ヘッドライン

    お勧め記事

    2017年08月

    はてなブックマークに追加
     昨年末に解散したSMAPの元メンバーである稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(43才)、
    香取慎吾(43才)の3人が、メジャーデビュー記念日の前日である9月8日をもって、
    契約満了でジャニーズ事務所を退社する。

     気になるのは、退社後の3人の仕事だが、香取の『SmaSTATION!!』は9月で終了するが、
    稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、草なぎの『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)、
    香取の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)は継続することが決まっている。

     そんななか、草なぎはすっかりリラックスモードのようだという。

    「親しいタモリさんに今後について相談していた時期もありましたが、“なるようになる”と
    いうようなことを言われて悩みが吹っ切れたようです。最近は友人とドライブやBBQを
    楽しむ毎日です。表情も明るく、周囲には『古着とバイクを売れば生きていけるでしょ』と
    冗談めかして話しています」(草なぎを知る関係者)

     今年の春から飼い始めた愛犬のフレンチブルドッグを連れて、自宅の近所を散歩する姿も
    よく見かけられている。

    「高級スーパーでお肉や野菜、果物を買う姿もよく見ます。あごひげがボーボーに生えていて、
    アイドル時代には見られなかったワイルドな風貌でした」(近隣住民)

    ※女性セブン2017年9月14日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170831-00000017-pseven-ent



    はてなブックマークに追加
     女優の真木よう子(34)が主演を務めるフジテレビの連続ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜後10・00)が
    9月7日放送の第9話で最終回を迎えることが31日、分かった。真木がツイッター(既にアカウント削除)を開設し、
    精力的に宣伝したものの、視聴率で苦戦していた。

     番組平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、初回5・1%とスタートから低迷。第2話=4・5%、
    第3話=4・8%、第4話=4・4%、第5話=3・8%、第6話=3・7%、第7話=4・4%と推移。
    一時は3%台に落ち込んだ。第8話は31日に放送される。

     共演は吉瀬美智子(42)伊藤歩(37)板谷由夏(42)長谷川京子(39)金子ノブアキ(36)徳井義実(42)
    リリー・フランキー(53)ら。

     原作は直木賞作家の唯川恵氏(62)の同名小説。ファッション誌業界を舞台に、幸福を探し求める女性たちの姿を描く。
    脚本は「嫌われる勇気」などの、ひかわかよ氏。プロデュースは太田大氏、金城綾香氏、浅野澄美氏。
    演出は澤田鎌作氏、並木道子氏、高野舞氏。主題歌は夜の本気ダンスの「TAKE MY HAND」。

     真木は今月25日、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングの専用サイト「CAMPFIRE」を
    利用してフォトマガジンを自主制作し、12月に開催される「コミックマーケット93(冬コミ)」
    参加することを表明。しかし、高額の800万円の支援を求めたため、自費出版が原則のコミケへの理解を含めて
    批判的なコメントが相次ぎ、28日に冬コミ参加を撤回。30日にはフォトマガジン出版企画自体も中止した。

     29日にはツイッターアカウントを削除。同日「セシルのもくろみ」の撮影もキャンセル(30日は参加)し
    “トラブル”が相次いでいた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000107-spnannex-ent



    はてなブックマークに追加
    abemaTVの番組『マジガチランキング』(毎週水曜よる8時~)でこのほど10代男子が選ぶ『なりたい顔の芸能人』と『なりたい顔の芸能人』のランキングを発表した。

    を務め、10代の男女にとったアンケート結果を、大人の事情を無視して紹介していくバラエティ番組。

    ◆10代男子が選ぶなりたい顔の芸能人1位は…


    10代男性298人に聴取したというランキングを発表。1位は「肌が透明で鼻が高いからなりたい。鼻を交換したい」「目を自分と変えてほしい」「塩顔がかっこいい」という理由から福士蒼汰が選ばれた。

    2位は、「見ただけでめっちゃいけめんで憧れ。小顔で高身長」「純粋にかっこいい。他にはない顔」「目がくっきりしてかっこいい」「笑っている表情が好き」などの理由から山粼賢人、3位は「かっこいいんでなりたい。モテたいから。いろんな女子と付き合いたい」「眉毛がくっきりして顔が整っていて憧れる」という理由から菅田将暉という結果だった。

    ◆3位~10位にランクインしたのは?


    また、「男女ともに受ける好青年」「食べてる時がかっこいい。崩れない」という理由で向井理が4位、「ジャニーズの中でもかっこいい。目がかっこいい」「目が好き。ちょっと流し目が印象的で憧れる」で山下智久が5位だった。

    6位は「甘い顔なのでなりたい」「目つきが優しい」で福山雅治、7位は「るろうに剣心がかっこよかった」「目が殺気立ってる。眼力がある」で佐藤健、8位は「嵐で一番かっこいい」「優しくて誰でもとりこにしちゃう」で嵐の櫻井翔だった。

    さらに、9位は「どストライク。すごくかっこいい」「俳優なので演じているときがかっこいい」「鼻がかっこいい」という理由で小栗旬、10位は「目が細くて顔がシュッとしているから」「自分が暑苦しいのでクールな顔になりたい」「眉毛が好き」で綾野剛だった。

    一方、なりたくない顔の1位はフットボールアワー岩尾望、2位がNON STYLE井上裕介、3位はアンガールズ田中卓志だった。(modelpress編集部)

    ◆なりたい顔の芸能人

    1福士蒼汰
    2山粼賢人
    3菅田将暉
    4向井理
    5山下智久
    6福山雅治
    7佐藤健
    8櫻井翔
    9小栗旬
    10綾野剛
    11ディーン・フジオカ
    12明石家さんま
    13木村拓哉
    13二宮和也
    15稲葉浩志
    16松坂桃李
    17GACKT
    18坂口健太郎
    19徳井義実
    20長瀬智也

    ◆なりたくない顔の芸能人

    1岩尾望(フットボールアワー)
    2井上裕介(NON STYLE)
    3田中卓志(アンガールズ)
    4日村勇紀(バナナマン)
    5吉田敬(ブラックマヨネーズ)
    6坂上忍
    7ピコ太郎
    8カンニング竹山
    9山根良顕(アンガールズ)
    10鈴木拓(ドランクドラゴン)

    2017年8月31日 8時21分 モデルプレス
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13545111/



    はてなブックマークに追加
     ジャズトランペット奏者の日野皓正氏が、東京都世田谷区で20日にあったコンサートの最中、
    ドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかんで顔を往復ビンタしていたことが31日、
    区教育委員会への取材で分かった。生徒にけがはなかった。

     フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)では同日、この話題を特集した。
    MCを務めるタレントの坂上忍(50)は、「ビンタ程度はやられる側として、暴力として
    感じていなかった。悪いことすればビンタぐらいされていたので」と少年時代を振り返りつつ、
    子役出身で現在は子役育成にも尽力する立場から、
    「たたかないし、たたく必要がないし、いまのご時世たたいちゃだめだし…。
    三拍子そろっている。だからこそ、もったいない」と日野の行動を残念がった。

     日野とは過去にチャリティーの関係のイベントで一緒になったといい、
    「世界で活躍している人にありがりな超フレンドリー、誰も分け隔てない、明るくて優しい
    イメージだった」と印象を語ったうえで、「あんなにたたくというのが…。
    熱い人だと感じるけど、熱いのと手を上げるのは別」と驚きを隠せない様子だった。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000535-sanspo-ent



    はてなブックマークに追加
    有村架純が主演している朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)に出演中で、元『AKB48』の島崎遥香の演技が「あまりに情けない…」と評判だ。
    第20週(8月14~19日)はそれなりに露出を見せたが、みね子(有村)に由香(島崎)は怒られる場面ばかりだった。さらにはみね子の親友の時子(佐久間由衣)にまで説教されている。

    「由香はみね子が働く『すずふり亭』でシェフをしている牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘です。母親の死がきっかけでぐれてしまい、結婚すると言って家を出てしまう(実際は同棲)。
    その後、仕事をせずふらふらし、すずふり亭の経営者で省吾の母である牧野鈴子(宮本信子)や省吾に金を無心しているときに、みね子と出会ったのです」(NHK関係者)

    その後、由香はみね子と仲よくなり、みね子の行きつけのバー『月時計』で時子らとともに話し合う機会を持つようになる。

    「由香は省吾へ“愛情の裏返し”で金を無心することのだといい、本当は父が好きだと明かします。その言葉にみね子は同情するどころか怒りを露わにし、奥茨城弁で『親からお金もらっちゃだめだ』、『わたしも時子も仕送り送っている』と厳しく言われ、時子にまで説教をされるのです。ファンを『キモオタ』と呼び、握手会への出席を拒否して労働意欲を見せない島崎と、由香は本当にそっくりです」(同・関係者)

    ■島崎中心のストーリーで視聴率急落

    役柄の設定も相まって、島崎の演技は酷評されている。

    「女優宣言をしてAKBを辞めたのは、笑い話になっています。ドラマでは、みね子や時子の引き立て役以上の存在になれず、いてもいていなくてもいい役柄です。さらには、イベントやライブのときに見せていた、ふてくされたような雰囲気ばかりが目に付き、女優でやっていけるのか疑問が残ります」(テレビ雑誌編集者)

    さらに、島崎が中心にストーリーが展開した第20週は、平均視聴率が20.9%で、18週と19週に2週連続で記録した22.4%から下落した。

    「朝ドラのファンからも《由香って誰?》、《嫌いなタイプ》とインターネット上で酷評されています。なかには《キモ女だし、早く消えて》といった、辛辣な投稿もありました」(同・編集者)

    ファンを「キモオタ」とバカにしていた島崎が、今度は「キモ女」扱いされようになっている。

    https://myjitsu.jp/archives/30051



    はてなブックマークに追加
    AKB48の都道府県代表メンバーで結成されたチーム8の福井県代表メンバー長久玲奈(ちょう・くれな=17)が30日、日本テレビ系「エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP」に出演した。

    長はチーム一の不思議系美少女として知られるが、番組では「AKB48のお笑いシンガー」と紹介され、サンドウィッチマン、ノンスタイル、タカアンドトシなど人気お笑いグループが出演した番組のトリで登場した。

    「皆さん、初めまして、AKB48の長久玲奈です。わたしは福井県に住んでいるんですけど、あまり知られていないので、今日は歌にして、福井のことをを紹介したいと思います」と自己紹介。
    得意のギターを手に、地元福井県をテーマにした「すごいんだよ福井」を弾き語りした。

    楽曲は「<歌詞>全国のランキングっていっぱいあるけれども 福井が3位のものもあるんだ 『場所が分からない県』」と、自虐を込めて福井を紹介する、自作のオリジナル曲。
    佐賀県を題材にしたはなわのベース漫談のアイドル版といった内容で、笑いを取った。

    長は父の手ほどきで小学生のころからギターを始め、コンサートなどでの演奏は名物になっている。
    1月クールで放送されていたバラエティー番組「AKBチーム8のブンブン! エイト大放送」では、ネガティブなフォーク歌手「うしろむき」をコントで演じ、評判になっていた。
    関係者によると、同番組を見ていた同局役員が、「エンタの神様-」出演を強く推薦し、出演が実現したという。

    長は放送後、トークライブアプリ755を更新し、「見てくれた方ありがとうー 一番最後やった…知らなかった…」と驚きつつ、ファンの好反応に「頑張って作ってよかった~」とほっとした様子をコメントしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-01880303-nksports-ent

    「エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP」 長久玲奈
    http://pbs.twimg.com/media/DIegI3LV4AANMXW.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/DIegJzTUMAEPt3e.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/DIec2l_VoAA44v1.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/DIec2lxUMAACzXq.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/DIec2luUQAAb5-D.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/DIec2l8UMAI613o.jpg


    AKB48チーム8福井県代表 長久玲奈
    http://pbs.twimg.com/media/DESs7RvV0AA831k.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/DBuLHYxVwAAOYTJ.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/DHQJJHwVYAE_PbF.jpg




    はてなブックマークに追加
     女優の真木よう子(34)がフジテレビの主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜後10・00)の29日の撮影をキャンセルしていたことが30日、分かった。真木は資金募集サイトを利用して自身の写真集を制作し、コミックマーケット(同人誌即売会)に参加すると表明したところ、その手法にインターネット上で批判が殺到。謝罪コメントを出す事態に追い込まれ、主演ドラマも視聴率が低迷しているだけに、体調が心配されていた。

     真木は25日、東京・有明で12月29~31日に開催予定のコミックマーケット93(冬コミ)で自身のフォトマガジンを頒布すると表明。しかし、参加者の抽選も終わっていない段階で、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングの専用サイト「CAMPFIRE」を利用して、写真集制作には高額の800万円の支援を求めたため、自費出版が原則のコミケへの理解を含めて批判的なコメントが相次いだ。

     これを受け28日、自身のフェイスブックで参加撤回を発表。コミケへの理解が足らなかったことを謝罪した上で「すべては無知な私の責任」とした。

     しかし、翌29日に自身のツイッターのアカウント名が「????騙(だま)された????」になり、説明がないままアカウント自体を削除。真木の様子が心配されたが「実はその日のドラマの撮影を突然キャンセルしたため、制作担当者は相当困惑していた。30日は現れたのですが…」(番組関係者)という。

     真木を利用し、苦境に陥れた存在として浮上してきたのが、クラウドファンディングを募った専用サイトの運営者ら。IT関係者は「有名芸能人に近づいて商売する彼らのお膳立てに、真木さんが乗っかってしまった」と背景を説明。スポニチ本紙の取材に運営者の一人は「彼女への提案を僕からはしていない。1カ月以内に私から経緯を説明します」と話した。

     ▼コミックマーケット 通称「コミケ」。漫画愛好家によるサークルなどが自主制作の同人誌などを販売。直近では今月11~13日に行われ延べ50万人を動員。タレントの叶姉妹の参加が話題を呼ぶ。

     【真木よう子“トラブル”の経過】

     ▼6月28日 ツイッター開設。100件以上コメントを返すマメさで話題に

     ▼7月11日 ベッドで土下座する写真をツイッターで公開し反響

     ▼同13日 第1話放送。初回平均視聴率は5・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同じ)

     ▼同27日 ツイッターに投稿された「胸が垂れた」との指摘に、「子供産んで授乳して34歳の本物のFカップは重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです」と返答し話題に

     ▼8月17日 第6話が放送。平均視聴率が同ドラマ最低の3・7%に

     ▼同25日 クラウドファンディングや制作費を募り、今冬「コミックマーケット93」でフォトマガジンを発売する計画を発表。批判を浴びる

     ▼同28日 自身のフェイスブックで批判への謝罪文を掲載

     ▼同29日 ドラマ収録をキャンセル。ツイッターを削除

    [ 2017年8月31日 06:45 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/31/kiji/20170831s00041000016000c.html



    はてなブックマークに追加
    29日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの大竹まことが、全国瞬時警報システム(Jアラート)の有効性に懐疑的な見解を示した。

    番組では、同日早朝に北朝鮮から発射された弾道ミサイルを取り上げていた。ミサイルは北海道上空を通過して太平洋に落下。発射4分後に
    東日本の12道県に対してJアラートによる情報伝達、及び注意を促していたという。

    コメントを求められた大竹は、まずJアラートの情報不足の観点に注目する。有事の情報というのは「いつ打ち上げ、どこに到着して、どのくらいの爆弾を
    積んでいて、どのくらいの大きさの被害があるのか」が分かる内容でなければならないというのだ。

    今回は大竹の言う情報が不明で、「4分後に来ますと言われても、どうしたらいいかわからない」と不満げに漏らす。さらに、国民ができる避難行動の限界を
    指摘しながら「そう(ミサイル発射に)ならない外交をするのがこの国の役目だろ!」と、声を荒げて主張していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13542618/



    はてなブックマークに追加
    8/30(水) 17:00配信

    J-CASTニュース
    24時間テレビで「築94年」駅舎リフォーム 地元大喜びなのに...鉄オタ「元に戻せ」

    リフォーム後の本銚子駅(画像は銚子電鉄公式サイトより)

     1923年に建てられた銚子電鉄・本銚子駅(千葉県銚子市)の駅舎が、「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の企画でリフォームされた。

    【写真】リフォーム前の駅舎

     生まれ変わった駅舎に地元住民からは歓迎の声が相次ぐ一方で、リフォームに複雑な思いを抱く鉄道ファンも。本銚子駅のノスタルジックな雰囲気が駅舎の改装によって「台無し」になったとして、「残念」「元に戻して」と嘆く声が出ているのだ。

    ■待合室にはステンドグラスも

     2017年8月26日、27日放送の「24時間テレビ」では、「ヒロミの24時間リフォーム~オンボロ駅を直そう!~」と題した企画が放送された。これはタレントのヒロミさん(52)が、番組の放送中に駅舎の「生改装」に挑戦するという趣旨だ。

     本銚子駅舎は築94年。一日平均の乗員人員は86人(千葉県統計年鑑、2015年度の数字)で、主な利用客は駅のすぐ側にある市立清水小学校の生徒たちだ。

     番組では、今回のリフォームは清水小学校の生徒たちが依頼したものだと説明。「崩れそうで怖い」「電気もついていない」という生徒の声を紹介しつつ、番組ナレーションでは、

      「あらゆるところが朽ち果てた本銚子駅の駅舎。運営する銚子電鉄も、『お金がなくて手が付けられない』という」

    と説明した。実際、リフォーム前の駅舎はトタン屋根の一部がはがれ落ちたり、壁に穴が開いたり......と、老朽化が進んでいた。

     いったい、ヒロミさんはこの駅舎をどう改装したのか。

     番組終盤に完成後の姿が披露された駅舎は、外壁にレンガ調のパネルが埋め込まれた「大正ロマン風」の仕上がり。サビだらけだったトタン屋根は、鮮やかなエメラルドグリーンに。待合室には、小学校の生徒たちが手作りしたガラスを埋め込んだ「ステンドグラス」も設置された。

     新たに生まれ変わった駅舎に、普段から駅を利用する生徒たちは感激。番組では、「すごいです!」などと興奮気味の生徒たちが、番組側にお礼の手紙を送る一幕も。思い思いに感謝の言葉を口にする生徒たちの姿に、ヒロミさんは涙をこぼしながら「よかった...」と呟いていた。

    「せっかくの風情が台無し」?

     だが一方で、このリフォームに複雑な思いを抱く人々もいる。それは、以前の本銚子駅のノスタルジックな雰囲気に魅力を感じていた鉄道ファン達だ。

     苔むした木の柱に、青黒く錆びついたトタン屋根。周囲にあるのはうっそうと茂る木々だけ。そんなかつての駅舎の光景に趣を感じていた人々から、ツイッターやネット掲示板には、

      「キレイにはなったが情緒もノスタルジーも無くなった」
       「せっかくの風情が台無し」
       「もう戻らないんだろうか」

    などと残念がる声が出ている。さらには、「ぶち壊しじゃねえか元に戻せ」などと強い語調で訴えるユーザーの姿もみられた。

     こうした鉄道ファンからの意見について、銚子電鉄はどう考えるのか。同社鉄道部の担当者は8月30日のJ-CASTニュースの取材に対し、

      「駅舎の改装後、地元の皆様には連日のように足を運んで頂いています。私どもに届いている意見は、『リフォームしてくれて本当によかった』と好意的なものばかりです」

    と話す。

     一部で改装を残念がる声が出ていることについては、「安全面を考えると、以前の状態を続けることも難しかった」と説明。その上で、

      「もちろん当社としても、本銚子駅の雰囲気は大切にしています。実際、日本テレビ側には『古さを残してリフォームして欲しい』との要望を伝えていましたから」

    とも明かした。

     担当者は取材の終わり、「個人個人で捉え方が違う問題ですので、難しい所ではありますが...」と前置きした上で、

      「鉄道ファンの皆様の思いは痛いほど分かりますが、ローカル線の大きな使命は『地域貢献』にあるとも考えています。今回のリフォームを受けて、普段から駅を利用されている地元の方々が喜んでいる。そこは、やっぱり大きいと感じますね」

    と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000008-jct-soci&p=2



    はてなブックマークに追加
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-01880057-nksports-ent
    日刊スポーツ

     HKT48の指原莉乃(24)が、ファンの体臭問題に言及。体臭を不快に感じたことは「ほぼない」と語った。

     SKE48の松村香織は19日、ツイッターで「深刻な問題です 苦情が入りました 並んでいる女の子から、においに耐えられないからどうにかしてほしいと」と握手会であったクレームの内容を明かし、消臭するなどのケアを呼びかけていた。

     この体臭問題はファンの間でも話題になったが、指原は30日、ツイッターで「ほんとどーでもいいししょーもないいし嘘つきたくないから本音なんだけど私ファンさんの体臭感じること、今までで9年間やってきてほんとにほぼないんだけど!人が多いし、窓がないから暑いしこもってる感じはするけどね。 蓄膿だからかな?」とコメント。「私の握手は気にせずにどうぞ。笑」と呼びかけたが、「並んでるファンさんは気になるのかもね」とおもんばかった。



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ