ヘッドライン

    お勧め記事

    2018年04月

    はてなブックマークに追加
      強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也メンバー(46)について、同じジャニーズ事務所のタレントが相次いでテレビ番組で発言する中、「KAT-TUN」の中丸雄一さん(34)の発言に注目が集まっている。

    自らが所属するグループでも過去に脱退騒動が相次いだこともあって、2018年4月29日の情報番組「シューイチ」(日本テレビ系)でのコメントについて、「説得力ある」といった声がツイッター上で相次いでいる。

    ■「本当に胸がとにかく痛くなる思い」

    “「本当に胸がとにかく痛くなる思いですね。太一くんのコメントだったり、他のメンバーのコメントも聞いたりして、そういうのも含めて胸が痛いですね」

    番組冒頭で26日の山口メンバーの謝罪会見の模様が流れたあと、コメントを求められた中丸さんは苦しげな表情で口を開いた。事前にTOKIOの国分太一さん(43)から、番組では「気にすることは一つもなく思ったことをすべて言って欲しい」と言われていたという。中丸さんは会見をこう振り返った。

    “「個人的にこの一件を見て思ったのは、(会見では)捜査中とはいえおおむね記者さんからの場当たり的な質問にもすべて答えてはいたので、現地点では説明できることは説明していたのかなと思います。TOKIOの活動を希望するという話は、被害者の方の心情を考えると、適切ではなかったのかもしれないなと思いました」

    ■もし自分のグループで起こったら...

    自分のグループでこういったことがあったらどう感じるかを聞かれると、「連帯責任」として受け止めることを話した。

    “「今回、TOKIOの4人の方は『何があっても連帯責任』だとおしゃっていましたが、僕もそう思います。それはなぜかというと、自ずとグループ活動が見直されるので、自然と連帯責任になってしまうってことが1つ。もう1つは、グループに所属していて利益を受けているのであれば、こういったことがあったときに『マイナス面は知らない』というのは筋が違うと思うので。良いことも悪いことも含めてグループ活動だと思うので、同じグループの活動をする人間として、僕はTOKIOの4人の気持ちは分かるし、そのとおりだと思います」

    山口メンバーの今後についてはどうか。「これは感情論で賛否両論あるのは分かるんですけど...」と前置きした上で、自身の見解を話した。

    “「もちろん大前提として被害者の方に謹慎期間中は全力で向き合う、そして行動する。もう1点は、お酒に関して山口くんがどういうものだったか僕は知らないですけど、二度とこういうことが起こらないように環境づくりを完璧にする。この2点があった大前提で、僕はTOKIOとして必要な人間だと思っていますので、また一から信頼構築に向けて努力してもらいたいなと思いますね」

    中丸さんは始終苦しそうな表情を浮かべていた。

    ■「考えの深さに舌を巻いた」「説得力ある」

    ツイッター上では、中丸さんの一連のコメントを称賛の声が散見される。

    “「考えの深さに舌を巻いた」
    「すごく説得力あるし、しっくりきた」
    「的確で素晴らしいと思った」
    「喋りの組み立てが非常に上手い」
    「率直な思いと客観的な見解とがきちんと伝わってきた」
    「KATーTUNのメンバーだからこその重みがあると思った」

    山口メンバーの後輩としては、「NEWS」の小山慶一郎さん(33)、加藤シゲアキさん(30)、「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん(27)らもコメントしているが、報道を知ってのショックや叱咤など、率直な感想を述べるに留めている。中丸さんは会見の様子を客観的に分析、その上で自身の考えを述べたと受け止める人も多かったようだ。グループの連帯責任については、そう考える理由まで踏み込んでコメントしており、こうした点が好感を呼んでいる。また、中丸さんの所属する「KAT-TUN」がメンバーの行動で活動に影響が出たグループであることも相まって、説得力を感じる人も多いようだ。

    KAT-TUNは06年に6人で華々しくデビューし人気を集めるも、10年からメンバーが相次いで脱退した。16年5月から18年1月までは「充電期間」として、グループでの活動を休止していた。現在は中丸さん、亀梨和也さん(32)、上田竜也さん(34)の3人で活動している。

    2018/4/29 17:48
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/04/29327446.html?p=all



    はてなブックマークに追加
    女子高生への強制わいせつ容疑で、警視庁に書類送検されたTOKIOの山口達也(46)。
    26日には都内のホテルで謝罪会見を開き、酩酊した上で自宅に少女を招き、無理やりキスを迫ったことを認めた。

    「事件が発覚した25日は、ジャニーズ事務所からは、たった3行の短い謝罪コメントしか出ませんでした。しかも、5分間以上放送しないようテレビ局に“要請”をしたといいます。
    当初は会見する予定もなかったのですが、さすがに世論が許さないという空気を感じてか、急きょ、翌日に会見をすることになったそうです」(ワイドショー関係者)

    事務所は“無期限休養”の処分を下したが、復帰はかなり難しいという。そのひとつが、会見でも明らかになった、山口のアルコールへの依存体質だ。

    「女子高生と問題を起こす日までの1カ月間ほど、彼はアルコール依存の治療で有名な病院に入院していたことを明かしました。
    本人は肝臓の治療のためと言っていましたが、退院したその日に、焼酎を1本空けたというのですから、かなり深刻な依存なのかもしれません」(芸能リポーター)

    酒量だけでなく、飲んだときのタチの悪さも有名だった。

    「事務所の後輩である嵐の二宮和也(34)は、山口にテキーラを、吐くまで立て続けに飲まされたことをコンサートで告白。
    関ジャニ∞の横山裕(36)は、飲み会のあとに彼から殴られたことをテレビで明かしています。事務所内でも、酒でのトラブルは有名だったんですよ」(スポーツ紙記者)

     まさに酒に溺れ続けた山口。酒に逃げるようになったのは20代からのようで、それにはあるきっかけがあったという。

    「どうも、メンバー間での格差に彼は不満を抱いていたようですね。映画やドラマで主演を務める長瀬智也(39)は絶対的なエースだし、国分太一(43)はMCとして地位を確立している。
    彼らより自分は軽視されていると思っていたところもあるようです」(芸能プロ関係者)

    その2人だけでなく、他のメンバーにも劣等感を持っていたという。

    「城島茂(47)は何だかんだ言ってリーダーなので、事務所としても大切にしていた。それ以上に、メリー喜多川副社長がお気に入りだったのが松岡昌宏(41)ですよ。
    “彼のトークは絶品よ”と太鼓判を押していましたし、メリーさんのお友達である黒柳徹子の『徹子の部屋』には、毎年のように出演している。

    そんなメンバーの待遇を見て、彼はより疎外感を持つようになり、酒に逃げていったようです」(芸能ジャーナリストの浅見麟氏)
    嫉妬と孤立感から酒に溺れ、身を滅ぼしたと言っても過言ではないだろう。

    2018年4月29日 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/228205/1

    写真
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/228/205/2752ed0f8a569a65c9eaaa69f91efc6720180428144304600.jpg




    はてなブックマークに追加
    ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長との交際が報じられた女優の剛力彩芽さんが4月29日、Instagramに今の心境を告白した。前澤さんについて「ひたむきで楽しむことを忘れない人柄に いつも勇気をもらい惹かれています」とつづり、交際を「温かく見守って」と呼びかけた。

    剛力さんは、予期していなかった突然の報道に、自分の気持ちや状況をファンに伝えるべきか悩んだというが、「皆さまのコメントなどを見させてもらう中で、しっかり自分の言葉で気持ちを伝えるべきだと思い、この文章を書いています」と書いた。

    17歳年上の前澤さんを「まるで子供みたいにピュアな方」と語り、「仕事や会社や仲間を愛し、真っ直ぐで情熱的な姿は、どこか私の父親にも似ているなと感じる」と彼への思いを明かした。

    剛力さんは所属事務所の「不文律」と言われる「25歳まで恋愛禁止」が解ける年齢になり、2017年11月に出演したイベントでは、「25歳になったので、もちろん(恋愛にも)挑戦したいです」と意欲を見せていた。

    26日発売の「女性セブン」で交際がスクープされると、前澤さんはTwitterであっさり交際宣言。剛力さんの所属事務所も「真剣に交際している」と認めていた。

    剛力彩芽さんのコメント全文は以下。

    報道が先行してしまいましたが、

    前澤友作さんと知り合ったのは、

    雑誌の現代アート企画がきっかけです。

    写真のマークロスコは、

    私がはじめて興味をもった現代アーティストで、

    友作さんとお仕事でご一緒したLAの美術館で出会った

    作品です。

    今回の私たちの報道はあまりにも突然で、

    自分から皆さまに気持ちや状況をお伝えすべきか

    最後まで悩みましたが、

    お騒がせしているのもあるし

    皆さまのコメントなどを見させてもらう中で、

    しっかり自分の言葉で気持ちを伝えるべきだと思い、

    この文章を書いています。

    友作さんは、まるで子供みたいにピュアな方です。

    仕事や会社や仲間を愛し、真っ直ぐで情熱的な姿は、

    どこか私の父親にも似ているなと感じる部分もあり、

    ひたむきで楽しむことを忘れない人柄に

    いつも勇気をもらい惹かれています。

    気づいたら年齢の差を越えて、

    お互いとても大切に思える関係になっていました。

    いろいろ考えているうちに時間が経ってしまい、

    皆さまへのご報告が遅くなりましたこと、

    大変申し訳なく思っています。

    ただ、こうして大切な方と出逢うことができたのも、

    充実した毎日と楽しくお仕事をさせていただけるのも

    皆さまが応援してくださってのこと。

    あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。

    これからも一生懸命、笑顔で頑張っていきますので、

    皆さま温かく見守っていただければ嬉しいです。

    剛力彩芽

    4/29(日) 11:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00010000-huffpost-soci



    はてなブックマークに追加
    女優岩田華怜(19)が、AKB48時代からストーカー被害を受けていることを告白。
    母親が殺害予告を受けたこともあると明かした。
    岩田は11年4月にAKB48の12期生オーディションに合格し、16年3月に卒業した。

    岩田は28日にブログを更新して、「実はAKB時代から、ある人からの誹謗(ひぼう)中傷、営業妨害に悩まされていました。母親へ殺害予告されたこともありました」と告白した。
    これまでは沈黙を守り、SNSなどもすべてブロックしていたが、最近また事態が悪化してきたため、被害を明かすことを決断したらしい。

    相手は、出演舞台の劇団に連絡を入れたり、接近禁止命令を下されているにもかかわらず、会場にやってくるそう。
    「ここまで何カ月月も稽古して、みんなで創ってきた作品をこのような形で邪魔されるのは本当に侵害です。そしてこれは今回が初めてではありません。私が望むことは、もう私に関わらないでほしい、ただそれだけです。私がいくら努力して、芝居を磨いて、ここまで築いてきたものが、たった1人の身勝手な人間によって妨害されるのは、本当に悔しいです」(原文まま)と吐露した。

    岩田は、「いくら私が心の叫びを文字にしたところで、『私が書いているんじゃない』『マネジャーや警察の捏造(ねつぞう)だ』などと言い訳を見つけては一向に現実を見ようとしません。なのでこの件について公に触れるのは、これが最初で最後にしようと思います」と明言した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00194147-nksports-ent

    元AKB48 岩田華怜
    http://pbs.twimg.com/media/CDW5bcCUgAEyoug.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/C3pfI8BVYAER4Vi.jpg

    http://pbs.twimg.com/media/C3-o4rnVcAAdoCE.jpg




    はてなブックマークに追加
    タレントの菜々緒に対して“整形疑惑”が再燃している。今回は、美容外科医が整形手術をした可能性を指摘している。

    菜々緒は現在、日本テレビ系列で放送中の連続ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』で主演を務めている。
    4月21日に一部の女性週刊誌のサイトで、ドラマの紹介をしながら、彼女の流出写真をもとに美容外科医が分析をしていた。
    この医師は「う~ん、目をいじってるのか、アイプチでもしてるのか? 整形したとも言えない微妙な変化だね。でも、誰でも
    10代から20代後半は、顔や雰囲気が劇的に変化するんだよ!」と語っている。

    「どんな専門医でも断定はできないでしょう。ただこの医師は『仮に菜々緒さんが整形だとしたら、今の流行の整形具合ですね。』とも言っています」(女性誌編集者)

    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/03/nanao.jpg

    https://myjitsu.jp/archives/49938



    はてなブックマークに追加
    ボーカルの長瀬智也(39)がこの日までに携帯・スマホ専用サイト「Johnnys’web」でライブが出来ないことを謝罪した。

     来年迎える25周年へ向けた楽曲制作やツアーをイメージしていた長瀬は
    「まだ決まってない事もありまして、勝手な発言は許されないかもしれないですが」と前置きした上で、
    「これからアルバムを制作、ライブに向けて準備を進めようとしている中で非常に残念な報告で胸が苦しい。
    ライブを待ってくださっている皆様の前で唄うことや演奏ができないことが本当に辛い。申し訳なく思います」。

     NHK「紅白歌合戦」にはジャニーズ最多の24回連続出場中で、14年に夏フェス初参戦もした。

     長瀬は「自分たちが精魂込めて作った楽曲も、ベースの音がなくなったら曲ではなくなってしまいます」と
    山口なしではTOKIOの音楽を奏でられない思いを語り、
    「山口にはそれ程の罪を犯してしまったと受け入れてもらい、信頼を取り戻していく他ない」と厳しく責め立てた。

     関係者は「代役や4人だけでやるライブは考えにくい」と音楽継続には協議が必要とした。
    年内復帰も厳しい無期限謹慎とあって、紅白も絶望的。
    それでも、長瀬は「またTOKIOのステージを実現するために僕らも事実を受け入れ、また進み続けたい」と言葉を結んでいた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14642995/



    はてなブックマークに追加
     少年隊の東山紀之(51)が29日、MCを務めるテレビ朝日「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に生出演。自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁に強制わいせつ容疑で書類送検され、無期限謹慎処分となったTOKIOの山口達也(46)について言及。飲酒について過去に注意していたことを明かした。

     山口は飲酒が原因で1カ月入院。退院直後にまた飲酒し、泥酔して事件を起こした。当日の酒量は焼酎1本程度だという。以前は東山の自宅で山口と同居していた時期もあるとし、「何回かお酒のことで注意したことは記憶にあります。どっちかというと、飲まれてしまうタイプなのかなと思う」と、飲酒について過去に注意をしていたことを告白した。

     山口が16年に離婚を経験していることにも触れ、「やっぱり寂しいということが強かったのかな、お酒に逃げるというか。 子供たちにも会えないという、寂しさもちょっとはわかっていたが、こういう形になるとは夢にも思っていなかった」と複雑な表情。

    「本人の甘さも含めて、周りにいた僕らにも責任がある。その寂しさに気付いてあげられなかったのは残念」と続けた。「46歳という年齢、いい大人ですから。注意するというところにはいかなかった。もっと次元の違うところでお話がしたかった」と悔しがった。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/29/kiji/20180429s00041000128000c.html



    はてなブックマークに追加
     4月20日発売の「FRIDAY」(講談社)によると、『パパはニュースキャスター』(TBS系)、『古畑任三郎』(フジテレビ系)などの主演で知られる俳優の田村正和が引退する意向を示していることがわかった。

     田村は今年2月17日放送の単発時代劇『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系)に主演。自身の代表作のひとつであるニヒルなヒーロー「眠狂四郎」をおよそ20年ぶりに演じるとのことで、当の田村も張り切った作品だったが、試写を見て自身の狂四郎の演技に納得がいかず、引退を意識しはじめたという。

     昭和および平成を代表する田村の引退は全国のファンへ衝撃を与えたが、確かに今年に田村が主演した『眠狂四郎 The Final』はかなり「キワモノ」の作品であったことは否めない。眠狂四郎の父親はポルトガル人の宣教師で、その父親と日本人の女性の間に生まれたハーフという絶対に崩せない設定があるため、田村は御年74歳にして35歳の役柄を演じる、というかなり無理のあるキャスティングに。また、狂四郎の弟という設定の加賀美耀蔵は田村とは親子ほど年の離れている53歳の椎名桔平が、さらに、狂四郎の祖父にあたる松平主水正に至っては田村とわずか4歳しか年の離れていない78歳の津川雅彦が演じるなど、かなりの混乱が生じた作品であった。

     このような無理のある設定のドラマに主演しなくてはいけなくなった、田村には業界内部から同情の声も上がったが、その一方で田村の引退には「致し方なし」との意見もわずかながらあるという。

     「田村さんは典型的なスター俳優で、故・高倉健さんと同じく『主演しかしない』というタイプの俳優さんです。ですが、そのタイプの俳優は、もはや時代遅れでドラマ斜陽の現代にはまったく需要がありません。田村さんもキムタクのような映画作品に主演するタイプの俳優なら、もう少し活路を見出せたのですが、田村さんは2007年の『ラストラブ』以降、映画での主演作はなく、ドラマでしか仕事はありません。ドラマ企画でも、単発を除いては『田村正和モノ』は企画すら出されず、80年代のトレンディドラマを知らない若いスタッフの間では『かつての大スター』としか思われてないようです」(芸能記者)

     かつての「二枚目スター」も時代の流れには勝てなかったか…。

    https://wjn.jp/article/detail/9656447/



    はてなブックマークに追加
    TOKIOの山口達也容疑者(46歳)が女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された件で、恐ろしい情報が入ってきた。山口達也容疑者は女子高生をマンションに呼び、強制的にキスをしたとして物議をかもしているが、実はキス以上の行為をしていた可能性が浮上したのである。

    未成年相手とはいえ高額すぎる
    キス以上ということは、山口達也容疑者が強引に女子高生の体を求め、ディープな男女の関係になったということである。その理由は示談金の金額である。一部の情報によると示談金の金額は2000万円と言われており、キスをされたことによる強制わいせつの示談金としては、いくら未成年相手とはいえ高額すぎるといわれているのだ。

    ・強制わいせつ内容の隠蔽
    2000万円という金額のなかには「被害届の取り下げ」「上告書の内容緩和」「検察の情状酌量」などの意味が込められていると思われるが、マスコミ関係者によると「強制わいせつ内容の隠蔽」が含まれている可能性があるというのだ。それにより実際は「キス以上している可能性が浮上した」という。

    示談金を2000万円に設定した理由
    示談は話し合いで「どう落とし前をつけるか」ということを決める行為であり、示談金は慰謝料という意味のほかに「相手に要望を飲んでもらう」という意味も込められている。よって「実はディープな男女の関係になったがキスだけで終わったことにしてほしい」という作り話を被害者側に飲んでもらうため、示談金を2000万円に設定した可能性があるのである。

    ・弁護士とお金で罪をもみ消した強制わいせつ経験者
    このようなことはよくあることで、未成年と男女の関係になっておきながら示談金を支払うことで「何もなかったこと」にしてもらう事例もある。もちろん、お金で解決しようとする加害者を許せず、起訴に持ち込む被害者も当然ながらいる。つまり、あなたの近くにいる人も、実は「弁護士とお金で罪をもみ消した強制わいせつ経験者」かもしれないのである。

    ・世間から消えていく可能性が大きい
    公式にはキスをして書類送検されることになった山口達也容疑者。TOKIOリーダーはブチギレ激怒しており、TOKIO復帰はありえないと断言している。山口達也容疑者は、このまま世間から消えていく可能性が大きいといえるだろう。

    ちなみに、現時点でも検察庁による山口達也容疑者への捜査は続いており、緊急逮捕される可能性が残っている。

    4月29日
    http://buzz-plus.com/article/2018/04/29/tokio-jk-yamaguchi/



    はてなブックマークに追加
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14646127/

    AKB48元メンバーでタレントの川崎希さん(30)が、幼い息子を初めてプールに入れたとブログに書いたところ、「おむつを付けた赤ちゃんを入れるなんて」と批判されていると一部で報じられた。

    これに対し、夫のアレクサンダーさん(35)は、「プール用おむつ」を着け、ホテルからも許可を受けていたと説明し、理解を求めている。

    0歳の息子は、おむつをしていたが...
    川崎希さんは、アレクサンダーさんと息子、川崎さんの母親と4人でハワイ旅行中の2018年4月24日、ブログを更新して、息子の「初プール」を楽しんだことをつづった。

    まだ0歳の息子を「おちびーぬ」と呼び、川崎さんと息子で水に浸かっている写真を3枚アップした。

    「ホテルのプールにちょっとだけ入ってみたよ ずっと抱っこしてるけど念のため浮き輪もつけて入ったよ」
    ほかに、アレクサンダーさんが浮き輪姿の息子を抱き上げている写真も載せており、それを見ると、おむつをしているのが分かる。

    これに対し、26日になって、おむつを着けた子供をプールに入れたとネット上で批判されていると、一部で報じられた。実際にどれだけ批判されていたのかはよく分からないが、ツイッター上などでは、この報道が大きな話題になっている。

    「ホテルがオーケーしてもイケナイのかな?」
    一部報道については、アレクサンダーさんは、翌27日にブログ上で反論した。

    妻の川崎希さんは、ハワイに行く前から1か月間下調べをしてホテルを選んだとして、こう書いた。

    「赤ちゃん用のプール用オムツをくれるようなところだよ、、、 ホテルがオーケーしてもプールに入れちゃイケナイのかな? ちゃんとホテルのルールとか調べてから書いてほしいな」
    ネット掲示板などでも、アレクサンダーさんと同様な指摘が出ている。「普通のおむつじゃないでしょ、常識的に」「オムツだと吸水されてとんでもないことになるから、多分プール用」「水遊び用のオムツ着用なら日本でもOKのところ普通にあるけど」といった声が多い。



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ