モダン建造物*奈良県

January 11, 2017

3つの国立博物館(東京、奈良、京都)

日本にある4つの“国立博物館”


東京国立博物館

京都国立博物館

奈良国立博物館

九州国立博物館



2005年に開館した九州国立美術館以外は歴史も長く、


京都と奈良は明治時代に、

関東大震災で建て替えをした東京は昭和初期に竣工した建物を

現在も使用しています。



【東京国立博物館・本館】

(旧帝室博物館・本館)

東京国立博物館


< 撮影:2008.03 >


所在地:台東区上野公園13

竣工:昭和12年(1937) ※開館は翌年

設計:渡辺 仁

※渡辺案をもとに、宮内省臨時帝室博物館営繕課で実施設計





【京都国立博物館・明治古都館】

(旧帝国京都博物館・本館)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (1)


所在地:京都府京都市東山区茶屋町527

竣工:明治28年(1895) ※開館は明治30年

設計:片山東熊 (宮内省内匠寮技師)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (3)


訪れたのは大晦日。

残念ながら休館日でした。 (そりゃそうだ。)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (2)


< 撮影:2015.12 >





【 奈良国立博物館 】

( 旧帝国奈良博物館・本館 )

奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (4)



所在地:奈良県奈良市登大路町50

竣工:明治27年(1894) ※開館は翌年

設計: 片山東熊 (宮内省内匠寮技師)

奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (1)
奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (2)


< 撮影:2013.12 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 東京国立博物館

検索→ 京都国立博物館

検索→ 奈良国立博物館




kuroneko_studio at 21:58|Permalink

January 10, 2017

旧奈良県物産陳列所と奈良公園の鹿

奈良県奈良市登大路町登大路町50_旧物産陳列所 (2)



【旧奈良県物産陳列所】

(奈良国立博物館 仏教美術資料研究センター)


所在地:奈良県奈良市春日野町50

竣工: 明治35年(1902)

設計: 関野 貞 (せきの ただし) 


奈良県奈良市登大路町登大路町50_旧物産陳列所 (3)


設計者である関野貞は日本建築史学者で、

奈良県技師として古社寺保存修理事業に尽力した方だそうです。

奈良県奈良市登大路町登大路町50_旧物産陳列所 (1)


<撮影:2013.12>



そんな“旧物産陳列所”がある奈良公園☟

奈良公園の鹿 (8)


鹿と戯れ放題です!

奈良公園の鹿 (6)

奈良公園の鹿 (4)


奈良公園の鹿 (5)


奈良公園の鹿 (3)


奈良公園の鹿 (1)





 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 旧奈良県物産陳列所


kuroneko_studio at 22:58|Permalink

March 25, 2014

三角形のポーチ【奈良市・東洋民族博物館】

近鉄奈良線・菖蒲池で下車し、“東洋民族博物館”へ行きました。


東洋民族博物館 (5)

東洋民族博物館 (7)




しかし!!

東洋民族博物館 (24)



“ 本日休館  近日公開 ”(とってもアバウト!) の看板。 


此処に入る為だけに下車したのですが、残念ながら入れませんでした。



(※ちなみに左のオブジェ、地元の信濃国分寺八日堂でお馴染みの蘇民将来です。)




「中、ちょっと見えたよ〜!!」と娘が言うので、

東洋民族博物館 (8)



私も覗かせて頂きました・・・

東洋民族博物館 (16)


想像通りの素敵な空間です。




ステンドグラスもモダンなデザインです。

東洋民族博物館 (14)

東洋民族博物館 (9)

東洋民族博物館 (10)




ポーチは三角形!

東洋民族博物館 (13)

東洋民族博物館 (23)




お面もあったり・・・

東洋民族博物館 (11)

東洋民族博物館 (12)




御札博士???

東洋民族博物館 (26)

東洋民族博物館 (26) - コピー




う〜む。

何かにおいます!!!



家に帰ってから、東洋美術館とは一体どんなものがあったのか

ポチポチやっていたら判明しました。


子連れだったので、ある意味“休館日”で良かったかなと。。。

ひとりだったら間違いなく入ってみたかったけれど・・・


東洋民族博物館 (18)


< 撮影:2013.01 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 東洋民族博物館



kuroneko_studio at 00:03|Permalink

January 09, 2014

奈良・明治期の建物巡り(奈良女子大学と奈良ホテル)

明治42年(1909)竣工の

旧奈良女子高等師範学校(奈良女子大学)本館です。

20131231奈良女子大 (15)

奈良女子大学 (1)

奈良女子大学 (7)

奈良女子大学 (6)



守衛室

20131231奈良女子大 (5)




正門

奈良女子大学 (5)
奈良女子大学 (4)




こちらは“奉安殿”です。

奈良女子大学 (3)


昭和9年、同窓会より寄贈されたものだそうです。



“奉安殿”とは、戦前の日本において、天皇と皇后の写真(御真影)と

教育勅語を納めていた建物です。


戦後、民主化が進む中で学校から御真影が撤去されたことに伴って、

殆どの“奉安殿”が解体されました。



しかし、こちらの“奉安殿”は・・・



戦後、日本を占領していたGHQに生物学教員の方が交渉し、

遺伝の研究用にショウジョウバエの飼育室として使う許可を得て

破壊を免れたそうなのです。




お次も同時期に建てられた奈良ホテルへ。


奈良ホテル (14)
奈良ホテル (15)


10年振りの訪問です。


今回は、ティーラウンジでサンドイッチセットを頂きました。

奈良ホテル (7)

奈良ホテル (1)
奈良ホテル (8)



吹き抜けのあるエントランス

奈良ホテル (3)


和風シャンデリアは春日大社の釣燈籠を模しているのだそうです。



鳥居付のマントルピース

奈良ホテル (5)

奈良ホテル (4)




ロビー「桜の間」

奈良ホテル (11)

奈良ホテル (2)

奈良ホテル (9)



奈良ホテル (6)

奈良ホテル (42)

奈良ホテル (13)




“塩・胡椒入れ”は遊び心が感じられます。

奈良ホテル (12)


< 撮影:2013.01 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 奈良女子大学

検索→ 奈良ホテル



kuroneko_studio at 12:56|Permalink