ヘッドライン

    お勧め記事

    首相

    はてなブックマークに追加
    1 名前:名無しさん@涙目です。(慈恩寺):2011/12/30(金) 21:28:46.60 ID:heLxm+dj0 BE:3981985079-PLT(12001) ポイント特典

    sssp://img.2ch.net/ico/si.gif
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111230/t10014991821000.html

    野田総理大臣は、消費税率を引き上げるための政府・与党案が固まった
    ことについて、30日夜、記者団に対し、「大きな前進だ」としたうえで、
    「真に国家国民のための議論をしよう」と述べ、来年の通常国会で必要な
    法案を成立させるため、野党側に真摯(しんし)に協力を呼びかけていく
    考えを強調しました。

    この中で、野田総理大臣は、消費税率を引き上げるための政府・与党案が
    固まったことについて、「国民に負担をお願いする話なので、政権与党として
    つらく重いテーマだが、民主党の税制調査会で、誰も怒号を上げずに意思
    決定できたのは大きな前進だった」と述べました。そのうえで、今後の与野党
    協議について、「いかなる政党も社会保障制度を持続可能なものにしていかな
    ければならず、安定財源が必要だというのは、十分理解できるはずだ。政局に
    絡めるのではなく、真に国家国民のための議論をしようと呼びかけていく」と述べ、
    来年の通常国会で必要な法案を成立させるために、野党側に真摯(しんし)に
    協力を呼びかけていく考えを強調しました。また、消費税率の引き上げ時期を
    半年遅らせたことについて、野田総理大臣は、「原案に比べて半年遅れる分、
    基礎的財政収支『プライマリーバランス」の半減に向けて、少し苦しくなるが、
    その分を新成長戦略の加速や日本再生戦略の実施で補うことで2015年度まで
    に赤字を半減することは死守をしていきたい」と述べました。さらに、野田総理大臣は、
    議員定数などの削減が消費税率引き上げの前提になるのかどうかについて、
    「まずは隗(かい)より始めよ、みずからの身を削れという国民の声が大変大きい
    ことは十分承知している。議員定数や公務員の人件費削減などの努力を行い、
    税率の引き上げを行っていきたい」と述べました。





    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ