ヘッドライン

    お勧め記事

    2018年08月

    はてなブックマークに追加
    「海に入ると、水を得た恭子になります(笑)」
    “深キョン”の愛称で親しまれている女優の深田恭子が9月22日に写真集『Blue Palpitations』を発売する。
    8月31日には深田本人がInstagramにて同書の発売を改めて報告し、撮影の際のオフショットを公開した。

    深田は「いつも写真集の撮影をさせて頂く時は、どうしたら皆さんに喜んで頂けるかなと、考えて、悩んで、
    スタッフの皆さんと作っているので、全ての写真集に感慨はあるのですが」と前置きし、
    自身20冊目の写真集となる同書について「20冊目という記念になる写真集を出させていただけることになり、
    ただただ有り難いです」とコメント。

    撮影はハワイで行われたそうで、彼女は大好きなサーフィンやサップヨガなどのアクティビティも堪能したことを明かし
    「海に入ると、水を得た恭子になります(笑)」とお茶目な感想を綴りつつ、
    「東京では見ることのできないような、アクティブな姿を、撮って頂いたので、是非ご覧頂いて潮風や日差しを感じて頂けたら…」
    とファンへ呼びかけている。

    ・かなりレア!? 華麗なサーフィン中の姿に絶賛の声
    同エントリーでは深田が砂浜にてブルーの水着姿でポーズを決めるショットや、黒とピンクのスポーティなビキニでサーフィンをする姿、
    さらにサーフィン中の彼女を捉えた動画も公開されている。
    特にサーフィン中のショットは深田のグラマラスな美ボディと楽しげな表情が印象的。動画でも彼女は華麗に波に乗っており、
    無邪気にはしゃぐ姿がとってもキュート!

    これについてファンからは「サーフィン上手くてビックリです」「波乗り 上手いですね おみごとです」
    「いつまでも変わらずお美しく、そしてかわいいですね!」「普段おっとりしてるのに意外な一面 でも素敵」
    「深キョンは、永遠の憧れ」「天使のような笑顔が素敵です」と、深田の飾らない姿に絶賛の声が寄せられている。

    同書ではそんな「水を得た恭子」の生き生きとした姿が存分に楽しめそう。発売が待ち遠しいですねぇ!!

    http://news.livedoor.com/article/detail/15237582/
    https://www.instagram.com/p/BnIGtVfHIuq/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/3/13759_1538_920b868977f540a8154b8af16bfcf887.png

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/a/6ad75_1538_47e485044d877f2c7139e77284729682.png




    はてなブックマークに追加
    高橋メアリージュンが松潤ファンの反感買い真意説明
    [2018年8月31日15時56分]

    モデルで女優の高橋メアリージュン(30)が、嵐の松本潤(35)に対する発言で
    一部から批判を浴び、発言の真意を説明した。

    高橋は30日放送のフジテレビ系「VS嵐」に、ゴールデンボンバーの歌広場淳や
    スピードワゴン井戸田潤など名前に「ジュン」が付くメンバーを集めた
    「チームじゅん」の紅一点として出演。同日に35回目の誕生日を迎えた松本を祝った。

    高橋は、芸能界入りする前に留学していた米国でのニックネームが「MJ」だったという。
    しかし日本では「松本潤=MJ」のイメージが強いことから「まねしてるみたいな反応される」
    とボヤくとともに、「でも、よくよく考えてみたら松本潤さんって、
    ジュン・マツモトだからMJじゃなくてJMじゃないですか」と指摘して笑いを誘った。

    するとこの発言が一部の松本ファンの反感を買い、ネット上では「メアリージュンうざい」
    「MJ=松本潤はおかしいとかさ、そこに物申したらあかんやろ? 高橋メアリージュンなんか無理やわー」
    「今日から高橋メアリージュンは嫌いです」といった声もあがった。

    こうした反響を受け、高橋はツイッターで「『あんたもよくよく考えたらMTやん』
    ってツッコミを期待して言っただけに不思議な空気になっちゃいました… 
    それだけ松本潤さんは日本で一番有名なMJですよって伝えたかっただけなんだけど、
    テレビって難しいな」と、“ボケ”のつもりだったと説明した。

    nikkansports.com
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808310000543.html
    高橋メアリージュン(2016年7月2日撮影)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201808310000551-w500_0.jpg




    はてなブックマークに追加
    夫でサッカー日本代表の長友佑都とともに、トルコに在住している女優の平愛梨が、久しぶりの日本で戸惑ったという。
    ワールドカップに出場した長友に伴い、2月に出産した長男とともに一時帰国していた平。その日本滞在中に感じたことを8月28日付のブログに投稿したもの。

    同ブログで平は「子どもが誕生して約3カ月間海外生活だった私は日本で過ごした夏の3カ月間の環境の違いに戸惑うこともありました」と綴り、その違いについて「子どもに対するルールが全く違うこと!」と強調。
    トルコではいつどこにでも子供を連れていくことが許されるのに対して、日本ではジムやカフェで入店拒否に遭ったと明かしている。
    コメント欄には平に賛同する声が多く寄せられているが、ネット上では平に対する疑問も噴出しているという。
    海外在住経験のあるライターが指摘する。

    「平はざっくりと『海外生活』と書いていますが、彼女が体験したのはあくまでトルコと日本の違いに過ぎません。
    そもそもトルコは家族の繋がりをものすごく重視する国民性で、それが子供好きにも繋がっています。
    他人の子供を可愛いといって抱っこするのも当たり前ですが、日本でそれをやったらイヤがられることも多いでしょう。
    その一方でトルコの都市部にはストリートチルドレンが少なくないのですが、おそらく高級住宅街に住んでいるであろう平は、そういった影の部分は知らないのではないでしょうか」

    そして海外では日本以上に、子供に対して厳しい面も少なくないという。前出のライターが続ける。

    「欧米の高級レストランでは乳幼児の入店を断るのは当たり前。両親がベビーシッターに子供を預け、料理を楽しみに出かける姿は珍しくありません。
    コンサート会場などの催し物でも乳幼児禁止はよく見かけますし、その点では日本と大差ないのです。
    むしろトルコのほうが世界的に見れば特別なのであり、そのトルコでの経験をもとに海外すべてが子供に寛容であるかのように書くのはフェアではないとも言えますね」

    ともあれ初めての子育ては何かと大変なもの。平にはぜひ伸び伸びと子育てを楽しんでもらいたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1512242/
    2018.08.31 10:15 アサジョ



    はてなブックマークに追加
    おぎやはぎ矢作兼(46)が、タレントりゅうちぇる(22)のタトゥー騒動に「偏見は持たれてもしょうがない」と私見を述べた。

    30日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」では、りゅうちぇるが家族の名前を刻み入れたタトゥーを披露して一部から批判を浴びた騒動を取り上げた。

    小木博明は「いいじゃないの、別に。悪くないでしょ」と柔軟な考えを示したが、矢作は「たとえば俺に娘がいて、18歳の時に『彼氏連れてきた』って言ってタンクトップで来てさ、肩に入れ墨入ってたら『おお、そっちか…。そういうやつ連れてきたか』ってちょっと思っちゃう。だから、そういうふうに引かれてもしょうがないよな。偏見は持たれてもしょうがないと思うけどな。それでりゅうちぇるを嫌いになったっていう人がいてもしょうがないよな」と語った。

    ただ、りゅうちぇるに対する批判コメントをSNS等に書き込む行為については「わざわざ書き込むやつがどうかしてるだけで。そんなこと、思えばいいだけでさ」と疑問を呈した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00315816-nksports-ent



    はてなブックマークに追加
    歌手のGACKT(45)が自身のブログを更新し、その内容が話題となっている。
    昨年末、仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」事業に参加していることをブログで表明したGACKT。
    これに野田聖子総務相も関わっていると一部週刊誌が報じ、波紋を呼んでいる。

    そんなGACKTが27日、「この1ヶ月余りネガティブキャンペーンが炸裂しまくっていたが、敢えて一切コメントせずにずっと静観していた。
    まずその理由としては、内容の主体がボクGACKT自身のことではなく、ボクの名前を記事の見出しに大いに使っているものの、
    フタを開ければ野田大臣やスピンドルのブラックスター社に対する報道だった」
    「にしても、色んなことが書かれていた。酒のツマミには十分なほどネタが満載だった。大いに笑わせてもらった」
    「いちいちボクがくだらない週刊誌に振り回されるようなオトコだったら誰も着いて来やしない。
    こんなガセ報道が連日流されてもボクGACKTを信じてくれるファンや、クライアント、仲間達が大勢いる」などとつづり、週刊誌の報道を一蹴した。

    GACKTのこうした投稿に対し、ファンからは「信じています!一生ついていきます!」「頑張ってください」といった応援の声が寄せられたものの、
    一部ネット上では「逆に怪しいから何も言わないほうがいい」「言い訳になってないよね」という疑問の声も集まっている。

    報道に対して沈黙を守っていたGACKTだったが、今回の投稿がまた新たな議論を呼びそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1510960/
    2018.08.31 07:50 デイリーニュースオンライン

    https://www.youtube.com/watch?v=pO2bgPhtJZo
    月下の夜想曲 / MALICE MIZER / Gackt



    はてなブックマークに追加
    8月下旬の夜7時、東京・西麻布の路上に長身の目立つ男がいた。
    入っていったのは焼き肉店。
    男7人の仕事飲みのようだ。夜11時過ぎに2軒目のバーへ移動すると、今度は男同士のサシ飲みをスタート。
    この日は、超多忙な妻がオフだったのか、夜になって帰宅した妻と家事をバトンタッチして出てきたのか、石橋貴明(56才)は深夜12時をまわっても帰宅する様子はなかった──。

    最近の鈴木保奈美(52才)は酷暑の中、朝から外での撮影スケジュールを毎日のようにこなしている。
    10月にスタートするドラマ2本に出演するからだ。

    1本目は月9の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)。
    アメリカのドラマが原作の大手弁護士事務所を舞台にした作品で、保奈美が演じるのは織田裕二(50才)の上司役。
    『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)以来、27年ぶりの2人の共演が早くも注目されている。

    もう1本は『主婦カツ!』(NHK)。会社を退職し、突然農業を始めると言い出した夫に困惑する妻役を演じる。

    「ここ1~2年のドラマ出演で、保奈美さんは一気に存在感を増しています。
    2年前の『ノンママ白書』(フジテレビ系)にはじまり、朝ドラの『わろてんか』(NHK)、『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)と話題作が続き、
    今回は異例の同時期の掛け持ち出演です。
    ただ、その活発な活動が原因で、夫婦間にしこりができているとか。
    石橋さんは、保奈美さんに面と向かっては強く言いづらいようですが、“そこまで仕事を詰めこまなくていいんじゃないか”“できるならやめてほしい”と周囲には漏らしているんです」(芸能関係者)

    保奈美とは対照的に石橋をテレビで見かける機会は減っている。
    今年3月に21年間続いた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了。
    4月から『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が始まったが、深夜枠だ。

    「かつては1本500万円にも上っていたギャラも、今は100万円を下回るそうです。
    一般的に充分な額ですが、かつては長者番付の常連で、年収4~5億円が当たり前といわれていた石橋さんにとっては、“無給”状態です。
    それが原因で、お金がないから妻である保奈美さんが働くしかないという報道もありました」(テレビ局関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00000006-pseven-ent
    8/31(金) 7:00配信



    はてなブックマークに追加
    お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(44)が30日、都内で開催されたフェス型の就活イベント「CAMP NIGHT2018~はたらくを楽しむために、いま会いたい7人~」に出席し、学生約100人に「はたらく」をテーマにトークを展開した。

     芸人、起業家、バンドメンバーなど1つの肩書にはまらず、さまざまな分野に挑戦している田村。幼い頃からやりたいことがいくつかあり、教師から「1つに絞りなさい」と言われることに疑問を感じていたという。田村にとって「働く」とは「勉強である」と答え、仕事も働かされていると思うと窮屈に感じて心の余裕がなくなる。
    次に経験を繋げようと思うと働く期間も決められる。
    常に勉強しているっていう感覚で働いている」と持論。また、「大きな目標はすぐにみつからない。明日カレーが食べたいくらいの規模でいい。
    1つの夢に絞るから挫折する。色んな道があれば挫折することはない」と話すと、学生は大きく頷いていた。

     現在、田村がやりたいことは「金継(きんつぎ)」。
    陶磁器の欠けた部分を漆によって接着し、修復するもので「金継でお金を稼げるにはどうすればいいかなって考えている」。金継のほかにも「常にやりたいことを10個くらいは書き出している」と語った。

     働く一方で、慶大法学部の通信教育課程で学生として学んでいる一面も。今年、インターネットテレビ局の企画で大学受験に挑戦したが「大学で何が学べるのか興味がああった。
    大学受験をテレビのコンテンツにするなって文句も言われたけど、僕はこの企画やれてよかった」と振り返り、また実際に入学し「入ってみたら、僕みたいなスケジュールが確定しない人間は、なかなか単位取りづらい。
    また大学受験するか、違うとことで学び直すか迷っている、過渡期です」と明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000115-spnannex-ent



    はてなブックマークに追加
    8/30(木) 20:50配信
    平成生まれを「バカにする」番組が炎上 大物芸能人が「お母さんに教わらないの?」

     2018年8月28日放送のクイズ番組「平成生まれ3000万人!そんなコト考えた事なかったクイズ」(テレビ朝日系)が、ツイッターで「平成生まれをバカにしている」と物議を醸した。

     番組では、昭和生まれのタレントが平成生まれの若者に「平成生まれでもさすがにこれは知っているだろう」というクイズを出題。不正解者の珍回答を「何!? 」「こわいよ~」とイジリまくる演出は、ネットで大きな批判を浴びた。

    ■「これが平成のこわいところなんですよ」

     「どうやら平成生まれは昭和の『当たり前』を『考えたことないから知らなーい!』と簡単に済ませてしまうようです」――。こんな何とも不可思議なナレーションとともに、番組は始まった。

     番組では事前に、「平成生まれと接していて驚いたことってありますか?」と昭和生まれに一般アンケート。昭和生まれのタレントがその中でも「さすがにこれは知っているだろう」というものを、東大などの大学合格経験を有する平成生まれのタレント30人に出題する、という趣旨だった。

     たとえば、タレントの勝俣州和さんは「牛肉は牛の肉 豚肉は豚の肉 ではトリニクは何の肉?」と出題。司会の「ダウンタウン」浜田雅功さんは「これはなめすぎちゃう?」、ヒロミさんは「世の中でこういう問題出るのは、ないよ」と苦笑い。「もちろん答えはニワトリですが、本当にそんなことを考えたことのない平成生まれ、いるのでしょうか」と、ナレーションも煽り立てた。

     だが、回答者30人のうち慶應大の女子学生ら5人が「鳥の肉」などとして誤答した。これを見た勝俣さんやヒロミさんらは「慶應の人、何!? 」「こわいよ~、こわいよ~」と困惑。その上で、

      「ビックリするでしょ!大学をやめてしまえ!これが平成のこわいところなんですよ」(勝俣さん)
      「お母さんにもトリニクはこの肉だよって教わらないの?」(ヒロミさん)

    とからかった。和田アキ子さんや千原ジュニアさんら他の出題者らも唖然とした表情を浮かべており、気象予報士の森田正光さんは「一般論だったらトリニクって言ったらニワトリを言うんですよ。我々の世界は!」と強調した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000015-jct-soci




    はてなブックマークに追加
    ウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が30日、公式ツイッターでジャーナリストの田原総一朗氏(84)と、
    田原氏が司会を務めるテレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ!」(毎月1回放送)を「クソだと思う」と批判した。

    村本は「おれは田原総一郎さん、朝生はクソだと思う」(原文ママ)と批判し、
    「どんだけたっても沖縄のことをやってくれない。約束したのにうそつき」と、その理由を述べている。

    村本は今年1月1日の未明から早朝にかけて放送された「朝生」の「“平成30年”日本の未来」出演し、大きな反響を呼んだ。

    「朝生」が沖縄をテーマに取り上げたのは、2015年5月29日の「“沖縄基地問題”と日本」が現時点では最後。
    村本出演後の「朝生」が取り上げたテーマは「日本経済は成長するか?!」、「異議あり!ニッポン!」、
    「森友・原発・安倍政権」、「安倍政権と官僚」、「米朝首脳会談と安倍政治」、「米・朝・中…ド~する?!日本の進路」、
    「トランプ大統領と“世界貿易戦争”」と続き、最新の31日深夜1時25分放送分は「“人工知能・AI社会”と日本」がテーマになっている。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/30/0011592929.shtml
    https://i.daily.jp/gossip/2018/08/30/Images/d_11592935.jpg




    はてなブックマークに追加
    タレントの濱松恵が東京都足立区をディスる発言をブログで行い、さっそく足立区民から批判を浴びている。

    濱松は8月27日のブログで産婦人科にピルを処方してもらいにいった話を明かした。
    何でもネットで買ったピルが合わないため病院で診察を受けたが、喫煙者ということで処方してもらえなかったのだという。
    これに濱松は激怒。〈診察全部終わってから言うんじゃねーよ〉〈あー、今日行った婦人科は失敗だった〉と怒りの発言をブチかました。

    問題になったのは最後の発言。〈あー、今日行った婦人科は失敗だった。やっぱり都心の方が良い病院多いわ。足立区クソみたいな病院ばっか〉の部分だ。

    「彼女の発言は完全に足立区をバカにしていますね。
    足立区民が不快になるのもわかります。軽率な発言ですね」(芸能ライター)

    濱松は今年4月にもブログで足立区批判を展開。
    区役所で男性職員からハラスメントを受けたと告白している。
    〈足立区の役所のやつら!!よく覚えとけよ!〉とこれもかなり強い調子だ。

    「なぜこんなに足立区に対して攻撃的なのか。というのも、実は濱松は足立区に住んでいるからなんです。
    自身が足立区民なのにその足立区をディスる感覚はよくわかりませんね」(前出・芸能ライター)

    濱松恵にとって足立区は「住めば都」とはならなかったようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15231311/
    2018年8月30日 9時59分 アサ芸プラス

    https://i1.wp.com/anincline.com/wp-content/uploads/2017/04/e745466e8b0bdbe9e31aa92f5a8c77fc.png

    https://pbs.twimg.com/media/DlaOncEUUAAirFS.jpg




    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ