モダン建造物*東京都

May 14, 2017

【現存せず】渡邊ビルヂング (東京都港区浜松町)

【 渡邊ビルヂング 】 (※現存せず)

東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (4)


所在地:東京都港区浜松町2-4-21

竣工:昭和6年(1931) 

設計・施工:大林組


スクラッチタイルの外観。

東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (5)
東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (8)



帝冠様式も見受けられます。

東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (3)

東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (2)



ホタルブクロの様なデザインのステンドグラス☟

東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (7)
東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (1)
東京都港区浜松町2-4-21_渡邊ビルヂング (9)


< 撮影:2008.09 >


浜松町駅西口開発に伴い、2015年解体されてしまいました。



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 【現存せず】渡邊ビルヂング 

kuroneko_studio at 21:53|Permalink

May 12, 2017

旧日本郵船(株)小樽支店 (北海道小樽市色内)

【旧日本郵船(株)小樽支店】

小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (5)



所在地:北海道小樽市花園5丁目10番1号

竣工:明治39年(1906)

設計:佐立七次郎

施工:山口岩吉(地元の大工棟梁)


小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (1)
小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (8)
小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (7)
小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (6)
小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (4)
小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (3)
小樽市色内_旧日本郵船小樽支店_外観 (2)




1階部分 (客溜りと営業室など)

小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (1)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (5)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (9)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (7)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (6)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (3)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (5)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_1階 (4)


小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_階段1 (3)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_階段1 (1)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_階段1 (2)



貴賓室

小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_貴賓室 (2)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_貴賓室 (1)



小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_2階 (5)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_2階 (6)

小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_2階 (2)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_2階 (3)
小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店 (38)



会議室

小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_会議室 (2)



約60畳分の絨毯を敷きつめている会議室には柱がありません。

シャンデリアは、大正期のものだそうです。

小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_会議室 (1)


小樽市色内_旧日本郵船(株) 小樽支店_ステンドグラス窓の階段

< 撮影:2012.05 >




設計者の佐立七次郎は、明治時代に活躍した建築家です。


工部大学校(東京大学工学部の前身※)で、

ジョサイア・コンドルに学んだ第1期生です。


同期には、辰野金吾、片山東熊、曾禰達蔵がいます。

(※工部大学校は明治22年に合併し、東京大学工学部になります。)




佐立七次郎が手掛けたものが、国会議事堂近くに現存します。


こちら☟

【日本水準原点標庫】

東京都千代田区永田町1丁目1番地_日本水準原点標庫_200705 (1)


所在地:東京都千代田区永田町1丁目1番地

竣工:明治24年(1891)頃

設計:佐立七次郎

東京都千代田区永田町1丁目1番地_日本水準原点標庫_200705 (2)


< 撮影:2007.05 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 旧日本郵船(株)小樽支店

検索→ 日本水準原点標庫


kuroneko_studio at 20:48|Permalink

May 09, 2017

東京大学本郷キャンパス内の伊東忠太作品 (東京都文京区)



【(工学部1号館前)ジョサイア・コンドル像の台座】

ジョサイア・コンドル博士像 (4)


コンドル没後2年の大正11年(1922)、

長年の功績を称えて製作が決定し、翌年除幕されたそうです。


注目はこのアール・デコ台座!


右は男の鬼。

ジョサイア・コンドル博士像 (6)



右は女の鬼。

ジョサイア・コンドル博士像 (5)


ジョサイア・コンドル博士像 (3)



“二匹の鬼”というのは“地震”の象徴なのだそうです。

その上に立つ建築士、ジョサイア・コンドル博士という事で・・・


粋な計らいに脱帽です。


しかも、鬼の髪のラインが台座にデザインとして取り込まれていて

計算された美しさも感じられます。


ジョサイア・コンドル博士像 (7)



訪れた時は知りませんでしたが、

後日、台座の設計者を知って納得!


私が最も惹かれる建築家、伊東忠太が手掛けた台座だったのです!!



NTTファシリティーズより

ジョサイア・コンドル博士像 (1)



ちなみに、銅像を手掛けたのは新海竹太郎だそうです。




もうひとつは、国の登録有形文化財にも指定されているこちら☟


【 本郷正門及び門衛所 】

東京大学本郷正門及び門衛所 (1)

東京大学本郷正門及び門衛所 (4)
東京大学本郷正門及び門衛所 (2)
東京大学本郷正門及び門衛所 (3)



正門1912(明治45)年は冠木(かぶき)門という伝統的な門形式をもつ。

最上部の冠木には吉兆を表わす瑞雲(ずいうん)の間から登る旭日が描かれ、

扉には波立つ海を象った青海波(せいがんは)と縦格子、

唐草模様などがあわせられる。

一方門柱では鉄骨の柱を厚切りの花崗岩で張り上げ、

扉も種類の異なる鉄材を組み合わせたもの。

和の趣味、洋の技術を折衷する和魂洋才のデザインであった。

設計は建築学科の伊東忠太。

オリジナルの大扉と冠木は、1988(昭和63)年にアルミ合金製レプリカに

入れ替えられ、今は駒場で眠っている。

(東京大学創立130周年記念事業 知のプロムナード ナビゲーション・ブック)より




 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 東京大学・本郷キャンパス

kuroneko_studio at 23:12|Permalink

March 27, 2017

東京都江東区佐賀の近代建築

【 村林ビル(佐賀町スタジオ) 】

江東区佐賀町1_村林ビル (5)


所在地:東京都江東区佐賀町1-8-7

竣工:昭和3年(1928)

設計:関根要太郎

施工:大林組
  
江東区佐賀町1_村林ビル (3)
江東区佐賀町1_村林ビル (4)
江東区佐賀町1_村林ビル (5)
江東区佐賀町1_村林ビル (1)



【 網中産業 】

江東区佐賀町1-12_網中産業 (1)


所在地:東京都江東区佐賀町1-12

江東区佐賀町1-12_網中産業 (2)


(↑左側の建物は現存せず。)



【 旧讃岐食品 】

江東区佐賀1-1_讃岐食品


所在地:東京都江東区佐賀町1-1



【 日本救命器具 】 ※現存せず

江東区佐賀1-1-4_日本救命器具_現存せず (2)

 
所在地:東京都江東区佐賀町1-1-4

江東区佐賀1-1-4_日本救命器具_現存せず (3)


< 撮影:2009.11 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 村林ビル(佐賀町スタジオ) 

検索→ 網中産業 

検索→ 旧讃岐食品 

kuroneko_studio at 12:42|Permalink

February 10, 2017

東洋趣味ヲ基調トスル現代建築・日本橋高島屋

【日本橋高島屋百貨店】

日本橋高島屋_外観


所在地:東京都中央区日本橋2丁目

竣工:昭和8年(1933)

設計:高橋貞太郎・前田健二郎

施工:大林組
 
日本橋高島屋_外観 (1)
日本橋高島屋_外観 (4)
日本橋高島屋_外観 (5)
日本橋高島屋_外観 (6)

日本橋高島屋_外観 (2)


創建時の名称は“日本生命館”でした。

日本生命が建設し高島屋が借り受け、一部を日本生命東京総局が

事務所として使用していたそうです。


日本橋高島屋 (1)
日本橋高島屋 (7)
日本橋高島屋 (2)
日本橋高島屋 (8)
日本橋高島屋 (9)
日本橋高島屋 (6)



日本橋高島屋 (5)
日本橋高島屋 (3)
日本橋高島屋 (4)




▼関連記事

鬼は屋上




 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 日本橋高島屋百貨店 

kuroneko_studio at 22:49|Permalink

February 08, 2017

鬼は屋上!(日本橋高島屋百貨店)

日本橋高島屋百貨店の屋上で見つけた

頬杖をつく二つの鬼。


ひとつは悩ましい表情を浮かべ

日本橋高島屋_屋上_鬼 (3)




もうひとつは、何か悪巧みをしていそうな表情を浮かべています。

日本橋高島屋_屋上_鬼 (1)




下を見下ろす表情の鬼。

竣工当時は通行人を見下ろすような位置にあったものだったりして・・・

日本橋高島屋_屋上_鬼 (2)



(そんなこと言って実は、最近作られたものなのかもしれませんが。)



屋上には他にも見所がございます。


陶芸家・小森忍が手掛けた噴水塔☟

日本橋高島屋_屋上 _小森忍の噴水塔 (2)

日本橋高島屋_屋上 _小森忍の噴水塔 (3)


もともとこの噴水塔は、食堂階にあったそうです。


噴水の淵にあるオブジェは伊東忠太っぽいデザインの動物です。

日本橋高島屋_屋上 _小森忍の噴水塔 (4)
日本橋高島屋_屋上 _小森忍の噴水塔 (1)


日本橋高島屋_屋上  (5)




和洋折衷を取り入れた帝冠様式の日本橋高島屋百貨店。

屋上部分でもそれは抜かりなく表現されています。

日本橋高島屋_屋上  (6)
日本橋高島屋_屋上  (8)
日本橋高島屋_屋上  (7)


日本橋高島屋_屋上  (1)
日本橋高島屋_屋上  (4)
日本橋高島屋_屋上  (10)
日本橋高島屋_屋上  (9)

日本橋高島屋_屋上  (2)
日本橋高島屋_屋上  (3)



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 日本橋高島屋百貨店 

kuroneko_studio at 21:44|Permalink

January 31, 2017

中国趣味の近代建築美術館(有鄰館と大倉周古館)

【藤井斉成会・有鄰館】

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (7)


所在地:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町44

竣工:大正15年(1926)

設計:武田五一

施工:大林組

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (5)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (9)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (10)



有鄰館は中国の古美術が中心の私立美術館です。

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (8)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (6)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (8)


屋上にの朱塗八角堂は、中国古材を利用しているそうです。

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (12)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (11)


京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (14)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (4)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (1)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (2)

< 撮影:2015.12 >


余談ですが、現在BSで再放送中のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で

ムロツヨシ扮する建築家・竹元勇三は、

こちらを設計した武田五一がモデルなのだそうです。



現存する最古の私立美術館が有鄰館ならば、

こちらは、日本で最初に開館した私立美術館です!


【 大倉集古館 】

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (7)



大正6年に開館しましたが、

大正12年の関東大震災により建物が被災した為、

昭和2年に建て替えられました。

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (4)

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (9)



設計は武田五一と同時期に活躍した伊東忠太です。

そしてこちらも中国趣味を取り入れた近代建築です。

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (11)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (3)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (1)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (2)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (5)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (6)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (8)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (12)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (13)


< 撮影:2015.03 >


所在地:東京都港区虎ノ門2-10-3

竣工:昭和2年(1928)

設計:伊東忠太



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 藤井斉成会有鄰館 

検索→ 大倉集古館

kuroneko_studio at 22:16|Permalink

January 23, 2017

昭和モダンな赤い橋 (東京都/愛媛県)


【 吾妻橋 】

吾妻橋 (2)


所在地:東京都台東区〜東京都墨田区

河川名:隅田川

竣工:昭和6年(1931)


吾妻橋 (3)

吾妻橋 (1)

< 撮影:2014.01 >



戦前絵葉書ヨリ☟

pc_azuma1







【 長浜大橋(赤橋) 】

愛媛県大洲市_長浜大橋 (2)


所在地:愛媛県大洲市長浜

河川名:肱川(ひじかわ)

竣工:昭和10年(1935)

設計・施工 : 増田淳、細野組(大阪)、安藤鐵工所、大阪鐵工所(現日立造船)


愛媛県大洲市_長浜大橋 (10)
愛媛県大洲市_長浜大橋 (3)
愛媛県大洲市_長浜大橋 (4)
愛媛県大洲市_長浜大橋 (2)



橋の下に船を通すため、中央部の18メートルの区間を跳ね上げて

開閉することができるバスキュール式(跳ね上げ式)可動橋です。


日本で現存する道路開閉橋としては最古だそうです。

愛媛県大洲市_長浜大橋 (5)
愛媛県大洲市_長浜大橋 (6)
愛媛県大洲市_長浜大橋 (7)
愛媛県大洲市_長浜大橋 (8)
愛媛県大洲市_長浜大橋 (9)



橋のたもとには長浜商店街がありました。

訪れた当時(2008年)は、木造の民家が軒を連ねていましたが

現在は駐車場になっていました。


愛媛県大洲市_長浜商店街の昔の町並み




【 長浜商店街のモダンな建物 】


愛媛県大洲市_長浜商店街のモダンな建物 (4)
愛媛県大洲市_長浜商店街のモダンな建物 (3)
愛媛県大洲市_長浜商店街のモダンな建物 (6)
愛媛県大洲市_長浜商店街のモダンな建物 (7)

< 撮影:2008.09 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              


検索→  吾妻橋

検索→  長浜大橋

検索→  【現存せず】長浜商店街・昔の町並み

検索→  長浜商店街のモダンな建物


kuroneko_studio at 10:52|Permalink

January 15, 2017

小平の新名所!小平新文化住宅へ

東京都小平市に和洋折衷の文化住宅 

“ 小平新文化住宅 ”が完成されたとの

ご連絡を頂き訪問させて頂きました。


小平新文化住宅 (3)
小平新文化住宅 (4)




見覚えのあるこの窓は・・・

小平新文化住宅 (2)


昨年解体された国立の旧高田邸の窓です!



解体前の旧高田邸を拝見していただけに感無量でした。




【旧高田(義一郎)邸】

旧高田邸 (1)


旧所在地:東京都国分寺市南町3丁目

竣工:昭和4年(1929)

旧高田邸 (5)

< 撮影:2015.03 >


▼関連ブログ

最後の旧高田邸。そして奇跡の再開






話は再び“ 小平新文化住宅 ”に戻ります。


緑色した瓦屋根の洋館付きで、

庭にはシュロの木が植えられていました!

小平新文化住宅 (5)


シュロの木以上にしっくりくる木は他ないでしょう。

流石です!!





洋館部分は応接間になっており、

蓄音機鑑賞をさせて頂きました。


解説者はもちろん、この家の主、音楽史研究家・郡修彦氏です。

小平新文化住宅 (6)



この日は、敬愛する藤山一郎氏の曲の中でも

私が一等好きな『東京ラプソディ』の曲をかけて頂けて幸せでした。

小平新文化住宅 (7)
小平新文化住宅 (8)




2階は平成のモダンガール、淺井カヨ女史のお部屋です。



こちら☟の窓が、旧高田邸から移築されたものです。

小平新文化住宅 (14)




反対側の窓からは洋館の屋根が見えます。

小平新文化住宅 (9)



小平新文化住宅 (13)

小平新文化住宅 (12)
小平新文化住宅 (11)
小平新文化住宅 (10)
小平新文化住宅 (15)




そんな“ 小平新文化住宅 ”にて 蓄音機鑑賞&建物鑑賞ができるそうです。

完全予約制で1月の予定はこの様な感じだそうです。

IMG_20170105_0002_NEW


▼詳細

日本モダンガール協會の「週刊モガ」 


画像を掲載させて頂いた部分はほんの一部で見どころ満載です。


近くには “ 江戸東京たてもの園 ” もございます。

是非セットで如何でせうか?!





kuroneko_studio at 20:29|Permalink

January 13, 2017

東京大学・本郷キャンパス探訪

帝都に住むモガ・モボと共に本郷の旧東京帝国大学探訪へ。


伊東忠太デザインの正門をくぐり、内部へ潜入!

東京大学本郷キャンパス_本郷正門及び門衛所 (1)

東京大学本郷キャンパス_本郷正門及び門衛所 (3)




【掲示板】

東京大学本郷キャンパス_掲示板



【安田講堂(旧東京帝国大学大講堂)】

東京大学本郷キャンパス_安田講堂 (5)


竣工:大正14年(1925)

設計:内田祥三、岸田日出刀

施工:清水組

東京大学本郷キャンパス_安田講堂 (2)

東京大学本郷キャンパス_安田講堂 (1)

東京大学本郷キャンパス_安田講堂 (3)

東京大学本郷キャンパス_安田講堂 (6)
東京大学本郷キャンパス_安田講堂 (4)



【マンホール】

東京大学本郷キャンパス_マンホール


帝大(縦読み) 、下水(右から横読み)



【総合図書館】

東京大学本郷キャンパス_総合図書館 (1)


竣工:昭和3年(1928)

設計:内田祥三

東京大学本郷キャンパス_総合図書館 (2)


訪れた時は工事中でしたが、現在は完了しているそうです。

東京大学本郷キャンパス_総合図書館 (5)
東京大学本郷キャンパス_総合図書館 (4)
東京大学本郷キャンパス_総合図書館 (3)
東京大学本郷キャンパス_総合図書館 (6)




【医学部1号館】

東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (7)


竣工:昭和6年(1931)

設計:内田祥三

東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (5)

東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (4)
東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (8)
東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (6)
東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (3)
東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (2)
東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (1)





【医学部2号館(本館)】

東京大学本郷キャンパス_医学部1合館 (7)


竣工:昭和11年(1936)

設計:内田祥三

東京大学本郷キャンパス_医学部2号館 (1)





【法文学部1号館】

東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (9)


竣工:昭和10(1935)

東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (8)
東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (7)

東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (2)
東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (1)
東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (6)
東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (5)
東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (4)
東京大学本郷キャンパス_法文学部1号館 (3)




【法文学部3号館】

東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (10)


竣工:昭和2年(1927)

設計:内田祥三、清水幸重

東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (13)
東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (12)
東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (11)

東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (9)
東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (8)
東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (7)
東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (5)

東京大学本郷キャンパス_法文学部3号館 (4)




【?】

東京大学本郷キャンパス_教育学部総合図書館 (3)
東京大学本郷キャンパス_教育学部総合図書館 (1)
東京大学本郷キャンパス_教育学部総合図書館 (2)
東京大学本郷キャンパス_教育学部総合図書館 (5)
東京大学本郷キャンパス_教育学部総合図書館 (6)




【弓道場】

東京大学本郷キャンパス_弓道場 (2)

東京大学本郷キャンパス_弓道場 (1)

東京大学本郷キャンパス_弓道場 (3)





【生協周辺】

東京大学本郷キャンパス_生協 (1)

東京大学本郷キャンパス_生協 (7)
東京大学本郷キャンパス_生協 (8)
東京大学本郷キャンパス_生協 (4)

東京大学本郷キャンパス_生協 (5)




三四郎池周辺☟

東京大学本郷キャンパス_その他猫 (2)
東京大学本郷キャンパス_その他猫 (1)


東京大学本郷キャンパス_その他 (5)

東京大学本郷キャンパス_その他 (3)

東京大学本郷キャンパス_その他 (2)
東京大学本郷キャンパス_その他 (4)
東京大学本郷キャンパス_その他 (1)
東京大学本郷キャンパス_その他 (6)




浜尾新 像

東京大学本郷キャンパス_浜尾新像 (1)
東京大学本郷キャンパス_浜尾新像 (2)





東京大学本郷キャンパス探訪_スナップ (6)
東京大学本郷キャンパス探訪_スナップ (4)
東京大学本郷キャンパス探訪_スナップ (1)


< 撮影:2014.02 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 東京大学・本郷キャンパス



kuroneko_studio at 23:57|Permalink