ヘッドライン

    お勧め記事

    夏目三久

    はてなブックマークに追加
    フリーアナウンサーの夏目三久が25日、TBS系「あさチャン」で、自身も「セクハラと取れる言葉を受けたことはたびたびあった」と、
    セクハラ被害に遭っていたことを明かし「黙認がセクハラをはびこらせる一番の要因」と訴えた。

     番組では、連日報道されている財務事務次官のテレビ朝日女性記者に対するセクハラ問題について放送。
    省庁の職員や、地方議員のセクハラ被害の実態などを報じた。

     夏目アナは「今回のセクハラ疑惑の報道を受けて、私もいろいろ考えるきっかけになった」と切り出すと
    「かつて、取材相手からセクハラとも取れる言葉を受けたことはたびたびありました」と自身の体験を語り出した。

     「その人については、取材する側も皆がそういう人なんだと諦めて、私自身も声を上げることが、
    イコール仕事が出来ない心が弱いヤツだと思われるのが怖くて。その時は皆が黙認しているという空気が出来上がっていた」と、
    自分が“心が弱い”と思われたくないがために黙ってしまっていたという。

     だが今回、女性記者が行動に移したことでセクハラ問題が社会的な関心を呼んでいることに
    「今回の報道をきっかけに思ったのは、この黙認こそが、セクハラをはびこらせている一番の大きな要因になっていると思った」ともコメント。
    「女性、男性、一人一人がセクハラ問題を考えて根本から意識を変える。そういう時代にきているのかなと強く思いました」と持論を述べていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000049-dal-ent

    関連スレ
    【女子アナ】夏目三久“コンドーム手持ち写真”「流出」に番組スタッフ「オカモトじゃなくて、なぜサガミなんだ」
    https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1247896891/



    はてなブックマークに追加
    22日放送の「サワコの朝」(TBS系)で、フリーアナウンサーの夏目三久が、「ひとり外食」について持論を展開した。

    番組では、夏目がゲストに登場し、司会の阿川佐和子とスタジオトークを繰り広げた。

    その中で、夏目は「ひとり外食」もすると明かす。阿川が「さびしくない?」と心配するが、

    夏目は「ラクですよ」と、あっけらかんとした様子で返した。

    近所の定食屋や焼き肉など、どこでもひとりで行けるという。これに阿川は「焼き肉にひとりで!?」と驚愕する。

    夏目が「行けないですか?」と聞くと、阿川は「私、案外小心者」「なんかひとりって緊張する」と抵抗を示す。

    すると夏目は「それはね、きっと自意識過剰になってるんですよ」「誰も見てませんから」とバッサリ。

    スタジオで笑いが起きる中、阿川は「見られてると思いますよ…」とコメントする。

    だが、夏目は「でも、それを気にしちゃうと何もできなくなるので」と持論を展開していた。

    2017年4月22日 11時25分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/12969898/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/3/0/3030961850cf554d7c6bc6f096af8d5b.png




    はてなブックマークに追加
    フリーアナウンサーの夏目三久(32)に、本格的なドラマ出演の話が持ち上がっている。

    「夏目は有吉と結婚して芸能界から身を引くことを真剣に考えていたともいわれていたんですが、所属事務所社長の説得もあって、有吉とは別れ、引退も思いとどまった。その代わりに、夏目の女優転身の希望を事務所社長がバックアップすることにしたんです」(芸能関係者)

    当初は、事務所の先輩で“視聴率男”の呼び声高い堺雅人が2013年7~9月に主演し、最終回が42・2%の驚異的視聴率を取った「半沢直樹」の続編が決まれば、同ドラマで女優転身を果たすとみられていた。

    だが、実際にはフジテレビで、同じ堺主演の「リーガルハイ」に続編制作の話が持ち上がり、夏目にはヒロインクラスの重要な役どころでの出演が検討されているという。

    同芸能関係者によれば「事務所が提示した夏目のギャラは、1話当たり120万円」で、これは中堅クラスの俳優とさほど変わらない額だ。フジが当初予定していた額を大幅に超えており「二の足を踏んでいる状態」というだけに、夏目の出演はすんなりと決まりそうもない。

    それでも、ある制作関係者は「フジテレビが一番恐れているのは堺をTBSに持っていかれること。堺クラスになると、長編ドラマは年に1本くらいしか出演しない。事務所が提示した条件をのんで続編を制作できるのなら、無理をしてでも何とかするはず」と、最終的にはフジが折れる可能性を指摘した。

    すでに夏目は堺と「スカパー!」のCMで共演しており、ドラマ共演の“準備”はできている。新人女優として破格のギャラに見合った演技を見せて、女優本格転身の足掛かりにすることはできるか。


    一部抜粋でお送りしております。 詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/668567/



    はてなブックマークに追加
     フリーアナウンサーの夏目三久(32)が5日、レギュラーを務める日本テレビ系「真相報道バンキシャ!」で号泣した。

     この日は、落語家・林家木久扇(79)がゲストとして生出演。2000年に胃がん(摘出手術)、14年に喉頭癌(放射線治療)と、2度のがんを乗り越えた体験が密着ドキュメントとともに放送された。

     夏目はVTR終わりで、スタジオの木久扇が、高座などでがんをネタにして笑わせている理由を「2回も(がんに)なった人間があんなバカ言ってる、と受け取ってもらえたら成功したと思います。僕は治ったから伝えたいんです。人は生きていかなくちゃいけないんです」と明るく語る姿に涙。大粒の涙をボロボロ流し、鼻水をすすり、手で涙を何度もぬぐった。

    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000086-dal-ent



    はてなブックマークに追加
    人気フリーアナの夏目三久(32)が、メーンキャスターを務めているTBS系朝の情報生番組「あさチャン!」を3月いっぱいで“卒業”し、女優に転身するとの極秘情報をキャッチした。しかも、その理由が実に興味深い。昨年の芸能界最大のミステリーといわれた夏目と人気芸人・有吉弘行(42)の「熱愛報道」が関係しているというのだ。2大朝刊スポーツ紙が、その真偽を巡って真っ向バトルを繰り広げた騒動の裏で交わされた“密約”とは――。 

     元日テレの看板アナの夏目が、3月いっぱいで「あさチャン!」を降り、4月以降はアナウンサー業にいったん、ピリオドを打つといわれている。 

    「とりあえず、全ての退路を断つという話になっているから、夏目本人も本気のようです。TBS系の『あさチャン!』だけでなく、日本テレビ系日曜夕方の『真相報道バンキシャ!』にも同様に降板を申し出ているが、日テレサイドからは猛烈に慰留されているそうですけどね」(芸能プロ関係者) 

     夏目が自ら崖っ縁に立って「本気で挑もう」としているのはズバリ女優業だ。とはいえ、地道に下積みを続ける女優が星の数ほどいるなか、元人気アナというだけで、簡単に転身できるかは未知数だ。 

     だが、夏目の女優転身志望を知ったテレビ局関係者からは「夏目なら、ひょっとするとポスト野際陽子になれるかも…」という声も出ている。確かに、野際といえば元NHKアナウンサーの経歴を忘れるほど、誰もが知る名女優となった。ドラマ関係者がその野際に例えるほど期待するのには、それなりの理由がある。それは夏目が女優転身を決意した裏事情にあった。 

    「夏目は昨年、一部スポーツ紙で有吉との熱愛やそれを否定する報道、その後は週刊誌などに破局まで報じられ、精神的にかなりのショックを受けたようなんです」(キー局関係者) 

     いきなり某スポーツ紙が1面で「熱愛」を報じたかと思えば、直後に別のスポーツ紙が「否定」と打ち消し、読者は「いったいどうなっているんだ!?」と大混乱した。おまけに、テレビのワイドショーが“芸能界の大人の事情”で突っ込んだ内容には触れられず、結局、真相は分からずじまいだった。まれにみるミステリーだったが、ここへきてその真相も見えてきた。 

    「熱愛を報じたスポーツ紙には、ある大物芸能プロ幹部が後ろ盾になったんです。だから本人や関係者から徹底否定されても書き続けたんです。実際に夏目は有吉と結婚し、一時は芸能界引退をしてもいいと真剣に考えていた。そんな夏目を説得し、有吉と別れるよう迫ったのが事務所の社長だった。逆に熱愛否定を報じたスポーツ紙は、この事務所社長筋が後ろ盾になったんです」(同)

     その社長が今回、夏目の「あさチャン!」卒業を渋々認めて、女優への転身をバックアップすることにしたのは「有吉と別れた夏目に対する“ごほうびの密約”だったようです」と同関係者は明かす。 

     夏目にとって女優本格始動のノロシといわれているのが、まずは事務所の先輩、堺雅人(43)とのCM共演だ。さらには「今秋以降に放送されるフジの“月9”ドラマが内定した」との情報まで急浮上している。しかも「ヒロイン、もしくはそれに準ずる重要な役」というのだから驚く。 

    「いまや低視聴率ソフトに成り下がったフジの“月9”は中堅以上の女優は誰も出たがらない。そんな間隙を縫うように名前が浮上したのが女優転身で話題性がある夏目。フジはいまさら誰をキャスティングしても数字が取れないことは百も承知。夏目を起用することで、堺主演の人気ドラマ『リーガルハイ』の続編など、なんとか人気の堺とのパイプを強めたいという意向なのです」(前出の芸能プロ関係者) 

     視聴率低迷が続くフジテレビにとって「リーガルハイ」は数字が見込める数少ない人気ドラマ。これまでシリーズ2期に加え、スペシャルドラマを放送し、いずれも話題となった。「しかも堺の相手役があの新垣結衣ですからね。『逃げ恥』で乗りに乗っているガッキーだけに、“シーズン3”となればかなりの数字が見込めますから、フジはどんな条件だってのむでしょう」(同) 

     安定したキャスターの座を捨てて挑む女優業が実現すれば話題になること必至だが、果たして…。

    東スポWeb 1/15(日) 11:13配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000100-spnannex-ent



    はてなブックマークに追加
     ママドルの去就に注目が集まる中、ある熟年夫婦にも離婚危機がささやかれている。「芸能界のドン」こと田辺エージェンシー・田邊昭知社長(78)と元歌手の小林麻美(63)の夫妻だ。

     田邊社長は91年、当時所属タレントだった小林と17年にわたる極秘交際の末、妊娠・出産を経て結婚。それぞれ52歳と37歳という年の差婚だった。

    〈生まれた時点では未婚の母でしたが、あまり深く考えませんでした。たとえ結婚できなくとも、好きな人の子どもだから、絶対に産みたかったんです〉(「微笑」91年4月13日号)

     入籍の翌月、こう明かしていた小林だが、

    「子供が都内の名門小学校に通っていた頃から、多忙な田邊社長はほとんど家に帰ってこなくなり、すれ違いの生活を送っていました」(芸能プロ幹部)

     さらに、11年に夏目三久アナ(32)が日本テレビを退社し、田辺エージェンシーの所属タレントとなったことも、夫婦間の溝を深める要因になったという。

    「田邊社長の夏目に対する寵愛ぶりは、業界内外に知れ渡っていました。昨年夏にスポーツ新聞が夏目の『妊娠』を1面で報じた際は、かなりオカンムリでしたからね。
    かつて夏目と同じく所属タレントだった小林さんが疑いの目を向けるのも無理はありません」(前出・芸能プロ幹部)

     そして、ついに夫婦の亀裂を決定づける出来事が起こる。

    「田邊社長は昨年、脳梗塞を発症。幸い、後遺症もなく、仕事は従来どおり続けていますが、人生を見つめ直すきっかけになったようです。
    小林さんとの間に生まれた息子さんも大手広告代理店に就職し、結婚もしたことで『息子は1人で生きていける。もうオレは好きなことをやっていく』と宣言し、小林さんと完全別居に踏み切ったんです」(前出・芸能プロ幹部)

     一方の小林も、同時期に25年ぶりとなる芸能活動を再開。女性誌「クウネル」(16年9月号)の表紙を飾り、変わらぬ美貌を見せつけ、人生の再スタートに向けて動きだした。

    http://www.asagei.com/excerpt/73491



    はてなブックマークに追加
    [2016年11月24日5時0分]

     当社は、8月24日付本紙で「有吉の子供 夏目三久妊娠 熱愛!! 結婚は未定」の見出しで、また、同25日付で「有吉 夏目アナ 年内結婚」の見出しで、フリーアナウンサー夏目三久さんとタレント有吉弘行さんに関する記事を掲載しました。

     しかし、おふたりそれぞれから事実無根との抗議を受けました。これを重く受け止め、再度取材内容を検証した結果、一連の記事には事実と異なるところがありました。特に妊娠という女性にとって重大な事柄については、ご本人に確認しておらず事実に反していました。
    この記事を契機に流されたさまざまな臆測を含め、夏目さんには深刻かつ多大なご迷惑をおかけいたしました。

     ここに訂正し、謹んで深くおわび申し上げます。

     日刊スポーツ新聞社

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742227.html



    はてなブックマークに追加
    フリーアナウンサーの夏目三久が21日、TBS系朝の情報番組「あさチャン!」で、
    20日に放送されたプロ野球ドラフト特番で同局の石井大裕アナウンサーが号泣したことについて「あれはないでしょう」と注意した。

    番組では、前日に行われたプロ野球ドラフト会議について放送。今年も数々のドラマを生んだが、石井アナはドラフト後に放送された特番で、
    二松学舎大付から巨人6位で指名された大江竜聖に生直撃。大江は父・広志さんが男手一つで育て上げたエピソードを持つが、
    石井アナは巨人に指名されたことを知ると大江よりも、広志さんよりも先に号泣してしまった。

    このVTRが改めて流されると、石井アナは「いやあ、良かったですね」としみじみとしたが、
    夏目アナは「あのぉ、私、昨日の朝、石井さんとお話して、選手と両親より先に泣いたアナウンサーがいましたよねえ、なんて話、しましたよね?
    そしたら石井さん、『あんなことしたら選手は泣けない。主役は選手だ』とおっしゃってましたよね?」とチクリと振り返った。

    前夜、放送を見たという夏目アナは「主役は選手」と語っていた石井アナのまさかの号泣を目の当たりにし絶句。
    「おい!でしたよ。あれはないでしょ?あれは一番やっちゃいけないことですよ」とピシャリ。
    石井アナも反省したのか「はい。気を付けます」と神妙な面持ちだった。

    石井アナは過去にも、テニスの錦織圭が全米OPで準優勝を果たしたときも号泣実況。涙もろい一面を見せている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000031-dal-ent
    デイリースポーツ 10月21日(金)9時31分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggTLkzBMryFW2kstdwD8XW0g---x344-y400-q90/amd/20161021-00000031-dal-000-16-view.jpg




    はてなブックマークに追加
    ゴムの箱を持ってベッドでニッコリ──。
    衝撃のラブラブ写真流出から7年、夏目三久の「妊娠」と「結婚」がスポーツ新聞で報じられた。
    デキ婚の相手とされるのが人気芸人の有吉弘行。だが、なぜかワイドショーは大物カップル誕生のニュースを報じない。アサ芸だけがタブーな真相に迫った。

    「めんどくせ~なぁ」

    フリーアナ・夏目三久(32)の妊娠を知って、有吉弘行(42)はこんなボヤキを連発したという。芸能関係者が明かす。

    「赤ちゃんがデキたのは早い段階で有吉さんの耳に入っていたようです。
    夏目さんの妊娠そのものについてなのか、マスコミ対応についてなのかはわかりませんが、しきりに『面倒くさい』を連呼していたそうです。
    でも、決して不機嫌そうには見えなかったと、かなり近い人物に聞きました」

    2人の熱愛をスッパ抜いたのは8月24日付の「日刊スポーツ」だ。
    記事では、「有吉の子供/夏目三久アナ妊娠」という大見出しのもと、夏目がすでに有吉の子供を身ごもっており、
    司会を務める朝の帯番組「あさチャン!」(TBS系)を来年3月までに降板する予定だと報じたのだ。

    女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏がオメデタの兆しについて語る。

    「確かに最近はタイトな衣装を着る機会が減ったように思いました。
    涼しげなノースリーブのスーツで二の腕をしっかりと見せていた夏目ですが、
    おなか回りのラインが出ない衣装が多かった気がします。
    昨年11月に突然の妊娠を発表したフリーアナの中田有紀も、ゆったりした衣装ばかり着ていましたね」

    2人が知り合うきっかけは5年前にスタートした「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)での共演だった。
    番組関係者はこう言って熱愛を肯定する。

    「当時は、まったく気づきませんでした。でも、あとで聞いた話では、夏目さんは本当に仲のいいスタッフだけには打ち明けていて、
    昨年の秋頃にはすでにお互いの家を行き来する関係だったようです。
    2人の間では『このまま共演してたらマズいよね‥‥』とビミョーな空気が流れていたとか」

    夏目は今年3月30日の放送回をもって同番組を降板した。

    番組卒業の挨拶では、共演者の有吉とマツコデラックスを前に、

    「おふたりのそばで仕事ができて幸せな時間でした。ありがとうございます」

    と感謝の弁を述べた。

    「最後の収録では、有吉さんがやたらハイテンションだったのを覚えています。
    ふだんは口にしないベタなギャグを連発して、無理に笑顔を作っているようにも見えました。
    必死に夏目さんとの仲をカムフラージュしていたのかもしれません」(前出・番組関係者)

    こうして、ひそかに愛を育んでいたという夏目は、「あさチャン!」以外にも2本のレギュラーを持つ人気アナ。だが、そんな彼女にも不遇の時代があった。

    日本テレビの局アナとして活躍していた09年7月、ベッドでコンドームを手にニッコリほほえむ夏目のラブラブ写真が写真週刊誌に流出したのだ。

    「全ての担当番組を降板させられただけでなく、局内ではイジメの対象になった。
    夏目がいない間に、机の上にコンドームが置かれていたこともあったようです。
    夏目は追われるように日テレを退社し、フリー転向直後に有吉と番組で共演。
    有吉は、それまで誰も触れなかった“コンドーム事件”でイジるなどして、夏目のキャラをうまく引き出した。
    再ブレイクにつなげたのは有吉の功績でしょう」(芸能評論家・平田昇二氏)

    夏目が「ゴムなしエッチ」を許すとしたら、相手は大恩人の有吉しか考えられなかったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1189992/
    2016.09.03 09:57 アサ芸プラス



    はてなブックマークに追加
    一部スポーツ紙で24日に「夏目三久妊娠 有吉の子供 結婚は未定」と衝撃的な見出しで
    報じられてから1週間。司会を務めるTBS「あさチャン!」に今週から夏休みで
    出演していないため、動向がまったく分からなくなっていた渦中の夏目三久(32)が
    スポニチ本紙の電話取材に初めて真相を語り、妊娠結婚報道は「全て事実ではありません」と
    全面否定した。

    ――今後は?法的措置を所属事務所が準備しているという話もあるが?

    「事務所が言っても、私が言っても信じてもらえないのなら、誰が私の潔白を
    証明してくれるのでしょうか。私がそんなことをしなければいけない日が
    自分の身に起こるなんて考えたこともありませんでしたが、私なりにできることをいま、
    しっかり考えております」

    自身を襲ったスキャンダルについて、最後まで穏やかな口調で明かした。
    時折こみ上げるものがあるのか、言葉に少し詰まる場面もあった。週明けの5日の
    「あさチャン!」でどのような発言があるか、注目される。

    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013272620.html



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ