ヘッドライン

    お勧め記事

    2016年08月

    はてなブックマークに追加
    様々な噂が飛び交う芸能界。特に近年、話題に多く上がるのが整形疑惑である。テレビで質問されて
    「整形してます」とあっさりカミングアウトしたり、逆に話題にすること自体がNGであったりと、対応は
    その芸能人によって様々だ。
    そんななか、高須クリニックの院長であり、美容外科・整形外科界の権威である「高須克弥(たかすかつや)」
    さんが、ツイッター上に投稿されたある女性の顔写真を見て、有名アイドルであることを知らずに衝撃の
    コメントを言い放った。

    ・高須院長があるアイドルの鼻についてコメント
    今回、高須院長がツイッター上でコメントしたのは、HKT48及びAKB48のメンバーとして活躍するアイドル、
    “ はるっぴ ” こと「兒玉遥(こだま はるか)さん」の鼻についてだ。
    とあるツイッターユーザーが、兒玉遥さんであることを明かさぬまま写真を投稿して、「2年で鼻筋が
    ここまで伸びる事はあるのでしょうか?」と高須院長へ向けて質問をしたところ、高須院長はその
    兒玉遥さんの写真を見て……

    「ヒアルロン酸の射ちすぎはプチ整形の範疇を超えるからやってはいかん」と若い医者たちに講義したのに
    もう忘れとる( ω-、)
    額と鼻が同じ高さはギリシャじんだよ。不自然だよ。
    普通の鼻に戻してあげるから来なさい。

    と返答したのである!

    ・怒り気味のファンに対してもキッパリと言い切る
    続いて、その質問者とは別のツイッターユーザーが「誰も触れてはならないという暗黙のルールを
    破りやがったな」とやや怒り気味にコメントすると、高須院長はそれに対し……

    だれでもわかる。周知の事実ではないの?王様の耳はロバの耳

    と、さらにキッパリと言い切ったのだ!! 

    ・芸能界に一石を投じるコメント
    高須院長のこのツイッター上での一連のコメントは、兒玉遥さんが過去に鼻を高くする整形手術を
    したと言っていることは明らかである。しかし、投稿された写真自体が厳密に撮影されたものでは
    ないため、兒玉遥さんが本当に施術しているのかどうかは未だ定かではない。
    そして、整形疑惑が絶えない芸能界に一石を投じる形となった「額と鼻が同じ高さはギリシャじんだよ。」
    という高須院長のコメントも大変気になるところだ。今後、テレビで芸能人の横顔を見るとついつい
    額と鼻の高さを確認してしまいそうで、なんとも複雑な気分である。

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2016/08/31/794090/
    高須医院長のtwitterでの発言
    https://twitter.com/katsuyatakasu/status/770516692086562816



    はてなブックマークに追加
    スポニチアネックス 8月31日 13時4分配信

     タレントの遠藤久美子(38)が結婚、妊娠を発表した。所属事務所が31日、
    報道各社にFAXで発表。お相手は映像作家で映画監督の横尾初喜氏(37)。

     「この度、遠藤久美子は7月に映像作家である、映画監督の横尾初喜さんと
    入籍致しました事をご報告申し上げます。お腹には来年春に出産予定の赤ちゃんを
    授かっております」と報告した。

     馴れ初めについては「数年前に映画の撮影現場でご一緒し、去年12月に
    再会した際、連絡先を交換しました」と明かした。

     遠藤は1990年代に“エンクミ”の愛称でバラエティー番組を中心に人気を博し、
    現在は女優業を中心に活躍している。

     横尾氏は長崎県出身の37歳。映画「PLAN B」(16年)や「ゆらり」
    (17年公開予定)の監督を務めている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000085-spnannex-ent



    はてなブックマークに追加
    TVドラマOA中、映画公開目前の超絶人気マンガ『闇金ウシジマくん』を、希代の経営者が読み解くと……。堀江貴文氏の新感覚の著書『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』が発売されるのを前に、オリジナル考案「“最響”の箴言」の一部を特別公開します!

    ■カネは人々の信用を数値化したもの

    私のメルマガにはよく、カネがなくてやりたいことができないとの相談が寄せられる。カネ儲けの具体的な方法についてのアドバイスを求めてくる輩もいる。そんな人たちに、改めて言いたいことがある。

    人生はカネじゃない。カネに執着して働き、生きるのは、今すぐやめるべきだ。カネの本質を知ろう。カネとは、人々の信用を数値化したものにすぎない。『闇金ウシジマくん』でウシジマは、1万円札の原価は約28円だと紹介し、お札自体には何ら価値がないと説いた。多くの人が価値ありと認めているから、紙幣の価値は担保されているのだ。

    すなわちカネとは、信用を数値化したものにすぎない。だから、「カネがなくて困っている」と嘆くのは、「自分に信用がなくて困っている」というのと同じ意味だ。一時的な収入があれば問題が解決できるわけではない。自分自身の信用をいかにして作り出すかという考え方をして生きていかないと、カネで困る人生はいつまでも続くだろう。

    大事なのはカネを稼いで、何を遂げていくのか、どんな実現を目指していくのかだ。カネはあくまでそのための手段であり、カネ儲けが目的であってはならない。このことを理解できていないと、実体のないカネに翻弄され、貴重な人生を食いつぶすことになる。

    何事も、手に入れるべきはカネではなく、信用がすべてなのだ。

    http://dime.jp/genre/files/2016/08/DSC_2115.jpg

    http://dime.jp/genre/files/2016/08/COVEROBI-11.jpg

    http://dime.jp/genre/287234/1/



    はてなブックマークに追加
    『AKB48』の柏木由紀(25)に、年収が3,000万円以上ある、という情報が出ている。

    AKBの給与にはさまざまな噂があるが、あまり芳しい話は聞かない。
    「テレビに出ない劇場通いだけのメンバーには、電車賃すらもらえない人もいます。
    これは一部週刊誌に末端の複数人のメンバーが告白していますし、AKB内は待遇の差が天と地ほどあるようです」(アイドル評論家)

    AKBグループで収入が最も多いのは、『HKT48』の指原莉乃23)だと言われている。

    「インターネット上では、指原の年収は7,000万円だという説が出ていますが、そこまでの金額ではないでしょう。
    今年、雑誌A誌は指原の年収が4,500万円だという記事を掲載しました。そのあたりが妥当であるとも考えられています。

    指原は各メディアへの出演数も抜きん出ているため、最も収入が多いというのは間違いありません。
    指原に次ぐのは、CMに多数出演している小嶋陽菜(28)で、4,000万円です」(同)

    そして柏木は、A誌で年収2,800万円と記載されていた。だが、実際には3,000万円以上なのだという。

    「柏木は、8月10日に放送された『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演し、ケンドーコバヤシやノンスタイルの井上裕介と収入の話になりました。
    A誌に掲載された金額や、リスナーの投稿もあり、『年収2,800万円だろ!』と指摘されました。

    通常、芸能人が芸能人に対して収入を聞く場合、あらかじめだいたいの額を知っていて2~3割は安く言うのがマナーとされています。
    ラジオで2,800万円だと触れたため、彼女は年収3,000万円以上という理屈なのです」(芸能事務所関係者)

    柏木は、今年の選抜総選挙では5位だった。年齢的なものを考えても、今後にこれ以上の上位に食い込むことは期待できない。
    現在はテレビのレギュラー出演番組もない。CMには1社だけ出演しているのみだ。

    「柏木はもともと圧倒的な人気者でもなかった。過去には『モーニング娘。』のオーディションで落選した経験もある。
    でも、彼女はAKB内でも卒業した篠田麻里子とともに待遇が圧倒的にいいと言われてきたのです」(AKBライター)

    確かに、わずかな出演数とCMだけで、3000万円以上の年収になるのは異常だ。

    「ジャニーズ事務所の手越祐也に抱擁されている写真を、一部週刊誌が掲載しました。そのため、陰では“ジャニーズの紹介屋”ではないかとの評判もある。
    恋愛禁止のAKBにあって、下手に卒業させて暴露されるより、高給で口止めしていたほうがいい。
    ジャニーズ事務所と繋がっていることを明かされると、AKB自体が軽い下半身集団だと見られます」(同)

    柏木は現在も彼氏がいないことを公言している。
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-9016/
    https://news.nifty.com/cms_image/news/entame/12156-9016/thumb-12156-9016-entame.jpg




    はてなブックマークに追加
    スポニチアネックス 8月31日(水)4時4分

    男性5人組バンド「ORANGE RANGE」のボーカル・YAMATO(32)と
    人気モデルでタレントのマギー(24)が真剣交際していることが30日、分かった。

    関係者によると、数年前に音楽仲間を通じて知り合い、意気投合。
    少なくとも1年以上前から交際している。2人でバリ島に旅行する様子が目撃され、
    マギーがたびたびORANGE RANGEのライブに訪れる姿は音楽ファンの間では有名だった。

    交際について、お互いの家族にも報告しており、2人の知人は
    「結婚も視野に入れているかもしれません」と話している。

    YAMATOは、沖縄県出身のメンバーで同バンドを結成し、03年にメジャーデビュー。
    目鼻立ちのはっきりとしたイケメンぶりや、ライブでのユーモラスなMCでも人気を集めている。

    マギーは父がカナダ人、母が日本人のハーフで、キュートなルックスと1メートル71の
    抜群のスタイルで活躍。音楽好きで、昨年から日本テレビの音楽番組「バズリズム」
    (金曜深夜0・30)の司会を務めている。

    今月18日に登場したイベントでは、夏の思い出を聞かれて「フェスに結構行ったこと」と話していた。
    日本テレビの情報番組「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)に月曜レギュラーとして出演中で、
    来週の番組で交際を報告するか注目される。
    2人の交際について、あす9月1日発売の「女性セブン」も報じるとの情報もある。

    ◆YAMATO(やまと)
    1984年(昭59)1月14日、沖縄県出身の32歳。
    01年にバンドを結成し、03年に「キリキリマイ」でメジャーデビュー。
    同年発売の「上海ハニー」で大ブレーク。翌年発売の「花」は映画の主題歌にもなりロングヒット。
    04、06年にNHK紅白歌合戦に出場した。

     ◆マギー 
    1992年(平4)5月14日、神奈川県出身の24歳。
    08年の「レプロガールズオーディション」をきっかけにモデルデビュー。
    デビュー1年目でフジテレビ「すぽると!」のレギュラーに抜てき。
    ファッション誌「ViVi」の専属モデルを務めている。
    1メートル71、B80W59H84。


    ・真剣交際が明らかになったマギー(左)と「ORANGE RANGE」のYAMATO
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160830-00000152-spnannex-000-1-view.jpg

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000152-spnannex-ent.view-000
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000152-spnannex-ent


    ∥関連∥
    マギー 「ORANGE RANGE」のボーカルYAMATOと焼肉デート
    http://parts.news-postseven.com/picture/2016/08/1633_maggyy.jpg

    http://www.news-postseven.com/archives/20160831_443875.html



    はてなブックマークに追加
    「SMAPの解散は、やっぱり受け入れられない」。
    ツイッターでは今、ハッシュタグ「#SMAPは終わらせない」などを中心として解散阻止のための活動や情報交換が行われている。

    そこでは、新聞の投書欄に思いを投稿しようとか、CDやDVDを購入しようなどといった様々な取り組みが行われているが、
    中にはトンデモなものがあるとして批判されている。
    それは首相官邸HPにある「ご意見募集」に要望を送ろうというものだ。
    官邸の担当者は「迷惑でしかない」と不機嫌そうだった。

    「日本国民として書いても良いのではないでしょうか」
    問題の呼びかけは2016年8月19日、

    「今回のSMAP解散騒動、日本国民として意見要望を書いても良いのではないでしょうか。 内閣府へは此方へ 東京都へは此方へ」
    とツイートされた。「内閣府」とされるURLをみると、首相官邸HPの「ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご要望)」に繋がっている。
    「東京都」のURLをクリックすると「アクセス制御」の文字が出て繋がらない。
    提案者がどうして「SMAP」の解散阻止を官邸に訴えようとしたのかは不明だが、
    おそらく国民的アイドルであることや、ひょっとしたら政治の力を使って芸能界に圧力をかけてもらおうとしたのかもしれない。
    16年8月30日17時現在のリツイート数は約300で、それなりに賛同者はいるようだが、
    ネット上ではこの呼びかけに対し「SMAPファンの奇行」だとして批判が噴出している。掲示板には、

    「措置入院で」
    「これでまたSMAP解散したら安倍のせいになるんかw」
    「ジャニオタあほすぎワロスwwww これはひどいwwww 自分でおかしいの気づかないってどんだけwwww」
    「国の力で解散させないとしても当のSMAP本人達のモチベーションはどうなの? 無視なの?」
    などといった書き込みが掲示板に出た。

    J-CASTニュースが8月30日、官邸HPの「ご意見募集」担当者に取材したところ、まず、こうした運動があるというのは初めて聞いた、とし、

    「そもそも官邸はジャニーズ事務所ではないし、SMAP解散とは何の関係もない。
    笑い事でもないし本当に意味が分からない。メールや電話をしてこられても迷惑でしかない」
    とかなりの立腹だった。「SMAP」を解散させたくない熱意は伝わるが、的外れな企画だったようだ。

    メンバーのラジオ番組に要望書を出すという計画も
    ツイッターのハッシュタグ「#SMAPは終わらせない」などで現在も解散を回避するための呼びかけや情報交換が盛んだ。
    ここ最近の話題としては、毎日新聞の川柳欄に、

    「スマップが居なくなるのか我が老後」
    という川柳が掲載された、と喜んでいたり、各メンバーのラジオ番組にグループ活動存続の要望書を出そう、といった呼び掛けがあったりする。そして、

    「もうSMAPは解散決まってるから、ファンが何しても駄目でしょうと思ってる人達が居るが、諦めません。
    前例が無ければ作れば良い。SMAPがそうして来た様に」
    といったツイートが出ている。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-276478/
    2016年08月30日 18時07分 J-CASTニュース



    はてなブックマークに追加
    デイリースポーツ 8月30日(火)21時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000087-dal-ent
     AKB48の峯岸みなみ(23)が30日、日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」に出演。
    笑顔で“汚ギャル”ぶりを告白した。

     「ずぼらなんです、めっちゃ」と切り出した峯岸。「シーツを替えた覚えがない」「1人暮らししてて、
    掃除機かけた覚えがない」「バスタオルも1枚で2、3日は使える」
    「ブラジャーは2回(2日)くらいいける」などと自信満々にアピール。

     「ズボンはわりと(洗わなくても)大丈夫」と力説し、その理由を「だってパンツはいてますもん」と主張。
    森三中の大森美幸から「パンツからしみ出てますよ!」と忠告されると、必死で「出てない!」と否定していた。

    画像 峯岸みなみ
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160830-00000087-dal-000-2-view.jpg




    はてなブックマークに追加
    8月23日に強姦致傷で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)。
    母で女優の高畑淳子(62)には2度の離婚歴があり、女手ひとつで裕太を育てあげたシングルマザーとして知られる。

    今回の事件をめぐる報道では、裕太の父を高畑の2番目の夫である“一般人男性”とする報道が目立った。

    だが、ある演劇関係者は首を傾げる。

    「裕太君の本当の父親は高畑さんの離婚した夫ではなく、彼女と親しい役者だと噂されてきました」

    その“役者”こそが、こちらの男性。
    『相棒』(テレビ朝日系)の“三浦刑事”役などで知られる、大谷亮介(61)だ。

    「週刊新潮」の取材に対し、高畑が所属する青年座映画放送は2人の子であることを認めた。
    大谷は当初、否定していたが、再度の取材にこの事実を認めた。

    「そのことについては否定しません。裕太さんは私と淳子さんの息子です。
    私は過去に淳子さんと結婚を前提にお付き合いしていましたが、結婚には至りませんでした。その後は、親密な交流は控えてきました」

    9月1日発売号では、大谷の告白と共に詳しく報じる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00511896-shincho-ent
    デイリー新潮 8月30日(火)18時40分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggyXEl1UPacnNzuylCHTpuQQ---x284-y400-q90/amd/20160830-00511896-shincho-000-5-view.jpg

    高畑裕太容疑者の実父である、俳優の大谷亮介さん(61)



    はてなブックマークに追加
    スポーツ報知 8月30日(火)18時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000121-sph-ent
     タレントの森脇健児(49)が30日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にゲスト出演し、
    年内の解散を発表したSMAPに集合を呼びかけた。

     森脇は1990年代前半にフジテレビ系で放送された深夜バラエティ番組
    「夢がMORI MORI」でSMAPのメンバーと共演し、司会を務めていた。
    出演者たちによるキックベースで対戦するコーナーが当時ブームになるなど、
    同番組をきっかけにSMAPの人気に火がついた。

     MCのふかわりょう(42)から、「SMAPさんにキックベースで集合しないかと声をかけられないですか?」
    とむちゃぶりされた森脇は、「あの時交わした連絡先、全員変わっているんですよ」と現状を報告。

    しかし、2006年の「SMAP×SMAP」スペシャル内で11年ぶりに「スーパーキックベース」で再戦したことや、
    15年3月の「SMAP×SMAP スマスマ初のスター大運動会SP!!」で共演をしたこともあげながら、
    「みんな、またやろうや!」とメンバーに集合を呼びかけていた。

    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160830-00000121-sph-000-3-view.jpg




    はてなブックマークに追加
    ■私は今日沈黙してはいられませんでした

    8月26日の夜、彼女からメールがあった。「高畑裕太の事件、わかってると思います。そのことで明日電話したい」、そういう内容だった。

    彼女の名はキャサリン・ジェーン・フィッシャーさん。オーストラリア出身で1980年代に来日し、日本に暮らしている。テレビでタレント活動をしていたこともあった。2002年の4月、彼女は神奈川県横須賀市で在日米軍の米兵からレイプ被害に遭った。警察からの取り調べで深刻なセカンドレイプに遭ったことや、アメリカに帰国してしまった犯人を見つけ出して裁判を起こし、勝訴したことなどを、『涙のあとは乾く』(井上里訳/講談社/2015年)にまとめている。私は取材を通して彼女と知り合い、その後交流を続けている。

    27日の夕方、ジェーンさんに電話をかけた。彼女は怒っていた。事件についてはもちろん、26日に行われた容疑者の母、女優の高畑淳子さんの会見について怒っていた。私は26日に公開した自分の記事で、一部の報道に対して抗議のメッセージを募っていたため(現在も更新中)、ジェーンさんもメッセージを寄せてほしいことを伝えた。

    快く応じてくれたが、彼女が伝えたいメッセージは、報道への抗議にとどまらなかった。電話で聞いた言葉をまとめた私の文章に対して、彼女はもどかしそうに、「自分でメッセージを書いた。俳優の母の会見について言いたい」と言った。

    彼女から届いたメールを訳したものを、下記に載せる。ヤフーニュース個人はオ―サーが取材した内容や、社会問題についてのオ―サーの意見を書く媒体だが、彼女からのメッセージをすべて載せることには意味があると私は考えている。高畑淳子さんの会見に関する部分と、被害者の方に対する部分の2つに分けて紹介する。

    以下全文
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogawatamaka/20160829-00061632/



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ