モダン建造物*埼玉県

April 29, 2017

坂田医院旧診療所 (埼玉県熊谷市)

【坂田医院旧診療所】

埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_外観 (4)


所在地:埼玉県熊谷市妻沼1420

竣工:昭和6年(1931)


旧産科・内科医院で、昭和50年代前半まで使用されていたそうです。

現在は数々の映画の舞台として使用されているそうです。

埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_外観 (5)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_外観 (1)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_外観 (3)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_外観 (2)



埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (10)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (9)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (11)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (7)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (8)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (15)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (12)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (16)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (14)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (19)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (17)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (13)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (21)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (22)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (23)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (20)

埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (26)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (27)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (28)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (29)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (30)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (32)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所 (31)



戦前の照明器具

埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_照明 (6)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_照明 (1)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_照明 (4)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_照明 (2)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_照明 (3)
埼玉県熊谷市妻沼1420_坂田医院旧診療所_照明 (7)



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 坂田医院旧診療所

kuroneko_studio at 22:17|Permalink

February 13, 2017

埼玉県本庄市児玉町のモダン建造物

【 児玉町旧配水塔 】

本庄市児玉町児玉 323-2_児玉町旧配水塔 (2)


所在地:本庄市児玉町児玉 323-2

竣工:昭和6年(1931)

本庄市児玉町児玉 323-2_児玉町旧配水塔 (1)
本庄市児玉町児玉 323-2_児玉町旧配水塔 (4)



【 間瀬堰堤・管理塔など 】

本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (4)


所在地:埼玉県本庄市児玉町小平

竣工:昭和12年(1937)

本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (10)

本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (9)



埼玉県で最初に建設された本格的な重力ダムです。

東日本に残る最古の農業用重力式コンクリートダムとして

貴重な近代化遺産です。


本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (5)
本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (6)

本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (8)

本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (2)
本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (1)


管理塔

本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (7)




【 間瀬堰堤・管理橋 】

本庄市児玉町小平地内_間瀬堰堤_管理橋など (3)


所在地:本庄市児玉町小平

竣工:昭和13年(1938)


上記の建造物は、全て国登録有形文化財に指定されています。




文化財にされている訳ではありませんが、

こちらの建物もとてもモダンです。


【 旧児玉郵便局(中林美容室) 】

本庄市児玉町児玉_旧児玉郵便局 (2)


所在地:埼玉県本庄市児玉町児玉37

竣工:昭和9年(1934)

本庄市児玉町児玉_旧児玉郵便局 (1)

本庄市児玉町児玉_旧児玉郵便局 (5)

本庄市児玉町児玉_旧児玉郵便局 (3)


< 撮影:2010.06 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 児玉町旧配水塔 

検索→ 間瀬堰堤管理塔

検索→ 間瀬堰堤管理橋

検索→ 旧児玉郵便局

kuroneko_studio at 20:38|Permalink

June 23, 2014

岩槻の旧警察署と旧銀行

昭和5年(1930)年竣工の旧岩槻警察署

現在は岩槻郷土資料館として使用されています。

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署正面 (3)



こちらの閉館時刻は午後4時30分。

しかし、到着した時刻は午後4時31分で残念ながら中に入る事が出来ませんでした。



駐車場も施錠されてしまうそうなので、外観の写真を慌ただしく撮り、建物を後にしました。


さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署正面 (2)

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署正面 (1)

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署正面 (4)

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署正面 (6)

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署正面 (5)




側面へ。

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署側面 (1)



通気口もアール・デコ!

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署側面 (3)



塀も!!

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署側面 (2)




そして、駐車場に移設された旧掲示板も。

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署掲示板 (2)

さいたま市岩槻市_旧岩槻警察署掲示板 (1)




ちなみに、400m程離れた所にある建物↓

さいたま市岩槻区_旧中井銀行岩槻支店


こちらは大正後期に建てられた旧中井銀行岩槻支店です。

現在は東玉大正館という名の展示スペースとして利用されているそうです。



より大きな地図で デコ建マップ を表示



kuroneko_studio at 22:06|Permalink

January 26, 2014

【埼玉県】行田市周辺のデコ建ツアー(其ノ壱)


2011年5月、日本三大農業用水と称されている見沼代用水周辺を散策した時の写真です。

この辺りには、とてもユニークなデザインを持つ戦前の橋が今も点在しています。



【馬見塚(まみつか)橋】

行田市_馬見塚橋 (6)



架設河川名 * 星川

竣工年 * 昭和10年(1935)


行田市_馬見塚橋 (2)

行田市_馬見塚橋 (5)

行田市_馬見塚橋 (3)
行田市_馬見塚橋 (1)





【大和橋と併設する斎条堰】

行田市_斎条堰大和橋 (7)



架設河川名 * 星川(酒巻導水路に分水)

竣工年 * 昭和7年(1932)

行田市_斎条堰大和橋 (4)

行田市_斎条堰大和橋 (2)

行田市_斎条堰大和橋 (3)

行田市_斎条堰大和橋 (5)

行田市_斎条堰大和橋 (6)

行田市_斎条堰大和橋 (10)

行田市_斎条堰大和橋 (11)




架設河川の名前が星川だけに☆マーク!

行田市_斎条堰大和橋 (1)
行田市_斎条堰大和橋 (8)



親柱はなんだかガチャピン。

行田市_斎条堰大和橋 (9)






【和田橋】


行田市和田_和田橋 (1)


架設河川名 * 酒巻導水路

竣工年 * 昭和8年(1933)


行田市和田_和田橋 (2)

行田市和田_和田橋 (3)


欄干(中柱)の不思議なマーク、よく見ると大和橋のガチャピンのシマシマの部分と似てなくもないです。



より大きな地図で デコ建マップ を表示



kuroneko_studio at 23:09|Permalink

January 20, 2014

【埼玉県】東松山市のデコ建ツアー


2011年5月、埼玉県の近代建築巡りをした際の地図です。

今回は東松山市にスポットをあてて・・・



旧制松山中学校舎・本館一部

竣工:大正12年(1923)

東松山市_旧制松山中学校校舎 (3)


現在、埼玉県立松山高等学校・教育資料館として使用されています。

東松山市_旧制松山中学校校舎 (2)

東松山市_旧制松山中学校校舎 (1)




【詳細不明】

東松山市_建築A



窓の形、フォルムがモダンです。




【旧松山郵便局(島田医院)】

東松山市_島田医院



看板を拝見するに、病院になってから結構長い時間が経っていそうですが、

もとは郵便局だったそうです!




【島野理容所】

東松山市_島野理容所


昭和レトロな理容所です。

変に手を加えていない所がとっても良いです♪




より大きな地図で デコ建マップ を表示

kuroneko_studio at 12:42|Permalink

December 10, 2013

小江戸川越・きもの散歩

晴天に恵まれた週末、なんとなく「川越へ行きたいね〜!」という話しになり、

急遽赴くことに。


川越に着いたのは丁度昼時。

先ずは、学生時代からの親友で埼玉県在住のマコちゃんがすすめてくれた“太陽軒”へ行ってみました。

太陽軒 (4)



こちらは昭和4年の竣工のレストランです。

近年全面的に改修が行わたそうですが、モダンな雰囲気が漂う素敵な空間は健在でした。


当時の入口(現在閉鎖中です)↓

太陽軒 (5)



太陽軒 (3)
太陽軒 (1)
太陽軒 (2)



信州の紅葉はもう終わってしまったけれど、川越ではまだ楽しめました。

銀杏 (5)
銀杏 (3)
銀杏 (2)


養寿院の銀杏の木。


そのすぐ近くでは、猫ちゃんとふれあう事が出来ました!

銀杏 (7)
銀杏 (8)



川越ピエロのいちろうくんや

風船 (2)



お掃除ユニット川越CLEAR'Sちゃんに

風船 (3)



パンダちゃんとも!

風船 (1)





画像を見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

川越と言ったらやっぱり“コレ”だろうと・・・


川越きもの (5)


“着物”を着て行きました。



着物は地味に、

黄土色の無地の紬を。



帯はオリエンタルなデザインのアンティーク帯(紫系)で。

川越きもの (7)



帯留は紅葉ブローチ

川越きもの (3)



半襟はアール・デコデザインの正絹ハギレを利用してみました。

川越きもの (6)



道行コートはアンティークで。

川越きもの (2)



羽裏はこの様な感じです。

川越きもの (4)
川越きもの (1)




もちろん洋装も大好きですが、最近奥が深い着物の魅力にはまっています。



kuroneko_studio at 23:43|Permalink

August 07, 2012

見てます!

行田市_玉野用水取入樋管 (1)


昭和8年(1933)竣工の玉野用水取入樋管(行田市桜町)は
まるで目みたいなデザインです!

行田市_玉野用水取入樋管 (6)
行田市_玉野用水取入樋管 (2)

行田市_玉野用水取入樋管 (4)



欄干の裏側はこんな感じ・・・

行田市_玉野用水取入樋管 (3)



おやっ?!
こんな所には鳥??

行田市_玉野用水取入樋管 (5)




より大きな地図で デコ建マップ を表示

kuroneko_studio at 22:14|Permalink

July 22, 2011

初代秩父橋と2代目秩父橋

戦前絵葉書にあるトラス構造のこの橋は・・・

初代秩父橋1


明治18年架設の旧秩父橋です。


一方、こちらは2代目秩父橋(通称:旧秩父橋)です。

d_chichibu_chichibubashi1




昭和6年(1931)架設の鉄筋コンクリート製のアーチ橋です。

d_chichibu_chichibubashi2


画像にも少しだけ写っているように、2代目のそばには初代の橋脚だけが今も残っています。




より大きな地図で デコ建マップ を表示

kuroneko_studio at 22:32|Permalink

July 14, 2011

劇場の裏は〇〇

【旧秩父国際劇場】


秩父国際劇場の歴史は古く、明治35年に(1902)「秩父座」の名で誕生。

その後、映画館となり、1950年にファザード部分を浅草の国際劇場を模して改築したのがこちらです↓

秩父市宮側町_秩父国際劇場



昨年の夏、実物を見てその威風堂々たる風貌に驚きましたが、更なる衝撃がこの裏に!!

秩父市宮側町_アパート上石


なんと裏側はアパートだったのです!




模したと言われる浅草の国際劇場

浅草国際劇場


似てるかなぁ〜?


より大きな地図で デコ建マップ を表示


kuroneko_studio at 23:31|Permalink

June 08, 2011

埼玉県行田市◆モダン建築探訪


埼玉県行田市のモダン建築探訪記録


武蔵野銀行行田支店

< 武蔵野銀行・行田支店(旧忍貯金銀行) >
(登録有形文化財)
所在地 * 行田市行田
竣工年 * 昭和9年(1934)



新町自治会集会所

< 新町集会所(旧忍町信用組合) >

所在地 * 行田市行田




長井写真館

< 長井写真館(旧フヂイ写真館) >

所在地 * 行田市行田



彩々亭

< 彩々亭(旧荒井八郎商店) >
(登録有形文化財)

所在地 * 行田市佐間1−11−22
竣工年 * 昭和初期


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□

宜しかったらその他は此方↓よりご覧下さいませ。

埼玉県 * 行田市 No.1

埼玉県 * 行田市 No.2

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□

kuroneko_studio at 21:17|Permalink