モダン建造物*神奈川県

July 04, 2017

波模様の昭和モダン建築 (大阪市浪速区/横浜市中区)

【 新世界国際劇場 】

大阪市浪速区_新世界国際劇場 (6)


所在地 : 大阪府大阪市浪速区恵美須東2-1-32

竣工 : 昭和5年(1930)

大阪市浪速区_新世界国際劇場 (5)
大阪市浪速区_新世界国際劇場 (7)
大阪市浪速区_新世界国際劇場 (4)
大阪市浪速区_新世界国際劇場 (2)
大阪市浪速区_新世界国際劇場 (1)




【 オリジナルシャツショップストライプス 】

神奈川県横浜市中区海岸通_ショップストライプス (1)



所在地 : 神奈川県中区海岸通1-1

竣工 : 昭和11年(1936)

神奈川県横浜市中区海岸通_ショップストライプス (2)




 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→新世界国際劇場

検索→オリジナルシャツショップストライプス

kuroneko_studio at 22:18|Permalink

July 03, 2017

戦前のテニスラケットと横浜山手“テニス発祥記念館” (横浜市中区山手町)


戦前のテニスラケット

戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (1)


戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (2)
戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (4)
戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (3)



鹿印は大阪・中村商店のテニスラケット、

戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (6)
戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (8)



アテナ印は東京・丸善のテニスラケットです。

戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (7)
戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (9)


戦前のテニスラケット_丸善と中村商店 (5)





テニス発祥の地と言えば、横浜山手。

横浜山手にある


【 横浜山手・テニス発祥記念館 】

横浜山手テニス発祥記念館


こちらは、近年作られた建物だそうです。


通り過ぎてしまいましたが、館内ではテニスウェアやラケットの変遷など、

テニスの歴史を知ることができるという事です。



目と鼻の先にある


【  旧山手68番館 】

山手68番館


竣工:昭和9年(1934)

移築:昭和61年(1986)



山手公園に移築された現在は、公園の管理事務所として利用されています。


< 撮影:2017.06 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 旧山手68番館


kuroneko_studio at 21:15|Permalink

June 06, 2017

大倉精神文化研究所 (神奈川県横浜市港北区)

【 大倉精神文化研究所 (大倉山記念館) 】

神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (2)


所在地:神奈川県横浜市港北区大倉山2-10-1

竣工:昭和7年(1932)

設計:長野宇平治


神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (9)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (14)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (8)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (7)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (6)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (5)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (3)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (1)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (12)

神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _外観 (13)




重厚な扉を開けると、吸い込まれるような階段が!

神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (2)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (9)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (8)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (3)



上を見上げると、16体の動物が鎮座していました。

神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (1)



動物の種類はライオンとワシ。

全て違う方向を向いています。


神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (5)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (11)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (8)


神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (9)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (10)


神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (6)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (7)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (12)

神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (6)

神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (4)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (3)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (2)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _動物 (1)



神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (6)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (7)
神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (4)



地下へ続く階段も吸い込まれそうな設計です。

神奈川県横浜市港北区大倉山2_大倉精神文化研究所 _内部 (5)


< 撮影:2017.06 >




 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 大倉精神文化研究所(大倉山記念館)

kuroneko_studio at 23:20|Permalink

June 02, 2017

神奈川県庁本庁舎 (神奈川県横浜市中区日本大通1)


帝冠様式の傑作!


【 神奈川県庁本庁舎 】 


神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (8)


所在地:神奈川県横浜市中区日本大通1

竣工:昭和3年(1928)

基本設計:小尾嘉郎 (おび かろう)

実施設計:成富又三 (神奈川県内務部)

建築顧問:佐野利器

施工:大林組


神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (10)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (11)

神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (16)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (13)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (12)神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (9)

神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (14)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (7)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (5)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (3)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (6)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (3)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (1)
神奈川県横浜市中区日本大通1_神奈川県庁 (2)


<  撮影:2008.08 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 神奈川県庁本庁舎

kuroneko_studio at 16:00|Permalink

April 25, 2017

旧生糸検査所 (神戸市中央区/横浜市中区)

【 旧神戸市立生糸検査所 】(KIITO・旧館)

旧生糸検査所_兵庫県神戸市中央区小野浜町 (3)


所在地:兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4

竣工:昭和2年(1927)

設計:清水栄二 (神戸市営繕課)

施工:竹中工務店

旧生糸検査所_兵庫県神戸市中央区小野浜町 (5)
旧生糸検査所_兵庫県神戸市中央区小野浜町 (4)

旧生糸検査所_兵庫県神戸市中央区小野浜町 (2)
旧生糸検査所_兵庫県神戸市中央区小野浜町 (1)




【  旧国立生糸検査所 】 (KIITO・新館)

兵庫県神戸市中央区小野浜町1番地_旧国立生糸検査所 (3)



所在地:兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4

竣工:昭和7年(1932)

設計:置塩章(陸軍技官)

施工:錢高組

兵庫県神戸市中央区小野浜町1番地_旧国立生糸検査所 (1)
兵庫県神戸市中央区小野浜町1番地_旧国立生糸検査所 (6)

兵庫県神戸市中央区小野浜町1番地_旧国立生糸検査所 (2)


< 撮影:2013.01 >





【 旧横浜生糸検査所倉庫事務所 】

横浜市中区北仲通5-57_旧横浜生糸検査所倉庫事務所_200808 (1)



所在地:横浜市中区北仲通5-57

竣工:大正15年(1926)

設計:遠藤於莵

施工:大林組


横浜市中区北仲通5-57_旧横浜生糸検査所倉庫事務所_200808 (2)


< 撮影:2008.08 >




 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 旧神戸市立生糸検査所

検索→ 旧国立生糸検査所 

検索→ 旧横浜生糸検査所倉庫事務所


kuroneko_studio at 10:23|Permalink

July 09, 2016

横須賀のキュビズム艦橋


横須賀のヴェルニー公園内にあるキュビズム艦橋

キュビズム艦橋 (4)

キュビズム艦橋 (5)

キュビズム艦橋 (3)

キュビズム艦橋 (1)

キュビズム艦橋 (9)


キュビズム艦橋 (7)

キュビズム艦橋 (6)

キュビズム艦橋 (3)


                                   <撮影:2008.08>



大正11年(1922)に除幕が行われたそうです。



所在地:神奈川県横須賀市汐入町1丁目

 


【紅緒のデコ建マップ】 


検索→ヴェルニ―公園

kuroneko_studio at 21:25|Permalink

January 30, 2016

横浜最後の戦前百貨店(横浜・松坂屋)

【横浜松坂屋本館】は、大正10年(1921)に建てられた百貨店で、

当時の伊勢佐木町の繁栄を象徴する様に。アール・デコの装飾が随所に施されています。

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (6)



エレベーターの階段表示☟

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (9)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (10)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (11)




エスカレーターの側面装飾☟

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (12)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (13)




階段室の階数表示☟

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (16)



レストランのステンドグラス☟

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (14)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (15)


(※やっぱりクリームソーダ!)



数回にわたる改築時には、近代建築の重鎮でもあった夏目漱石の義弟・鈴木禎次が設計に

参加しています。


こちらは、昭和9年(1934)に改築された時の外壁です。

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (8)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (18)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (2)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (7)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (4)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (5)



屋上には・・・

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (1)



関東大震災の難を逃れた、霊験あらたかな豊川稲荷の御分身が祀られた伊勢崎稲荷がありました。

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (3)




【横浜松坂屋西館】の方は、昭和6年(1931)竣工です。

伊勢佐木町_旧横浜松坂屋西館 (1)

伊勢佐木町_旧横浜松坂屋西館 (2)

伊勢佐木町_旧横浜松坂屋西館 (4)


旧横浜松坂屋西館は、JRAエクセル伊勢佐木として現存しています。



横浜松坂屋本店は、歴史的建造物に認定されていましたが、制度開始以来初の

認定解除を行い、外観などの記録保存を行った後、平成22年(2010)残念ながら

解体されてしまいました。




横浜松坂屋本店屋上からの眺め☟

伊勢佐木町_第一イセビル (1)



左手には

【第一イセビル】

伊勢佐木町_第一イセビル (6)

伊勢佐木町_第一イセビル (3)

伊勢佐木町_第一イセビル (2)

伊勢佐木町_第一イセビル (7)

伊勢佐木町_第一イセビル (5)


竣工:昭和2年(1927)


右手には

【ツダビル】

伊勢佐木町_ツダビル (2)

伊勢佐木町_ツダビル (1)



<撮影:2008.08>


 【紅緒のデコ建マップ】 




kuroneko_studio at 23:12|Permalink

December 16, 2015

氷川丸

【氷川丸】

竣工:昭和5年(1930)

氷川丸_外観 (2)

氷川丸_外観 (6)

氷川丸_外観 (4)

氷川丸_外観 (5)


氷川丸 (2)

氷川丸 (4)


氷川丸_階段 (3)

氷川丸_階段 (5)

氷川丸_階段 (8)

氷川丸_階段 (1)

氷川丸_階段 (7)




【一等児童室】

氷川丸_一等児童室 (1)


一等船客専用の児童遊戯室です。

こちらには、“スチュアーデス”と呼ばれる子どもの世話をする女性乗組員がいて、

託児を行っていたそうです。

氷川丸_一等児童室 (7)

氷川丸_一等児童室 (2)



天井下に描かれた下記の絵は竣工当時のものだそうです!

氷川丸_一等児童室 (4)

氷川丸_一等児童室 (5)





【一等食堂】

氷川丸_一等食堂 (3)

氷川丸_一等食堂 (2)

氷川丸_一等食堂 (4)

氷川丸_一等食堂 (5)

氷川丸_一等食堂 (6)




【一等社交室】

氷川丸_一等社交室 (7)



アール・デコの意匠がたっぷりの空間です。

氷川丸_一等社交室 (6)

氷川丸_一等社交室 (2)


氷川丸_一等社交室 (4)

氷川丸_一等社交室 (5)

氷川丸_一等社交室 (8)

氷川丸_一等社交室 (9)

氷川丸_一等社交室 (3)

氷川丸_一等社交室 (10)




【一等喫煙室】

氷川丸_一等喫煙室 (4)



船のステンドグラスパネル

氷川丸_一等喫煙室 (3)

氷川丸_一等喫煙室 (1)




【一等客室】

氷川丸_一等客室 (2)

氷川丸_一等客室 (7)

氷川丸_一等客室 (5)

氷川丸_一等客室 (6)

氷川丸_一等客室 (3)

氷川丸_一等客室 (8)



【一等特別室】

氷川丸_一等特別室 (2)

氷川丸_一等特別室 (1)

氷川丸_一等特別室 (3)

氷川丸_一等特別室 (6)




【屋外デッキ】

氷川丸_デッキ (5)
氷川丸_デッキ (4)

氷川丸_デッキ (3)

氷川丸_デッキ (2)

氷川丸_デッキ (1)




【操舵室】

氷川丸_デッキ (6)



【機関室】

氷川丸_機関室周辺 (1)

氷川丸_機関室周辺 (4)

氷川丸_機関室周辺 (5)



【三等客室】

氷川丸_三等客室 (2)




氷川丸より望むホテルニューグランド

氷川丸_外観 (1)


詳細☞ ブログ・カフヱー花園【ホテルニューグランド】




 【紅緒のデコ建マップ】 







【花園商店・2015・12月の営業日】


〜ファイナルセールのお知らせ〜

今シーズンはラスト2日!!

12月18日(金)
12月22日(火)

★営業時間
午前10時〜午後6時半

衣類と靴は40%OFF
着物と帯が30%OFF
その他は20%OFFです。

※誠に勝手ながら1月と2月は休業とさせて頂きます。

▼ 詳細

facebook花園商店


kuroneko_studio at 11:15|Permalink

December 15, 2015

ホテルニューグランド

【ホテルニューグランド】

竣工:昭和2年(1927)

ホテルニューグランド (1)

ホテルニューグランド (10)


設計は渡辺仁


渡辺仁は後に、服部時計店(現:銀座和光)(1932)

東京国立博物館(1937)などを設計しています。



ホテルニューグランド (3)

ホテルニューグランド (5)



エレベーターの上部は、京都の川島甚兵衛が製作した綴織の「天女奏楽之図」だそうです。

ホテルニューグランド (8)

ホテルニューグランド (2)




ロビー

ホテルニューグランド (4)


天井の照明は、東洋風の伽藍の灯籠。


西洋×東洋の掛け合いがお見事です!



ホテルニューグランド (7)



窓の向こうは海!

ホテルニューグランド (6)



海に浮かぶ大きな船は氷川丸です。

氷川丸_外観 (2)




氷川丸から望むホテルニューグランド

氷川丸_外観 (1)




 【紅緒のデコ建マップ】 







【花園商店・2015・12月の営業日】


〜ファイナルセールのお知らせ〜

今シーズンはラスト2日!!

12月18日(金)
12月22日(火)

★営業時間
午前10時〜午後6時半

衣類と靴は40%OFF
着物と帯が30%OFF
その他は20%OFFです。

※誠に勝手ながら1月と2月は休業とさせて頂きます。

▼ 詳細

facebook花園商店


kuroneko_studio at 22:46|Permalink

March 07, 2014

磯子区の洋館付き住宅・旧柳下邸


大正時代、金属類卸売商を営む柳下家の住宅として建てられた“旧柳下邸”を訪れました。

旧柳下邸_外観 (2)



こちらは、横浜を代表する洋館付き住宅です。

旧柳下邸_外観 (1)

旧柳下邸_外観 (3)




【玄関】

旧柳下邸_玄関 (2)
旧柳下邸_玄関 (1)




【浴室】

旧柳下邸_浴室 (1)



格天井の浴室には、千鳥の透かし彫りが施されていました。

旧柳下邸_浴室 (2)




旧柳下邸_その他 (2)




【和室】

旧柳下邸_お雛様 (2)
旧柳下邸_お雛様 (1)


お雛様が飾られていました。



【1階・洋館部分】

旧柳下邸_洋館 (2)

旧柳下邸_洋館 (3)



旧柳下邸_洋館 (1)



【2階・洋館部分】

旧柳下邸_洋館 (10)

旧柳下邸_洋館 (4)

旧柳下邸_洋館 (5)

旧柳下邸_洋館 (6)

旧柳下邸_洋館 (7)



板ではなく、茶系のダイヤガラスを使用している所が珍しいと思いました。

旧柳下邸_洋館 (9)

旧柳下邸_洋館 (8)



【蔵】

旧柳下邸_その他 (1)





より大きな地図で デコ建マップ を表示

kuroneko_studio at 00:11|Permalink