ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
     清潔さに加えて美人。しかも、48歳にして男性の噂がまるでないという不思議さ。今、男たちの間で、もっとも熱視線を浴びている熟女優といえば石田ゆり子だ。そんな彼女が、近く「純白パンティー」で写真集を出版するといわれている。

     現在、彼女はフジテレビ系の月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』に出演中。篠原涼子(44)演じる主婦の佐藤智子が、市議会議員になって奮闘するストーリー。石田は、智子のブレーン役として新聞記者・平田和美役を演じている。
     「11月14日に代表辞任した小池百合子氏の『希望の党』ブームに乗って作ったようなドラマで、安さ丸出しで盛り上がらない。一般人主婦が突然議員になって活躍するのはいいが、遅きに失した形。第4話までの平均視聴率は7.8%。このままいっても10%割れの惨敗は必至でしょう。こんなことなら、篠原よりも石田主演の方がよかったともっぱらです」(テレビ雑誌編集者)

     実際、業界内でも石田の評価はうなぎ登りだ。来年1月放送の、木村拓哉主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)では、ヒロイン役としての出演が内定している。
     「番組タイトルのBGとはボディーガードの略。拳銃や殺傷能力が高い武器を持たず、警護対象者を守る民間警護人のことです。BGを演ずる木村が、警官であり、武器を携行するSPと対立していくストーリー。石田は、幅広い層の女性たちから憧れの存在として支持を受けている女性厚生労働大臣を演じます」(同)

     さらに注目するのは、共演する俳優陣だ。
     「かなり豪華な出演陣で脇を固めているのですが、ちょっとした見ものとなっているのが、その身長。江口洋介(185センチ)、斎藤工(184センチ)、間宮祥太朗(178センチ)、菜々緒(172センチ)と高身長ばかり。石田だって164センチと、決して小さくない。推定170センチといわれる木村が、どんな“上げ底演技”を見せるかも注目されています」(ドラマライター)

     石田は、ドラマに加え、大手CMにも多数出演。さらに個人事務所の社長として八面六臂の活躍中。当然、気になるのは男性関係だ。
     「本人は『今は仕事が楽しい』と語り、恋人不在を年中、公言している。インスタグラムにアップする画像も愛犬、愛猫しか登場していない。なんでも10数年前に結婚寸前までいった彼氏のDVのせいだとも噂されています」(女性誌記者)

     売れっ子女優で、独身美人社長。それでいて彼氏なしという、まさに奇跡の48歳。しかも、彼女にはファン垂涎の情報も浮上しているのだからタマらない。
     「来年春にも写真集を出すのではないかと囁かれているんです。実際、それが本当なら1996年以来の出版となります。実は、かなりのオファーが殺到しているようで、本人も50歳を目前に、きれいな肢体を残したいと思っているとか。最近、有名美容外科の院長も『彼女の肌年齢は30歳』と断言していました。それぐらい若々しいことは確か」(同)

     推定サイズはB83・W59・H85のCカップ美乳。もし出版したら、どんな写真集になるのか?
     「社長だけに、演出の決定権は彼女自身にあります。インパクトを考えて“純白下着”での写真集とも伝わっている。サプライズが好きな彼女のこと、“手ブラヌード”を仕掛けてくるかもしれません。しかし、なぜか昭和の香り満載の『純白パンティー姿』を拝みたいというファンの声が多いのも確かです。それでも30万部、ギャラ1億円は堅い。発売はK社とされます」(前出・テレビ雑誌編集者)

     “ワレメ”などネットでいくらでも見られる。それより、石田ゆり子の昭和の「純白パンティー」の写真集が見たいとの声が多いのはなぜ?

    http://wjn.jp/article/detail/7202256/
    http://images.wjn.jp/article/56/7202256-1-1.jpg





    ドラえもん2 のび太と光の神殿
    ドラえもん2 のび太と光の神殿


    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ