ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    覚せい剤取締法違反容疑の逮捕から来週で1カ月になる元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)。
    現在、使用の疑いで聴取が進められているが、薬物禍は“番長”一人にとどまりそうにはない。
    球界、芸能界の複数の人物に噂がたえないのだ。夕刊フジが12日に報じた大物歌手をはじめとする「疑いが持たれる8人」の記事は反響を呼んだ。
    取材を進めていくと新たに9人が浮上。その人物とは一体…。

    清原容疑者の事件を受けて、関係者の間にはこれまで以上に緊張が走っている。

    球界では、日本野球機構(NPB)主導で選手に対する啓発研修が行われ、
    芸能界では吉本興業が24日、警視庁組織犯罪対策第5課の現役捜査員を招き、タレントや社員に対して緊急セミナーを実施した。
    別の芸能プロのなかにはタレントに対し、薬物検査を実施した事務所もあるという。

    そんなピリピリムードのなか、いまおびえているとみられるのが次の9人だ。

    清原容疑者と関係のあり、誰もが知る球界関係者。仮にAとするが、その仲のよさから疑惑がもたれている。
    夕刊フジは関東にあるAの自宅を訪れたが、日中にもかかわらず豪邸のカーテンは閉じられたままだった。

    近所の住民は「ここ何カ月か、ご本人はお見かけしていない」と話す。
    覚醒剤は性生活に直結するといわれるだけに、美人で知られるAの妻Bにも疑いの目が向けられている。

    清原容疑者は注射痕などを隠すためか、日焼けサロン(日サロ)に通っていた。
    同容疑者に現役時代、日サロを紹介したとされるのが球界関係者のCだ。
    ある球団のOBは「あの真っ黒な肌はあやしい。特徴的な言動もクスリの影響によるものなのではないか」と話す。清原容疑者の先輩である元選手Dにも同じ指摘がある。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160227/dms1602271530004-n1.htm
    2016.02.27

    依頼です

    ◆芸スポ+スレッド作成依頼スレッド★843 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1456433137/

    芸能界にも波紋が広がる。そのうちの一人が、看板番組を複数持つタレントのE。
    テレビ局関係者は「清原容疑者とは番組で共演歴もある。
    情緒不安定で『この人もおかしいのでは』と声があがっている。大物のため誰も何も言えない」と危ぶむ。

    有名男性ボーカリストFは以前、仕事仲間が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された際、「次は」と目された人物だ。
    都内のクラブで開かれたシークレットイベントでFを目撃した人物が話す。

    「表情はだらしなく、テレビに出ているときとは別人のようで、帰るときも抱えられるようにして車に乗り込んでいた。
    通行人の目が届かないよう取り巻きが見張っていて、なおさら怪しいと感じた」

    ここ数年、再び活躍の場が増えた女性歌手Gについては、関係者が「随分前、周囲にいる連中が“あぶり”で吸引するなか、
    彼女はただ一人ポンプ、つまり注射器で体に直接打ち込んでいた。
    あれほどのジャンキーがやめられるはずがない」と証言する。

    芸能プロ関係者が「破天荒なイメージが浸透しており、逮捕されたとしても世間は特に驚かないのではないか」と話すのは女優Hだ。
    何度かこの女優とパーティーで同席したといい、「酒のいきおいとは明らかに違う異常なテンションで話していた」と振り返る。

    逆に逮捕となれば、その意外性から清原容疑者以上の事件になりそうなのが女優I。
    清純キャラからセクシー路線に転じた人気者だが、映画会社幹部は「周囲に反社会的勢力に属する人物がいる。
    本人にも覚醒剤の魔の手が届いていると評判だ」と声を潜める。

    年が改まってまだ2カ月。今年は薬物事件が業界を丸飲みにするかもしれない。




    「電破! ~デンパンクロイドの逆襲~FICE×裸執事」/FICE&金瓶梅
    「電破! ~デンパンクロイドの逆襲~FICE×裸執事」/FICE&金瓶梅


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月28日 11:10 ID:iHE8Bs0q0
    5 2月28日(日) 打率妄信者たちへ質問がある「打率差0.040は年間20安打しか違わないのに、なぜ打率ばかりみる?」この点をおまえらに問いたい。 打率に関して引き続き記事を書いていきます。先日、打率差0.040は年間20安打しか違わない ということを書きました。これがその最初の記事。→ ttp://ameblo.jp/miumalovely/entry-11276257645.html 0.324の打率の人と、0.280の打率の人の打撃数値に関して記事を書いてますので、そこを参照しながら今回の記事を読んでいきなさいね。確率論が全く理解できない人たち(率を整数で判断する人たち)に、もう一回打率差0.040を説明します。(百分率を説明します)百分率は小学校で習います。打率0.040というのは「分」の位です。分は /100 の位です。なので、0.040というのは、4/100 即ち100打数4安打。それが打率差0.040なのです。4/100は約分できます。=1/25 25打数で1安打違う。これが打率0.040差のポテンシャルだと覚えておけ と先日書きました。これを更に試合数で考えて見ます。大体、1試合4回打つ機会が与えられます。それが4打数と言う表記です。なので、25打数1安打ということは、7試合目(の最初)で1安打違ってくる。年間で考えると、140試合消化するとします。7試合で1安打が打率差0.040のポテンシャルであるので 140÷7=20 打率差0.040は年間で20安打しか違ってこない ということになります。ここまで書いて、もう一度言いますが「その20安打が大きいんだよ」「7試合に1安打が大きいんだよ」と言う人がここのコメント欄にもいるでしょう。要するにこういう事です。「その20安打が全部ホームランだったり、長打だったり、打点がつくヒットだったらどーするんだ!!」これが、0.040差を「大きい」という打率妄信者たちの言い分なんですね。(下記に続く)
    2. 名前:予備校講師 ㈲イチローチ   2016年02月28日 11:13 ID:iHE8Bs0q0
    5 2/28(上記の続き)確かにその理屈は分かりますし、20安打が全部ホームランだったり、長打だったり、打点がつくヒットだったら、それは非常に大きいでしょう。でもそれは、そうなるとは限らない。(逆説ではそうならないとも言えない)なので実際我々は「結果論」でしか判断できないわけです。そこで上記リンク先で出した、イチローの例(イチローの悪い例)です。イチローは実際、結果論で 打率は0.280の打者よりも0.324で0.040高い事実があります。「しかし、その打率0.040高い恩恵を他の打撃(本塁打、打点)で活かせているのか?答えはノーだろう。0.040高いのに、他の打撃が反比例して伸びて居ないという事は、それだけその他の打撃能力が乏しいと言うことだ。大きく劣るところは度外視して小さな差(打率)ばかりを吹聴して偉大な打者のような扱いはいかがなものか」そこを指摘したんですね。逆に、0.280の打者は0.040劣りながら他の打撃はイチローを大きく突き放したものであって、総合的にみれば 0.324の打者(イチロー)より 0.280の打者の方が優れていると言うことは事実として浮かび上がります。だからオレはかなり疑問なのですよ。オレは打率ばかりに着眼点を置く人に、以下のように逆に質問したい。「7試合に1安打、即ち年間20安打しか違わない0.040(打率)にどうしてそこまで意固地に拘るんですか?もっと着目すべき点(大きい差)はあるのに、どうしてその大きい差(本塁打や打点)を見ずに、小さな差(打率)ばかりを見るんですか? どうして本塁打や打点の部分は度外視するんですか?そこの差の方が打率差(0.040)より遥かに大きいでしょう。」

    少しは理解出来たかな??(笑)では、オレは次回の講義に備えての準備があるので、この辺で失敬するよ。ではでは~・・・

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ