ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    お笑いタレントの明石家さんま(61)がABC「明石家ハッピー独身寮」(後3・00)に出演し、この冬に独身女性とその飼い犬と一日を過ごしたところ、20代のころから悩まされてきた片頭痛のような症状が「ポーンと飛んだ」と劇的に改善したことを明かした。

    さんまはかねて再婚の意志があることを明言しており、同番組においても聞かれ、「したい」と述べた。この冬にはとりわけその思いを強くしたという。その理由についてさんまは独身の女性と一日を過ごしたことをあげた。さんまは「冬は寒いからあまり外出しない」と話し、そのように過ごそうとしていたところ、「独身の女性から連絡があった」と明かした。その女性とその飼い犬と、一日を過ごしたという。

    その結果、体に予想外の良好な結果が得られた。さんまには20代のころから悩まされていた片頭痛があり、疲れがピークに達すると頭から「卵形」のものが飛び出ていこうとすると独特の表現で説明した。さんまは「一日過ごしたらそれがポーンと飛んだ。会話したり、犬とじゃれあったりとか、とんでもなく体にいいことが分かったんや」と、「とんでもなく」の部分に力を入れ、実感を込めた。


    以下略で送りしております。
    全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000104-dal-ent




    ゼロの使い魔~双月の騎士~コンプリート
    ゼロの使い魔~双月の騎士~コンプリート


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ