ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    かつてのスーパーアイドル・中山美穂(48)は、14年にミュージシャンで小説家の辻仁成氏と離婚した。愛息の親権を放棄した離婚の真相を告白するや、主婦層からブーイングの嵐が。アラフィフとなった今、正念場を迎えているのだ。

     今や「子供を捨てた母親」のレッテルが重くのしかかり、中山からスターのオーラが消えつつある。女性誌記者が振り返る。

    「離婚直後、中山はビューティー雑誌『美ST』で、家庭を捨てた理由について『好きな人と出会いました』と言い放ちました。
    音楽家のお相手、渋谷慶一郎氏(45)との交際には、所属事務所グループのトップも『別れなさい』と大反対していたのに突っ走った。そのため15年7月に歌手デビュー30周年記念のCD-BOXを発売した際も、周囲のバックアップ体制が盤石とならず、売り上げは伸びませんでした」

     ところが15年冬に渋谷氏と破局すると、中山は事務所に泣きつくことになる。

    「育ての親でもある芸能界のドンに謝罪。バックアップを約束されると、しだいにメディアへの出演機会は増えました。17年4月には月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)でメイド役を務めたり、お菓子メーカーのCMに起用された」(女性誌記者)

     今年5月には、主演映画「蝶の眠り」(KADOKAWA)も公開されたが──。

    「大コケでした。年の差恋愛を描いた作品は中山の恋愛体質とダブり、女性層の反発を招いてしまった」(スポーツ紙芸能デスク)

     苦難の中山は、なんとか復活しようと模索を続けているのだという。

    https://www.asagei.com/excerpt/110059




    Tlicolity Eyes Vol.2
    Tlicolity Eyes Vol.2


    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ