ヘッドライン

    お勧め記事

    ゆとり

    はてなブックマークに追加
    1 名前:会社員(WiMAX):2012/01/05(木) 20:59:17.42 ID:rymkwtsN0 BE:2067714195-PLT(12000) ポイント特典

    sssp://img.2ch.net/ico/anime_charhan01.gif
    県内中学生、体力低下深刻 大半が全国平均以下

     中3男子のハンドボール投げは22メートル78で26年前と比べて2メートル落ちた―。
    県教育委員会が昨年12月に発表した持久走や立ち幅跳びなど2011年度の体力・運動能力テストで、小中高生とも親世代に当たる26年前を軒並み下回った。
    特に中学生は、ほとんどの種目で全国平均を割り込む深刻な結果。現場の教員からは生徒の体力・運動能力の低下を憂う声が上がっている。
     「3人に1人は力がなくて逆上がりはもちろん、鉄棒にぶら下がれない。4人に1人は真っすぐ前転ができない」。
    松山市内の中学校の40代男性教諭は、ため息交じりに現状を話す。「15年ほど前にはそんなにいなかったのに…」
     市内の別の中学校の30代男性教諭も同じ見方だ。「ここ数年、ちょっとしたことで骨折する生徒が増えた。全国より小柄な分、体力や運動技術が低いのでは」と分析。
    ほかにも「運動部に入部しているかどうかで二極化が激しい」「特定の競技だけうまくて、あとはからっきし駄目という生徒が多い」などの嘆き節が聞かれる。
     体力低下の背景について、関係者が指摘するのが「体育の授業時間の削減」や「少子化に伴う運動部の部員数減少」などだ。
     県教委によると、中学の保健体育授業は02年度からの「ゆとり教育」導入で、年間105時間から90時間に削減された。
    新学習指導要領が始まる12年度からは10年ぶりに元に戻るが、40代男性教諭は「ゆとり教育の代償は大きい。生徒の競争意識をそぎ、ハングリー精神もなくなった」とこぼす。

    http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120104/news20120104533.html



    はてなブックマークに追加
    1 名前:看護士(長崎県):2012/01/04(水) 09:04:59.18 ID:YndUenxI0 BE:165748223-BRZ(11872)

    sssp://img.2ch.net/ico/hyou.gif
    県内中学生、体力低下深刻 大半が全国平均以下

     中3男子のハンドボール投げは22メートル78で26年前と比べて2メートル落ちた―。
    県教育委員会が昨年12月に発表した持久走や立ち幅跳びなど2011年度の体力・運動能力テストで、
    小中高生とも親世代に当たる26年前を軒並み下回った。特に中学生は、ほとんどの種目で全国平均を割り込む深刻な結果。
    現場の教員からは生徒の体力・運動能力の低下を憂う声が上がっている。
     「3人に1人は力がなくて逆上がりはもちろん、鉄棒にぶら下がれない。4人に1人は真っすぐ前転ができない」。
    松山市内の中学校の40代男性教諭は、ため息交じりに現状を話す。「15年ほど前にはそんなにいなかったのに…」
     市内の別の中学校の30代男性教諭も同じ見方だ。「ここ数年、ちょっとしたことで骨折する生徒が増えた。
    全国より小柄な分、体力や運動技術が低いのでは」と分析。ほかにも「運動部に入部しているかどうかで二極化が激しい」
    「特定の競技だけうまくて、あとはからっきし駄目という生徒が多い」などの嘆き節が聞かれる。
     体力低下の背景について、関係者が指摘するのが「体育の授業時間の削減」や「少子化に伴う運動部の部員数減少」などだ。
     県教委によると、中学の保健体育授業は02年度からの「ゆとり教育」導入で、年間105時間から90時間に削減された。
    新学習指導要領が始まる12年度からは10年ぶりに元に戻るが、40代男性教諭は「ゆとり教育の代償は大きい。
    生徒の競争意識をそぎ、ハングリー精神もなくなった」とこぼす。

    http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120104/news20120104533.html



    はてなブックマークに追加
    1 名前:名無しさん@涙目です。(氷川神社):2011/12/31(土) 23:20:23.07 ID:NJgEDuZ2P BE:4347756498-PLT(12005) ポイント特典

    sssp://img.2ch.net/ico/10ite.gif
    12年は、全国の中学校で10年ぶりに改訂された新しい学習指導要領が実施され、体育の授業では武道が必修になる。
    12年春から全国の中学校で実施される新しい学習指導要綱は、知識や技能の習得と思考力、判断力、表現力などをバランスよく育むことを目指している。
    授業時間は、週に1コマ増え、国語・社会・数学・理科・外国語・保健体育の授業時数が約10%増える。

    教育内容の変化として特に注目されているのは武道の必修化で、1、2年生は体育の授業の中で柔道、剣道、相撲の中からいずれかを選択することになる。
    これは、日本の伝統や文化に関する教育を充実させようという取り組みで、和楽器や和装などについて学ぶ機会もつくるという。
    また、国語や外国語などの授業は、リポートしたり討論したりして、表現する機会を重視した内容になるという。
    文科省は、「ゆとり」でも「詰め込み」でもない新しい教育で、子供の「生きる力」を育みたいとしている。

    http://www.news24.jp/articles/2011/12/31/07197364.html



    はてなブックマークに追加
    1 名前:◆zzzbb2c.e6 (明治神宮):2011/12/30(金) 23:50:32.13 ID:PakgxQ160 BE:1438195673-PLT(12000) ポイント特典

    sssp://img.2ch.net/ico/u_naoruyo_bath.gif
    文科省、「家庭の経済格差」が「子どもの学力格差」につながるか調査へ

    「家庭の経済力」、イコール「学力」という教育格差が大きな問題になっている。家庭の経済格差が、子どもた
    ちの学力格差に、そのままつながっているのかどうか、文部科学省が調べる方針。
    「あなたの家に絵画はありますか?」、「専門書はありますか?」などといった問いを、文科省が全国学力テスト
    にあわせ、子どもたちに行う方向だという。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00214382.html

    円周率は3 - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%91%A8%E7%8E%87%E3%81%AF3



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ