びつきを全く信用していない。(中略)私は子供のいる人生とは違う人生を歩みたいなと。だからこそ、血の繋がりはなくとも、伴侶という人生のパートナーを強く求めていました》
    《ずっと、子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もない。夫としっかり向き合って、二人の関係を築いていく人生は、本当に幸せ》

    赤裸々な、しかしショッキングな言葉が並ぶのは、『FRaU』3月号(講談社)。山口智子(51才)が、約2時間にわたって答えたというインタビュー記事が掲載されている。

    1995年に結婚した夫・唐沢寿明(52才)とは毎年、スペインへ旅行に出かけるなど、結婚20年が過ぎてもなおラブラブな様子を語っているかと思うと、
    産まない人生を選んだことを《一片の後悔もない》と発言。
    彼女の言葉が今、世の女性たちの心を大きく揺さぶっている。

    山口は1964年、栃木県のある老舗旅館を経営する両親の元に生まれた。
    しかし、幼い頃に両親は離婚。山口は父方の祖母に育てられた。
    実の母、そして父親の再婚相手とは、関係がよくなかった。《血の結びつきを全く信用していない》という価値観は、この頃に培われたのかもしれない。

    1995年に唐沢と結婚した後は、女優業はセーブしつつも、雑貨ギャラリーを経営したり、衣装ブランドをプロデュースしたりと、活動の幅を広げている。
    唐沢とは今も月に1度は行きつけのイタリアン店へ出かけ、一般客に交じり食事を楽しんでいる。

    やりたい仕事をやり、長年連れ添った夫とは相変わらず仲良し。山口は、人生をとことん楽しんでいる。
    彼女の今回のインタビューが、多くの女性をざわつかせた理由はどこにあったのか。以下、《子供を産んで育てる人生》を歩んできた母の声だ。

    「7才の娘はこの世で最も愛すべき存在で、娘のためになら、命だって投げ出せます。
    でもどこかで“娘がいなかったら私はもっと自由だったのかな”と思ってしまうし、そう思う自分が嫌です。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160226-00000003-pseven-ent
    NEWS ポストセブン 2月26日(金)7時0分配信

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0226/1674785884/1610_yamaguchi_tomoko.jpg


    「息子のお弁当を作るため、毎朝5時に起きています。仕事から帰ったら、炊事と洗濯。
    好きなことをする時間も、夫と満足に会話する時間もありません。
    山口さんの告白を読んで、私の自由は子供に奪われたのかと思ってしまいました」(48才・教師)

    そこにあるのは、子供のいない自由な人生への嫉妬と羨望。
    もし子供がいなければ、山口のように好きな仕事をし、夫と海外旅行をしていたのかもしれない──そんな可能性が、どこかまぶしく思えてしまうのだという。

    ◆「女失格」という周囲の視線

    子供を持たない女性からも大きな反響があった。とりわけ、自分の意志で子供を持たない人生を選択した女性は、「よくぞ言ってくれた」と喝采を送った。

    「首がもげるほど同意しました。私も結婚する前から子供はいらないと決めていました。でもそう言うと“女失格”という視線を周囲から向けられて、つらかった。
    幼い頃から両親が不仲で“あなたがいなければ離婚できたのに”とまで言われていたから。
    私は、親を自由にさせられない“枷”のような存在だったんです。
    その記憶があるから、子供を産もうとは思えない。山口さんも家庭環境が複雑だったみたいだし、自身の過去を踏まえてあの発言をしたのは尊敬に値します」(42才・テレビ関係者)

    「旅行が好きで、おいしいレストランに入るのが好き。生きがいともいえます。夫とそういう生活を続けていきたい。
    だから子供はいらないと決めた。“子供はいらない”と言ってしまうと周囲を否定したように受け取られて敵意むき出しの人もいる。
    内心はうんざりしてきました。だから、山口さんの告白は最高。
    これで“子なしハラスメント〟が落ち着くといいのですが」(45才・化粧品メーカー勤務)

    不妊治療を続けても効果が得られず、出産を諦めたA子さん(45才・パート主婦)は「子供はまだ?」と聞かれるたびに胸が締めつけられていたという。
    だからこそ山口の発言には勇気をもらえた。

    「40才近くなって結婚しているくせに、なんで当たり前に子供を産まなくてはいけないと思い込んでしまっていたのか。
    それまで自由も楽しかったし仕事もやりがいがあったから結婚もしていなかったのに。
    アラフォーになり、産めない年齢が差し迫ると、子供を産まないと人生半分失うという考えに勝手に洗脳されてしまっていた。
    そうですよね、もっと普通に楽しいはずでした…」

    ※女性セブン2016年3月10日号




    SHINING STAR
    SHINING STAR


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ