ヘッドライン

    お勧め記事

    高島彩

    はてなブックマークに追加
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181029-00000048-dal-000-view.jpg

    タレントのスマイリーキクチがツイッターで、フリーアナウンサーの高島彩がインスタグラム閉鎖を発表したことに、閉鎖に追い込むようなコメントを投稿した人たちへ「哀れだね」とつぶやいた。スマイリーは過去、殺人事件の関係者だとネットでデマを書かれ、10年間にわたってネットで中傷を受け続けていた。

    スマイリーは27日に更新したツイッターで、高島がインスタを閉鎖した記事を添付し「本人のSNSにわざと気分を害するコメントを投稿する人物。閉鎖させたことに対して罪悪感なんてない、あるのは達成感」と、わざわざ悪意あるコメントを投稿する人の心理状態を分析。

    今後、悪意あるコメントを書き込んだ人が特定できたとしても「みんなもやってる」「自分の方が辛い」と開き直るといい「哀れだね。嫌がらせをする人の方が虚しい人生だ」と、中傷コメントをわざわざ載せる人を切り捨てていた。

    高島は26日に投稿したインスタグラムで「色々考えまして、閉じることに致しました」と突如、閉鎖を発表。その理由として「周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり、この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することに致しました」と、中傷などがあったことを匂わせることをつづっていた。

    10/29(月) 10:19
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000048-dal-ent

    >>1
    関連スレ

    【芸能】<高島彩インスタ閉鎖>追い込んだ心無い言葉を寄せる一部の「粘着」「アンチ」の酷い実態!過去にまでさかのぼり悪質コメント
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540639826/



    はてなブックマークに追加
    フリーアナウンサーの高島彩さん(39)が2018年10月26日、自身のインスタグラムを閉鎖すると発表した。

     閉鎖理由については「この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので」と説明。実際、高島さんのインスタグラムのコメント欄には、ここ最近、心無い言葉を寄せる一部の「粘着」アカウントが出現していたことが確認できる。

    ■「周りの人まで心配させてしまい、悲しませている」

     26日、高島アナは娘2人と写った写真を投稿し、魔女の仮装で一足先のハロウィンを楽しんだことを報告。その流れで「これまでみなさんと交流できる場所としてInstagramを楽しんできましたが、色々考えまして、閉じることに致しました」と表明した。

     閉鎖することについては

      「やめてしまうのは寂しく、また、せっかくコメントを寄せてくださっているみなさんのことを思うと申し訳ない」

    としたが、

      「周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり、この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することに致しました」

    と、やむを得ない事情を明かした。

     高島アナはちょうど1年前の2017年10月にインスタグラムを開設。以来、まめに更新を続け、フォロワーは13万人以上に。普段の仕事の紹介はもちろん、手料理や子育ての一コマなどプライベートを垣間見られる投稿も多く、ファンからもいくつものコメントが寄せられていた。

    過去にまでさかのぼり悪質コメント

     しかし、コメントは必ずしも快いものばかりではない。特にここ2週間ほどは、複数の特定アカウントが誹謗中傷を連投。あるアカウントは、過去の投稿に遡って心無いコメントをするまでの粘着ぶりだった。

     その多くは高島アナの外見や子育てについて好き勝手書いた内容だ。

      「お鼻また、いじられましたか? なんか違いますね」
      「めざましテレビの時の面影がないくらい変わりましたね」
      「いつも長女さんの髪の毛ボサボサなのよ」
      「整形さん、また自分メインでアップですか?鼻が目立ちますよ!」

     こうしたアンチアカウントを直接批判したり「通報」したりするファンもいたが、当のアカウントは「思ったこと感じたこと書いたらダメなんですか?」などと意に介さない。

     「暇な人が嫌なこと書き込むせいで、インスタやめたりしないでくださいね」などと心配する声もあがる中、結局、インスタ閉鎖は現実のものとなってしまった。

     高島アナは26日の投稿の中で

      「それぞれ意見はありますし、それは大切なことだと思っています。言いたいこと伝えたいことがあるとき、それは伝えるべき感情なのか、どのように伝えたらよいのか、私もまた考えます」

    とし、「日々いろんな感情がありますが、清濁併せ呑む心をもっていたいものです。感謝ばかりです」と穏やかにつづった。

    一部抜粋

    10/27(土) 16:24配信 Jキャストニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000004-jct-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181027-00000004-jct-000-3-view.jpg


    【芸能】<たむけん>高島彩のインスタ閉鎖に怒り「人を傷つける言葉を思いつく力を他に使えないかな」「大バチがあたりますように」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540586984/




    はてなブックマークに追加
    フリーアナウンサーの高島彩(39)が26日、「色々考えまして、閉じることにしました」と自身のインスタグラムを閉鎖すること発表した。

    理由について「この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することにしました」と説明。

    「日々いろんな感情がありますが、清濁合わせ呑む心をもっていたいものです」とも記し、さまざまな中傷書き込みが原因で閉鎖を決意したことを示唆した。

     これに対し、SNSでたびたび炎上騒動となっている芸人・たむらけんじは26日夜、ツイッターで「ほんまに残念。なぜ、ただただ楽しく出来ないのかな?人を傷つける言葉を思いつく力を他に使えないかな。」とツイート。

     「ここまで追い込んだクズたちに見たことも聞いたこともない大バチがあたりますように」と怒りを込めたメッセージを送った。

     高島は雑誌連載との連動企画として昨年10月2日からインスタグラムを開始。子供達の様子や、仕事での様子などをアップしていた。

     なお、26日午前0時時点では、写真や投稿は削除されていない

    10/27(土) 0:10配信 ディリースポーツ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000141-dal-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181026-00000141-dal-000-3-view.jpg




    はてなブックマークに追加
     元フジテレビで現在フリーの高島彩アナウンサー(39)が26日、自身のインスタグラムを更新し、この日の投稿をもってアカウントを閉鎖することを報告した。

     高島アナは夫で「ゆず」の北川悠仁(41)との間にもうけた2人の娘とのハロウィーンコスプレの写真をアップ。「一足早くハッピーハロウィン 今年は長女の希望で3人揃ってウィッチです」とつづった。

     続けて「これまでみなさんと交流できる場所としてInstagramを楽しんできましたが、色々考えまして、閉じることに致しました」と報告。「なんてことない日常にお付き合いいただいて、あたたかい言葉をたくさんかけてくださったみなさまに心から感謝いたします」と記した。

     「みなさんの意見やアドバイスを直接聞くことができ、とても貴重な空間でした。それぞれ意見はありますし、それは大切なことだと思っています。言いたいこと伝えたいことがあるとき、それは伝えるべき感情なのか、どのように伝えたらよいのか、私もまた考えます」と高島アナ。「やめてしまうのは寂しく、また、せっかくコメントを寄せてくださっているみなさんのことを思うと申し訳ないのですが、周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり、この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することに致しました」と心境を明かした。

     「日々いろんな感情がありますが、清濁併せ呑む心をもっていたいものです。感謝ばかりです」とし、「1年と少し、ありがとうございました。感謝」と重ねてフォロワーに感謝の意を伝えた。

     突然の発表を受け、フォロワーからは「めちゃくちゃ寂しいです」「なぜ負が生まれるのか、気持ちよくできないのか…本当に無念です」「寂しいですけど…これからも頑張って下さい」と驚きと戸惑いの声が上がっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000110-sph-ent



    はてなブックマークに追加
    先月末、フォークデュオ・ゆずの北川悠仁の妻で、フリーアナウンサーの高島彩が第2子となる女児を出産した。夫の音楽界における活躍は言うまでもなく、高島もフリーアナとして、タレントとして、そして最近では『下町ロケット』(TBS系)で女優としても出演するなど、公私ともに絶好調といえる。

     ルックスやフジテレビ「朝の顔」だったインパクトはやはり強く、未だにファンも多い高島。今では清楚な雰囲気を醸しだす美女だが、学生時代の格好は化粧も濃く、いわゆるイケイケな「ギャル」といった雰囲気で、時折雑誌や芸能メディアでも取り上げられている。

     そんな高島だが、学生時代はその風貌の通り、趣味もなかなか興味深いものだったようだ。

     学生時代に女性ファッション誌に登場した際、プロフィールには「お酒、ホルモン系の焼肉が好き」とある。まあこれは普通だが、さらに「麻雀・パチスロ」とある。あの高島が麻雀・パチスロとは意外といえば意外な……。

    「サミーの『獣王』が非常に好きで、徹夜でパチンコ屋に並んだなんて話もあります。落ち着いたアナウンスにミスをしないと絶賛されたアヤパンですが、そうした度胸はギャンブルで培ったのかも……。彼氏がパチンコ好きで、一緒に打っていたらハマッていた、という話はよく聞きます。彼女もそうした経緯があったのではないでしょうか」(記者)

     他にも、フジテレビアナウンサーの生野陽子も、池袋あたりで以前はパチンコを打っていたなんて話が。最近フジを退社した加藤綾子も、学生時代はかなりのギャルだったという情報が。彼女もパチンコ好きなんてこともあったりして……。

     他にも後藤真希や前田敦子、吉高由里子も意外にもギャンブラーとして知られている。厳しい芸能界で勝負勘を磨いているのだろうか。最近はパチスロに通う女性も増えたが、芸能界でもそれは同じらしい。

    http://biz-journal.jp/i/gj/2016/06/post_676.html



    はてなブックマークに追加

     今年2月に第一子となる女児を出産した、フリーアナウンサーの高島彩。先日、夫・北川悠仁の母の自宅隣に
    “推定価格1億8,000万円”の豪邸を購入したことを「女性自身」(5月27日号、光文社)が報じたが、初めての育児に追われながらも充実した日々を送っているようだ。

     しかし、実はこの妊娠・出産までにはつらい過去があった。というのも、先日発売した出産エッセイ本
    『彩日記-Birth-』(KADOKAWA)の中で、高島本人が以前に死産を経験していたことを告白しているのだ。

     本書によれば、最初の妊娠が判明したのは結婚から半年後のこと。妊娠4カ月目に入り、妊娠を世間に公表しようとしていた矢先、
    検診でおなかの中の赤ちゃんが亡くなっていることが分かったのだという。診断は「子宮内胎児死亡」、原因は染色体異常によるものだったそうだ。

     この妊娠がわかったときには北川と歓喜し、「主人と手を取り合って喜んだ、幸せいっぱいのビデオ」も残っているという。
    だが、当時の高島の認識は“結婚したら妊娠するのはあたりまえ”。
    そのため体を大事にしようと思いつつも海外取材を引き受けるなど、まだ“仕事モード”から抜け切れていなかったという。

     死産という悲しい現実──妊娠から12週を過ぎていたため、処置は出産するのと同様に分娩形式を取り、
    さらには死亡届を提出する必要がある。火葬も行うため、遺骨も残る。高島は小さなころから「つらい」と人に伝えるのが苦手だった
    というが、医師から説明を受けたときも、周囲につらい気持ちを悟られないよう「できるだけ平常心を保とうと必死でした」
    「ここでは絶対に泣かない」と気丈に振る舞った。しかし、北川の顔を見た瞬間、申し訳なさと悲しさで
    「我慢していたものが込み上げてきた」という。

    「いつのまにかついた、おなかをなでる癖。『もうここにはいないんだ』と気付いては泣き、目が覚めて、
    あの子が死んでしまったことが現実だと分かると泣いて……。あの時期は、今まで生きてきて、こんなに泣いたことはないくらい
    泣き続けていました」(本書より)

     そんな高島の心を癒やしたのは、同じような経験をもつ女性たちのブログだった。そして、
    流産の経験がある人が想像以上に多いということも知った彼女。北川とともに悲しみを乗り越え、
    半年間子宮を休めた後は、仕事をセーブしつつ基礎体温のグラフをつけたり、下半身を温めることを心がけたりと、
    本格的に「妊活」に取り組んだ。

     だが、妊娠はすぐにうまくいくものではない。高島は一度、妊娠検査薬で陽性反応が出たにもかかわらず、
    生理が始まってしまう「化学的流産」も経験。これは受精したものの着床が続かなかった状態を指すもので流産とは見なされないが、
    高島は「やっぱり落ち込みは相当なものでした」と振り返っている。

     そして死産から1年が過ぎたころに、ついに2度目の妊娠。それでも出産までの道のりは決して安泰なものではなかった。
    マスコミへの妊娠発表の2日後には、胎盤が子宮口をふさいでいる「全前置胎盤」という状態であることが発覚。
    「切迫流産」の診断を受けるなどの危機もあったという。そうした不安な日々を乗り切り、今年の2月、無事出産を迎えたのだ。

     高島が言うように、妊娠・出産は“あたりまえ”のことではない。先日も森三中の大島美幸が「妊活」のため休業に入ったが、
    『とくダネ!』(フジテレビ系)ではキャスターの小倉智昭が「妊活って意味あるの?」と疑問を呈するなど、妊娠を望む女性たちに対して社会の風当たりはまだまだ強いのが現状。この高島の告白が、世間の理解を深める一歩になればいいのだが。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8877359/



    はてなブックマークに追加

     今年2月17日に第1子女児を出産したフリーアナウンサーの高島彩アナによる、
    妊娠から出産までの出来事をまとめたエッセイ『彩日記―Birth―』が25日、
    角川マガジンズBCより発売される。表紙には高島アナのマタニティ写真が
    使用されているほか、愛娘を抱く姿も披露。母となった高島アナの、母性溢れる
    表情がおさめされている。

     高島アナの日記をベースにまとめた同書は、妊活から妊娠後、出産までの
    心と身体の状態や悲しみ、不安、喜びなどを赤裸々につづったもの。母になるまでの
    変化はもちろんのこと、周囲への報告のタイミングや、妊娠中の仕事、妊娠後の働き方など、
    アナウンサーとして第一線で活躍している高島アナの、“働く女性”としての悩みも告白。
    また、高島本人が訪れたパワースポットや、マタニティーライフで役に立つファッションや
    グッズも紹介している。

     高島アナと夫で人気デュオ・ゆずの北川悠仁は2011年10月に結婚し、2013年
    10月に妊娠を発表。その後、女性誌のエッセイでつわりと食あたりで体重が激減したこと、
    切迫流産の危険性などから情緒不安定になったことなどを告白していた。不安定な心身の
    状態を乗り越えて2月に無事出産した際は、連名で「小さな命の誕生に、夫婦ともに
    感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びの報告を行ったほか、夫の北川も公式フェイスブックに
    「親父、頑張ります!」とつづるなど、喜びを爆発させていた。

    http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/love/news/2036792/full/
    25日発売のエッセイ『彩日記―Birth―』表紙に使用されている、高島彩アナのマタニティ写真
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20140425/2036792_201404250740978001398393196c.jpg

    25日発売のエッセイ『彩日記―Birth―』に使用されている、高島彩アナと愛娘のツーショット
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20140425/2036792_201404250741374001398393196c.jpg

    25日発売のエッセイ『彩日記―Birth―』に使用されている、高島彩アナのオフショット
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20140425/2036792_201404250741618001398393196c.jpg




    はてなブックマークに追加
    1 名前:三毛猫φ ★:2014/02/19(水) 00:02:15.45 ID:???0

     人気デュオ「ゆず」の北川悠仁さんと2011年に結婚したフリーアナウンサーの高島彩さんが
    17日午後8時52分に第1子となる3128グラムの女児を出産したことが18日、明らかになった。
    所属事務所がファクスで発表した。

     2人は直筆の連名サイン入りで、「小さな命の誕生に、夫婦ともに感謝の気持ちでいっぱいです。
    産声がくれた大きな喜びを、尽きることのない愛にかえて、大切に育ててまいります。これからも、
    どうぞよろしくお願いいたします」と女児誕生の喜びのコメントをつづっている。

     高島さんと北川さんは11年10月に結婚。高島さんは昨年10月に「私事ではありますが、この度、
    子供を授かりました。現在妊娠6カ月に入ったところです」と公式サイトなどで発表していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140218-00000014-mantan-ent


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1392735735


    はてなブックマークに追加
    1 名前:三毛猫φ ★:2013/10/02(水) 21:10:56.83 ID:???0

     元フジテレビの高島彩アナウンサー(34)が2日、妊娠6カ月に入ったことを
    ファクスで発表した。

     高島アナは2011年10月、「ゆず」の北川悠仁(36)と結婚した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131002-00000096-spnannex-ent


    引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1380715856


    はてなブックマークに追加
    1 名前:禿の月φ ★:2013/02/12(火) 05:15:23.37 ID:???P

    お笑いタレント、加藤浩次(43)とフリーアナウンサー、高島彩(33)が、
    4月からスタートするフジテレビ系新バラエティー「テレビ社会実験バラエティ 
    あすなろラボ(仮題)」(日曜後9・0)の司会を務めることが11日、分かった。

    2010年10月からドラマ枠だった同局日曜夜9時にバラエティーが復活。
    元同局アナのアヤパンも2年半ぶりに“日9バラエティー”に帰ってくる。

    10年9月まで同局日曜9時台に放送されたバラエティー「エチカの鏡~ココロにキクTV~」で
    進行役を務めた高島。同年限りでフジを退社し、11年10月にフォークデュオ、
    ゆずの北川悠仁(36)と結婚。フリー&人妻となって、フジの日曜夜に復活する。

    高島が「主婦としてもうれしい番組にしていきたい」と意気込む新番組は、
    “社会実験バラエティー”と銘打ち、社会的テーマについて長期にわたり実験していく企画だ。

    例えば「限界集落」と呼ばれる65歳以上の人口が50%を超える地区が増えているとの
    ニュースに対し、「限界集落から『限界』の文字を取れるか」という実験を敢行。
    タレントを「テスター」として地区に送り込み問題点を分析、街の活性化を図り、
    若者を誘致-という壮大な社会実験に、テレビならではの楽しく夢のある視点で挑む。
    >>2以降に続きます)

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130212/owa13021205040002-n1.html
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130212/owa13021205040002-n2.html
    画像:http://www.sanspo.com/geino/images/20130212/owa13021205040002-p1.jpg

    http://www.sanspo.com/geino/images/20130212/owa13021205040002-p2.jpg


    2 名前:禿の月φ ★:2013/02/12(火) 05:15:39.02 ID:???P

    >>1からの続きです)
    ほかにも、「日雇い労働をしながら世界一周旅行ができるか」
    「自然エネルギーだけで暮らせるか」などのテーマが待機中。
    高島は「実験で生み出された感動が記憶として残り、
    日々の生活に役立ってくれると思う」と期待をかける。

    アヤパンとコンビを組むのが、日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜前8・0)など
    司会業で躍進を続ける加藤だ。高島について「心の奥底に超ド級のSを抱えている人!」と分析する。

    MCとしては初タッグだが、実は因縁も。局アナ1年目だった02年2月の
    「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)で、加藤扮する頑固親父が
    ゲストをジャイアントスイングで振り回す名物コーナー「爆烈お父さん」に出演。
    アヤパンが加藤に振り回され、キャメルクラッチをきめられた過去が…。

    高島は「全国放送でキャメルクラッチされたのは、アナウンサー人生の中で
    最もつらい思い出です(笑)」とジョーク。約10年を経て、高島が超ドSキャラで
    加藤に復讐する?“社会実験”の結果も楽しみだ。(了)


    引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1360613723


    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ