モダン建造物*愛知県

January 06, 2017

ピンクの公会堂と水色の物産陳列所(愛知県岡崎市)

【旧額田郡公会堂( きゅうぬかだくんこうかいどう)/岡崎市郷土館】

岡崎市朝日町3-36-1_旧額田郡公会堂 (3)


所在地: 愛知県岡崎市朝日町3-36-1

竣工:大正2年(1913)

設計:吉田 榮蔵


岡崎市朝日町3-36-1_旧額田郡公会堂 (1)

岡崎市朝日町3-36-1_旧額田郡公会堂 (4)

岡崎市朝日町3-36-1_旧額田郡公会堂 (5)



旧公会堂に隣接する水色の建物も、公会堂と同時期に建てられた建物です。

岡崎市朝日町3-36-1_旧額田郡公会堂 (2)



【旧額田郡物産陳列所 / 岡崎市郷土館収蔵庫】

岡崎市朝日町3-36-1_額田郡物産陳列所 (8)


竣工当時は、旧公会堂と対面した位置に建てられていたそうですが、

昭和36年、現在の地に移築されたそうです。

岡崎市朝日町3-36-1_額田郡物産陳列所 (9)

岡崎市朝日町3-36-1_額田郡物産陳列所 (7)

岡崎市朝日町3-36-1_額田郡物産陳列所 (5)

岡崎市朝日町3-36-1_額田郡物産陳列所 (1)

岡崎市朝日町3-36-1_額田郡物産陳列所 (6)

岡崎市朝日町3-36-1_額田郡物産陳列所 (2)



所在地: 愛知県岡崎市朝日町3-36-1

竣工:大正2年(1913)


                                        < 撮影:2009.03 >




 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 旧額田郡公会堂及物産陳列所 


kuroneko_studio at 22:13|Permalink

September 13, 2016

月見の間(伴華楼)と揚輝荘北園

なんとも可愛らしい“餅つき兎”のレリーフは、

揚輝荘の敷地内にある伴華楼1階応接間にあります。

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼_内装 (3)



この辺りが、月見の名所だっただったことから、

設計をした近代建築の巨匠・鈴木禎二が施した粋な計らいだったのでしょうか?!

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼_内装 (4)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼_内装 (5)



こちらにも秋の草花が!

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼_内装 (9)


名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼_内装 (1)



名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼_内装 (6)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼_内装 (7)


名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (20)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (19)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (18)




伴華楼外観

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (16)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (15)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (13)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (11)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (10)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (9)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (8)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (7)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (6)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (5)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (4)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (2)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_伴華楼外観  (12)



豊彦稲荷

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_豊彦稲荷 (3)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_豊彦稲荷 (5)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_豊彦稲荷 (4)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_豊彦稲荷 (1)



白雲橋

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_白雲橋 (1)




三賞亭

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_三賞亭 (1)


名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_三賞亭 (2)
名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_北園_三賞亭 (3)



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              


検索→揚輝荘・北園




▼関連記事

【テーマはインド!揚輝荘・聴松閣の地下空間】


kuroneko_studio at 22:21|Permalink

August 08, 2016

テーマはインド!揚輝荘・聴松閣の地下空間

大正から昭和初期にかけて(株)松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民によって

建てられた別荘“揚輝荘”。



そして、広大な揚輝荘の敷地内に建つ聴松閣



聴松閣の地下への階段を下りると・・・

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_地階ホール (2)



地下トンネルの看板が!

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_看板



印象的な水色と白のモザイクタイル壁。

その先の扉の向こうが地下トンネルです。

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_地下トンネル


そのトンネルはT字で延び、総延長は170mにもなるそうです!


また、内部には八角ドームになっている部分もあったそうですが、

マンション開発に伴い残念ながら解体されてしまったそうです。



それにしても、このトンネル、本来の目的は不明という事で謎が深まります。




地階の壁面に描かれた絵は、揚輝荘に寄宿していた

インド人画家であるパルク・ハリハランの作品だそうです。

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_地階ホール (1)



地下には、旧舞踏場もあります。

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_旧舞踏場 (2)



こちらの壁面にもインド様式のレリーフ☟

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_旧舞踏場 (3)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_旧舞踏場 (4)

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_旧舞踏場 (5)



水瓶を持ったヒンズーの女神像レリーフ☟

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_旧舞踏場 (8)




極めつけは、ガラス面に施されたサンドブラスト。

モチーフはヒマラヤ山脈です!

名古屋市千種区法王町2-5-17揚輝荘_南園_聴松閣_旧舞踏場 (1)



地階のテーマ“インド”の徹底ぶりに脱帽です!!




 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→揚輝荘・聴松閣


kuroneko_studio at 23:15|Permalink

July 20, 2016

こんなところに松坂屋の屋号

名古屋市千種区にある某マンション裏側にある謎の瓦礫☟

伊藤銀行の遺構 (5)

伊藤銀行の遺構 (4)



丸の中に「井桁」と「藤」を描いた屋号は松坂屋百貨店の屋号“いとう丸です!☟

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (1)

伊勢佐木町_横浜松坂屋本店 (2)




この屋号は元々、松坂屋百貨店の前身、 いとう呉服店の屋号でした。


『いとう呉服店』は、織田家の小姓の子孫である伊藤蘭丸祐道が名古屋本町で

呉服小間物商を営んだのが始まりだそうです。


百貨店業だけでは物足らず?!第14代当主・伊藤次郎左衞門(祐昌)は、

名古屋初の私立銀行として、1881年(明治14年)に

資本金10万円で伊藤銀行を設立しました。



昭和5年(1930)竣工の【伊藤銀行本店】

伊藤銀行の遺構 (2)



そう、この謎の瓦礫は解体されてしまった伊藤銀行本店の壁の一部だったのです。



ちなみに、昭和16年(1941)、伊藤銀行、名古屋銀行、愛知銀行が合併し、

東海銀行が設立されたそうです。






 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→旧伊藤銀行の遺構


kuroneko_studio at 22:51|Permalink

June 10, 2016

旧愛知県信用組合連合会館と伊勢久株式会社本社

隣り合う昭和一桁のモダン建築。

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (9)


【旧愛知県信用組合連合会館(愛知県庁大津橋分室)】

【伊勢久株式会社本社】



名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (4)


【旧愛知県信用組合連合会館(愛知県庁大津橋分室)】


所在地:名古屋市中区丸の内3-4-13

竣工:昭和7年(1932)

設計:愛知県営繕課・黒川巳喜(くろかわみき)

※建築家・黒川紀章のお父様です。

施工:北川組

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (2)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (5)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (6)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (7)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (1)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (11)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (12)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (8)

名古屋市中区丸の内_愛知県庁大津橋分室 (3)





名古屋市中区丸の内_伊勢久 (6)


【伊勢久株式会社本社】


所在地:名古屋市中区丸の内3-4-15

竣工:昭和5年(1930)

設計:鳥武頼三

施工:志水建築業務店


名古屋市中区丸の内_伊勢久 (3)
名古屋市中区丸の内_伊勢久 (2)
名古屋市中区丸の内_伊勢久 (4)
名古屋市中区丸の内_伊勢久 (1)




 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 23:04|Permalink

March 09, 2016

戦前の地方気象台


 【松山地方気象台(旧愛媛県立松山測候所)】

松山地方気象台0101


所在地:愛媛県松山市北持田町102

竣工:昭和3年(1928)

松山地方気象台0102

松山地方気象台0105

松山地方気象台0110

松山地方気象台0108

松山地方気象台0104

松山地方気象台0103

松山地方気象台0107

松山地方気象台0106

松山地方気象台0109




【名古屋地方気象台(旧愛知県測候所)】

名古屋地方気象台  (1)


所在地:愛知県名古屋市千種区日和町2-18

竣工:大正11年(1922)

名古屋地方気象台  (3)

名古屋地方気象台  (2)

名古屋地方気象台  (4)




【旧飯田測候所庁舎】


旧飯田測候所T11 (3)


所在地:長野県飯田市馬場町3丁目411

竣工:大正11年(1922)

旧飯田測候所T11 (7)

旧飯田測候所T11 (6)

旧飯田測候所T11 (4)





 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

kuroneko_studio at 23:00|Permalink

September 28, 2014

名古屋市が設置した初の公園へ

明治42年(1909)、名古屋市が設置した最初の公園、鶴舞(つるま)公園へ。


20140902鶴舞公園_図書館 (1)

20140902鶴舞公園_図書館 (2)



園内に入ると素晴らしい噴水塔を発見!

20140902鶴舞公園_噴水塔 (2)

20140902鶴舞公園_噴水塔 (5)

20140902鶴舞公園_噴水塔 (6)

20140902鶴舞公園_噴水塔 (1)



奥に見えるのは名古屋市公会堂です。

20140902鶴舞公園_噴水塔 (3)



20140902鶴舞公園_公会堂外観 (2)

20140902鶴舞公園_公会堂外観 (3)

20140902鶴舞公園_公会堂外観 (4)

20140902鶴舞公園_公会堂外観 (1)


名古屋市公会堂は、昭和天皇の結婚記念として、昭和2年(1927)年起工、

昭和5年(1930)に完成した建物だそうです。



照明器具も当時のままです。

20140902鶴舞公園_公会堂入口 (2)

20140902鶴舞公園_公会堂入口 (3)


20140902鶴舞公園_公会堂入口 (5)

20140902鶴舞公園_公会堂入口 (4)


20140902鶴舞公園_公会堂入口 (7)

20140902鶴舞公園_公会堂入口 (1)


20140902鶴舞公園_公会堂入口 (6)



入口の扉の正面に【噴水塔】
20140902鶴舞公園_公会堂入口 (8)


計算された美しさです。

(設計:鈴木禎次)




【門柱】

20140902鶴舞公園_公会堂門柱 (2)

20140902鶴舞公園_公会堂門柱 (1)





【普選記念壇】

20140902鶴舞公園_普選壇


昭和3年(1928)建造。




【奏楽堂】

20140902鶴舞公園_奏楽堂 (2)


明治時代に建てられた奏楽堂を近年復元したそうです。

20140902鶴舞公園_奏楽堂 (3)


とても忠実に再現されています!

当時の柵も音符デザインだった事に驚きました。

(設計:鈴木禎次)



老朽化などにより取り壊された上の初代奏楽堂に代わって建てられた2代目は

昭和12年〜平成7年まで使用されていたそうです。


その棟飾りの遺構がこちらです↓

20140902鶴舞公園_奏楽堂 (1)


2代目も見てみたかったです。



最後に、大正時代から営業されているという 【萩乃茶屋】 

20140902鶴舞公園_萩乃茶屋


雰囲気がとても良さそうな茶屋でした。




 【紅緒のデコ建マップ】 

kuroneko_studio at 23:48|Permalink

September 04, 2014

旧名古屋陶磁器貿易商工同業組合(名古屋陶磁器会館)

昭和7年(1932)竣工の旧名古屋陶磁器貿易商工同業組合へ。

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (3)


昭和モダンな素晴らしいアール・デコ建築!

現在は、名古屋陶磁器会館として使用されています。



1階部分は、かつて輸出用に製造されていた陶磁器を展示紹介をするギャラリーとして

開放されているということで、中に入れるのを楽しみにしていたのですが、

残念ながら、その日は休館日でした・・・。



未練たらたらでドア越しに撮影。

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (8)

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (7)


ステンドグラスもモダンです!



入り口付近

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (2)

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (6)

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (11)

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (1)



側面

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (5)

名古屋市_名古屋陶磁器会館 (4)




 【紅緒のデコ建マップ】 



kuroneko_studio at 22:31|Permalink

March 16, 2014

多米配水池と小鷹野浄水場(愛知県豊橋市)

豊橋市の【小鷹野(おたかの)浄水場】は、 昭和5年(1930)、

近くの【多米(ため)配水池】と共に作られたそうです。




【多米配水池の門柱】

豊橋市_多米配水池 (1)



“多米配水池”にはモダンな貯水池があるそうなのですが、ご覧の通りで

今回は残念ながら門柱しか拝見できませんでした。


豊橋市_多米配水池 (2)


(※6月の水道週間は一般の方も見学できるようです。)



【小鷹野浄水場】の方では、昭和4年(1929)竣工のモダンな旧ポンプ室を

拝見することができました!



【小鷹野浄水場・旧ポンプ室】

豊橋市_小鷹野浄水場 (8)

豊橋市_小鷹野浄水場 (5)

豊橋市_小鷹野浄水場 (1)


アール・デコの意匠↓

豊橋市_小鷹野浄水場 (3)



こちらのマーク↓は、豊橋市の市章だそうです。
豊橋市_小鷹野浄水場 (6)



豊橋市_小鷹野浄水場 (4)



 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 23:39|Permalink

November 03, 2013

旧蒲郡ホテル(蒲郡クラシックホテル/旧蒲郡プリンスホテル)

愛知県蒲郡市の旧蒲郡ホテル。

蒲郡ホテル2


昭和9年(1934)竣工、設計は元鉄道省の久野節と村瀬国之助技師、施工は大林組です。


201309蒲郡クラシックホテルD1
201309蒲郡クラシックホテルD2


1930年代、鉄道省国際観光局は外国からの観光客を呼び込む目的で、国際リゾート地を選定し、

国際観光ホテルを次々と建設しました。

旧蒲郡ホテルもそのひとつです。



【フロント、ロビーなど】

201309蒲郡クラシックホテルC1
201309蒲郡クラシックホテルC2
201309蒲郡クラシックホテルC3
201309蒲郡クラシックホテルB1
201309蒲郡クラシックホテルB2
201309蒲郡クラシックホテルB3
201309蒲郡クラシックホテルB4



【ステンドグラス】

201309蒲郡クラシックホテルC5
201309蒲郡クラシックホテルC4



【メインダイニングルーム】

201309蒲郡クラシックホテルA2

201309蒲郡クラシックホテルA1




メインダイニング横のバルコニーからは、景勝地竹島が見えます。

201309蒲郡クラシックホテルE1




ホテルから散歩に丁度良い距離にあります!

201309蒲郡クラシックホテルE2
201309蒲郡クラシックホテルE3
201309蒲郡クラシックホテルE4
201309蒲郡クラシックホテルE5
201309蒲郡クラシックホテルE6

201309蒲郡クラシックホテルD3



【戦前絵葉書より・・・】

蒲郡ホテル1
蒲郡ホテル3
蒲郡ホテル4




より大きな地図で デコ建マップ を表示

kuroneko_studio at 21:28|Permalink