ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    ご当地アイドルだった少女が自殺したのは、事務所のパワハラなどが原因だったと、遺族が涙ながらに訴えた。

    大本萌景(ほのか)さんの母親・大本幸栄さんは、「親族は、3月21日に最愛の娘を失いました」と話した。

    愛媛県のご当地アイドルのメンバーだった大本萌景さん(当時16)は、2018年3月に自殺した。

    遺族は、大本さんが過密なスケジュールを相談したところ、事務所側から「世の中ナメるにもほどがあるぜ」などと返されるなど、パワハラ行為などが原因で自殺したと主張し、12日、松山地裁に提訴する。

    一方、当時の所属会社の佐々木貴浩代表取締役は、「今回の提訴に関しては、真実にあったこと、ちゃんと裏付けがあること、萌景ちゃんとのやりとりで言ったこと、交わしたことはお伝えしていこうと思います。

    それは裁判の場で」、「(やめるなら1億円支払えと電話で言われたと、遺族が主張しているが?)一切ございません」などと反論した。

    動画ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181012-00402972-fnn-soci




    Tlicolity Eyes Vol.3 予約特典(ドラマCD)付
    Tlicolity Eyes Vol.3 予約特典(ドラマCD)付


    コメント一覧

    1. 名前:ジャギ   2018年10月12日 10:50 ID:BYlEJMqF0
    当事者が亡くなっているので真実は解明出来ないが本人が仕事をナメてたので恫喝していた
    ってとこかな イヤなら辞めれば良いんだ アイドルとやらになりたいコはごまんといる

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ