モダン建造物*群馬県

February 19, 2017

伊東忠太が手掛けた今泉嘉一郎胸像所(群馬県みどり市)

群馬県みどり市の出身で「日本の製鋼・鋼管技術の先駆者」とされる

今泉嘉一郎 の寄付により建てられたこちらの建物☟


群馬県みどり市東町花輪 旧花輪小学校記念館 (5)


【 旧東村花輪小学校校舎 】 (旧花輪小学校記念館


所在地:群馬県みどり市東町花輪191

竣工:昭和7年(1932)

群馬県みどり市東町花輪 旧花輪小学校記念館 (2)
群馬県みどり市東町花輪 旧花輪小学校記念館 (3)




今泉嘉一郎 への御礼、そして古希を記念して造られたのが

学校敷地の東側にある 【 今泉嘉一郎胸像所 】 です。

群馬県みどり市東町花輪 旧花輪小学校記念館 (9)


竣工は昭和11年(1936)。


設計したのは、東京帝国大学工科大学(現:東京大学工学部)時代の同級生

伊東忠太 だそうです!

群馬県みどり市東町花輪 旧花輪小学校記念館 (8)


前回のブログ)で、伊東忠太山下啓次郎が帝大時代の同級生だと

お伝えしましたが、今泉嘉一もそうだったのですね。 






〜群馬県みどり市内のノスタルジックな風景〜


【 上神梅駅 (かみかんばいえき) 

群馬県みどり市大間々町上神梅245_上神梅駅 (1)


所在地:群馬県みどり市大間々町上神梅245

竣工:大正元年(1912) ※昭和初期に増築。

群馬県みどり市大間々町上神梅245_上神梅駅 (2)




【 モダンな親柱 】

群馬県みどり市大間々町_モダンな親柱 (1)


所在地:群馬県みどり市大間々町

群馬県みどり市大間々町_モダンな親柱 (2)


< 撮影:2010.08 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 旧東村花輪小学校校舎と今泉嘉一郎胸像所 

検索→ 上神梅駅 

検索→ モダンな親柱

kuroneko_studio at 22:38|Permalink

January 24, 2017

パステルカラーのノスタルジック現役銭湯

【 三吉湯 】

桐生市三吉町1-2-15三吉湯 (2)

< 撮影:2010.08 >


所在地: 群馬県桐生市三吉町1丁目

竣工:昭和6年(1931)




【 平温泉 】

諏訪市小和田_平温泉

< 撮影:2010.09 >


所在地:長野県諏訪市小和田

(※こちらは地区住民専用の施設だそうです。)




【 大正湯 】

八幡浜市大正町_大正湯 (2)

< 撮影:2011.06 >


所在地:愛媛県八幡浜市矢野町

竣工:大正4年(1915)


多くの銭湯が廃業していく中、

こちらの大正湯は1年間の休業を経て2016年9月再開されたそうです!






 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→  三吉湯

検索→  平温泉

検索→  大正湯




kuroneko_studio at 22:04|Permalink

January 22, 2016

大間々駅(群馬県みどり市)周辺のレトロ建築探訪

【大間々駅】

群馬県みどり市大間々町大間々1375_大間々駅 (2)


所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1375

開業:明治44年(1911)

足尾鉄道の【大間々町駅】として開業し、翌年(大正元年) 【大間々駅】に改称しています。

群馬県みどり市大間々町大間々1375_大間々駅 (1)





【星彦書店と高瀬薬局】

群馬県みどり市大間々町大間々1383_星彦書店 (1)


所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1383

群馬県みどり市大間々町大間々1383_星彦書店 (2)



【コモリヤ】

群馬県みどり市大間々町大間々1021_コモリヤ


所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1021




【旧大間々銀行(大間々博物館)】

群馬県みどり市大間々大間々1030_旧大間々銀行 (3)


所在地:群馬県みどり市大間々大間々1030

竣工:大正10年(1921)

群馬県みどり市大間々大間々1030_旧大間々銀行 (5)


フジテレビ、もしくは寿がきやのスーちゃんみたいな目玉が付いています。




【奥村酒造株式会社】

群馬県みどり市_奥村酒造株式会社 (2)

群馬県みどり市_奥村酒造株式会社 (1)



【岡直三郎商店】

群馬県みどり市_岡直三郎商店



【その他いろいろ】

群馬県みどり市_個人邸

群馬県みどり市_大黒屋

群馬県みどり市_蔵





【ながめ余興場】

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (5)


所在地:みどり市大間々町大間々1635

竣工:昭和12年(1937)(※1997年に大改修が完了したそうです。)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (3)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (4)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (1)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (10)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (13)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (11)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (12)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (9)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (8)

群馬県みどり市大間々町大間々1635_ながめ余興場 (7)



                                    <撮影:2010.01>





 【紅緒のデコ建マップ】 



kuroneko_studio at 11:03|Permalink

July 25, 2012

ノスタルジック四万温泉  〜其の弐〜

鬼怒川温泉へ行った帰り、四万温泉でもう1泊しました。

201207四万温泉 (2)


今回泊まったのは川沿い四万グランドホテルというところだったのですが、
窓を開けると清流が臨め、時折蜩の声が聞こえてきて癒されました。

201207四万温泉 (3)




宿の戦前お宝コーナー↓

201207四万温泉 (4)

201207四万温泉 (8)

201207四万温泉 (6)

201207四万温泉 (5)



そして、徒歩約5分の所にある同系列の宿、四万たむらの温泉も入れると伺ったので行ってみました。

201207四万温泉 (1)

(※この坂、結構急です。)

2つの宿の入れるお風呂は全て入りましたが、四万たむらの“森のこだま”という露天風呂は
目の前に滝が流れていてとっても良かったです。
(夜は滝がライトアップされています☆)


前回、四万温泉で宿泊した積善館はすぐお隣です。

201207四万温泉 (14)
201207四万温泉 (13)
201207四万温泉 (12)
201207四万温泉 (11)



2010年の積善館訪問のブログ↓
日本最古の温泉建築宿

ノスタルジック四万温泉 〜其の壱〜


より大きな地図で デコ建マップ を表示

kuroneko_studio at 22:34|Permalink

March 22, 2012

雪の中の秘湯

先日、まだまだ雪深い宝川温泉の汪泉閣へ行ってきました。

宝川温泉 (2)


こちらの名物はなんといっても巨大な露天風呂!

この季節ならではの雪見大露天風呂は圧巻でした。



大露天風呂は奥の建物(画像中央左)の辺りに4つあります。↓

宝川温泉 (7)


ここ↓は通称“子宝の湯”です。(※混浴です。)
4つの露天風呂の中で一番大きく、なんと200畳という広さです!!
(私は勇気がなく入れなかったけど、今になってちょっと後悔しています。)

宝川温泉 (6)



私が撮った画像では凄さが伝わらないので
オフィシャルHPのフリー画像を載せてみました↓

宝川温泉 (1)

宝川温泉 (10)



昭和11年竣工の第一別館↓
宝川温泉 (8)



昭和30年竣工の本館↓
宝川温泉_本館


宝川温泉 (5)

宝川温泉 (3)


本館からの眺め↓
宝川温泉 (4)


今回私たちが宿泊したのは昭和41年竣工の東館でしたが、
今後もし訪れる機会があったら第一別館に宿泊してみたいです。

宝川温泉 (9)




より大きな地図で デコ建マップ を表示

kuroneko_studio at 21:39|Permalink

September 15, 2010

切実な願い


毎日無事 (2)
毎日無事 (1)


<群馬県館林市にて。『毎日無事』の瓦>

kuroneko_studio at 21:25|Permalink

August 31, 2010

桐生鉄泊


今回の群馬行で宿泊した桐生駅前のビジネスホテル。

ここの小さな窓からはJRの電車がよく見えました。

桐生鉄泊


鉄泊ホテルだと胸騒ぎがしてよく寝られません。

朝は4時半に目が覚めました。


桐生鉄泊


始発列車を見送った後は早朝モダン建築探訪へと出掛けました。



kuroneko_studio at 23:27|Permalink

August 30, 2010

日本一の暑さを体感(群馬県館林市)

8月も終わるというのに、猛暑全開の日本列島。

その中でも、とりわけ暑いといわれている群馬県は“館林”に行ってきました。

何故この時期に“館林”なのかというと。。。



先日、猛暑の中継でテレビの画面に映っていた館林駅舎が新しくなっていたのです。

館林駅と言えば、アール・デコの意匠を持った大変モダンな駅舎で何時かは

訪れてみたい駅舎の一つだったのですが、「今行かないと解体されてしまう!!」

っといつも冷静な夫がいつになく騒ぐので、急いで宿をとり、荷物をまとめて

館林へ急行しました。



しかし・・・

館林駅


間に合いませんでした。。。


旧駅舎には既に幌がかけられていたのです。

1週間早くに来ていたら・・・と嘆かずにはいられませんでした。





っが、しかし!

旧上毛モスリン事務所


その後訪れた旧上毛モスリン事務所で重大な事実が判明しました!!


旧上毛モスリン事務所



こちらの受付の方に、館林駅は解体されてしまうのかと尋ねてみたら、

ただの化粧直しと言うことでした。

つまりは夫の単なる早とちりだったのです。


今回は残念ながら館林駅を見れなかったけれど、一先ず安心です。


【旧上毛モスリン事務所 附棟札】

竣工:明治時代




 【紅緒のデコ建マップ】 





館林の商店↓

館林の商店


もう少し涼しくなったらまた館林を訪れてみたいです。




kuroneko_studio at 20:18|Permalink

April 26, 2010

群馬県にある小さな聖橋

嬬恋村を走行中、偶然見つけた発電所。

今井発電所



今井発電所です。

【今井発電所】

竣工:大正14年(1925)頃


今井発電所


今井発電所



車を止め色々な角度から眺めていた夫が聖橋そっくりな小さな橋を見つけました!


今井発電所



より大きな地図で デコ建マップ を表示




神田川に架かる本物の聖橋はコチラ↓

聖橋


聖橋は昭和2年(1927)に完成した橋で、設計は山田守です。



より大きな地図で デコ建マップ を表示



一方、今井発電所の方は大正14年(1925)には既に運行されてる様です。

敷地内のこの橋が架けられた正確な年は定かではありませんが

意外にこちらの方が古いかもしれません。


(ちなみに目黒新橋音無橋(北区)なども聖橋のそっくりさんです。)




kuroneko_studio at 23:31|Permalink

April 20, 2010

日本最古の温泉建築宿

以前から泊ってみたかった群馬県は四万温泉の積善館へ行ってきました。

積善館


こちらのお宿は、元禄時代の創業で300年の歴史を持つ日本最古の温泉建築宿です。


今回私たちが泊った部屋は昭和11年に建てられた“山荘”です。

積善館



正直、公式HPで見る山荘の部屋より一回りも二回りも小さい、こぢんまりとしたタイプの部屋でしたが、

それでも建物の随所に和風建築の粋が感じられました。

積善館


積善館


こちらが本館と山荘をつなぐ「浪漫のトンネル」↓↓↓

積善館


別世界に誘われるような感覚を覚える不思議なトンネルです。



積善館


浴場なので写真には写せませんでしたが、昭和5年に建てられた「元禄の湯」は

溜息ものでした。


 【紅緒のデコ建マップ】 



kuroneko_studio at 23:57|Permalink