ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
     松本人志の発言が物議を醸している。

     発端となったのは愛媛県のご当地アイドルが16歳でみずから命を絶ったニュースを伝えた10月14日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)。

     同番組で松本は「ボクは『やっぱり死んだら負け』ということをもっとみんなが言わないと」「死んだらみんながかばってくれるっていう風潮がすごくイヤ」とコメント。

     力強く生きる必要性を率直に語った松本だが、ネット上では賛同以上に「死者にムチ打つ言葉だ」など批判の声が続出。

     批判を受けた松本は17日、自身のTwitterで〈自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。〉と綴った。

     松本発言を巡るネット上の騒動は、業界内でも注目を集めている。

    「このところネットで松本さんの“アンチ”が急激に増えましたね」とはテレビ関係者。続けてこう言う。

    「今回の『死んだら負け』発言だけでなく、今年2月の『ワイドナショー』でネットカフェ難民について『ちゃんと働いてほしい』と発言した時もネットで猛烈に叩かれました。こうした松本さんの発言を厳しく批判する人に共通しているのは、いわゆる『リベラル』で人権問題に関心があるということ。今では“元女子アナの芸能人”まで『アンチ松本』を公言しているんですよ」

    「アンチ松本」の元女子アナとは。

    「元TBSアナの小島慶子です。彼女が人権を守る立場から『松本さんの誤り』について周囲に熱っぽく語っているのは業界内では有名な話。彼女からすれば、今回の『死んだら負け』発言も許せるわけがない。昨年末の『ガキ使』で放送されたベッキーに対する“タイキック”についても彼女は『いじめやハラスメントになる』とTwitterに投稿していたほど松本さんと考えが合わないんです」(前出・テレビ関係者)

     今後さらに「アンチ松本」の芸能人が増えるかもしれない。

    (白川健一)

    https://www.asagei.com/excerpt/114443
    https://img.asagei.com/wp-content/uploads/2018/10/20181019_asagei_matsumoto.jpg





    Tlicolity Eyes Vol.3 予約特典(ドラマCD)付
    Tlicolity Eyes Vol.3 予約特典(ドラマCD)付


    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ