モダン建造物*京都府

June 02, 2017

伏見、ノスタルジック散歩 (京都府京都市伏見区)

京都府京都市伏見区_ステンドグラス (3)


【 新地湯 】

京都府京都市伏見区南新地4_新地湯 (3)


所在地:京都府京都市伏見区南新地4

竣工:昭和6年(1931)頃

京都府京都市伏見区南新地4_新地湯 (1)
京都府京都市伏見区南新地4_新地湯 (5)



【 豆タイルとアール・デコステンドグラス 】

京都府京都市伏見区_ステンドグラス (7)
京都府京都市伏見区_ステンドグラス (2)

京都府京都市伏見区_ステンドグラス (1)
京都府京都市伏見区_ステンドグラス (6)





【 三栖閘門と三栖洗堰 】

京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (3)


竣工:昭和4年(1929)

京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (1)
京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (2)
京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (4)



【 近鉄澱川橋梁 】

京都府京都市伏見区_近鉄澱川橋梁 (2)


竣工:昭和3年(1928)


< 撮影:2009.09 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 新地湯

検索→ 三栖閘門

検索→ 近鉄澱川橋梁

kuroneko_studio at 22:33|Permalink

April 01, 2017

ガーディナーの赤煉瓦の教会(京都市上京区)vs石造りの教会(栃木県日光市)


【 日本聖公会・聖アグネス教会 】

聖アグネス教会 (2)



所在地 : 京都市上京区烏丸下立売角

竣工 : 明治31年(1898)

設計 : ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー

聖アグネス教会 (1)


< 撮影:2015.12 >




【 日本聖公会・日光真光教会 】

日光真光教会 (2)



所在地 : 栃木県日光市本町1-6

竣工 : 大正3年(1914)

設計 : ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー

日光真光教会 (1)



外壁には近くを流れる大谷川から採取された安山岩が用いられ、

内壁には鹿沼石が貼られているそうです。



< 撮影:2016.3 >



ふたつの教会を設計した “ ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー ” は

アメリカ人建築家で、立教学院の校長を務めた経歴を持つ人物だそうです。







 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 聖アグネス教会 

検索→ 日光真光教会

kuroneko_studio at 18:03|Permalink

January 31, 2017

中国趣味の近代建築美術館(有鄰館と大倉周古館)

【藤井斉成会・有鄰館】

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (7)


所在地:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町44

竣工:大正15年(1926)

設計:武田五一

施工:大林組

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (5)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (9)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (10)



有鄰館は中国の古美術が中心の私立美術館です。

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (8)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (6)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (8)


屋上にの朱塗八角堂は、中国古材を利用しているそうです。

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (12)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (11)


京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (14)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (4)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (1)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (2)

< 撮影:2015.12 >


余談ですが、現在BSで再放送中のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で

ムロツヨシ扮する建築家・竹元勇三は、

こちらを設計した武田五一がモデルなのだそうです。



現存する最古の私立美術館が有鄰館ならば、

こちらは、日本で最初に開館した私立美術館です!


【 大倉集古館 】

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (7)



大正6年に開館しましたが、

大正12年の関東大震災により建物が被災した為、

昭和2年に建て替えられました。

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (4)

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (9)



設計は武田五一と同時期に活躍した伊東忠太です。

そしてこちらも中国趣味を取り入れた近代建築です。

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (11)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (3)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (1)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (2)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (5)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (6)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (8)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (12)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (13)


< 撮影:2015.03 >


所在地:東京都港区虎ノ門2-10-3

竣工:昭和2年(1928)

設計:伊東忠太



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 藤井斉成会有鄰館 

検索→ 大倉集古館

kuroneko_studio at 22:16|Permalink

January 11, 2017

3つの国立博物館(東京、奈良、京都)

日本にある4つの“国立博物館”


東京国立博物館

京都国立博物館

奈良国立博物館

九州国立博物館



2005年に開館した九州国立美術館以外は歴史も長く、


京都と奈良は明治時代に、

関東大震災で建て替えをした東京は昭和初期に竣工した建物を

現在も使用しています。



【東京国立博物館・本館】

(旧帝室博物館・本館)

東京国立博物館


< 撮影:2008.03 >


所在地:台東区上野公園13

竣工:昭和12年(1937) ※開館は翌年

設計:渡辺 仁

※渡辺案をもとに、宮内省臨時帝室博物館営繕課で実施設計





【京都国立博物館・明治古都館】

(旧帝国京都博物館・本館)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (1)


所在地:京都府京都市東山区茶屋町527

竣工:明治28年(1895) ※開館は明治30年

設計:片山東熊 (宮内省内匠寮技師)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (3)


訪れたのは大晦日。

残念ながら休館日でした。 (そりゃそうだ。)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (2)


< 撮影:2015.12 >





【 奈良国立博物館 】

( 旧帝国奈良博物館・本館 )

奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (4)



所在地:奈良県奈良市登大路町50

竣工:明治27年(1894) ※開館は翌年

設計: 片山東熊 (宮内省内匠寮技師)

奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (1)
奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (2)


< 撮影:2013.12 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 東京国立博物館

検索→ 京都国立博物館

検索→ 奈良国立博物館




kuroneko_studio at 21:58|Permalink

June 08, 2016

アサヒビール大山崎山荘美術館


京都駅から大阪方面・普通電車(各駅停車)に乗ること約15分、

JR京都線【山崎駅】を下車。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (1)


竣工:昭和2年(1927)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (4)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (3)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (2)



駅から出ている無料送迎バス(ご高齢の方優先)に乗れば

美術館庭園入口(トンネル)付近まで連れて行ってくれます。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (2)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (3)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (4)




大山崎山荘美術館】は大正時代、加賀正太郎が別荘として設計し、

大山崎山荘』と名づけました。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (6)



大正時代に木造で建てられたのち、昭和初期に大幅に増築されます。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (4)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (3)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (10)



京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (7)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (2)


京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (1)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (8)


京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (10)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (1)


京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (11)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (12)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (13)




山荘2階のテラスは喫茶スペースになっていました。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (4)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (6)



テラスにある鉄絵組タイルは、バーナード・リーチの作品です。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (2)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (3)




テラスからの眺め☟

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (5)


訪れた日は冬の寒い日でしたので暖かい飲み物を頂きましたが、

こんな眺めを見ながら、ビールも頂けます♪

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (7)



 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 15:24|Permalink

June 04, 2016

放物線を描く大正期のモダン建築

【レストラン菊水(菊水館)】

レストラン菊水 (4)


所在地:京都市東山区四条大橋東詰祇園(南座向い)

竣工:大正15年(1926)

レストラン菊水 (2)

レストラン菊水 (1)


夜の菊水。(右は南座)

鴨川 (2)





【旧坂本小学校】

台東区下谷_旧坂本小学校 (1)


所在地:東京都台東区下谷1-12-8

竣工:大正15年(1926)

台東区下谷_旧坂本小学校 (2)






【旧逓信省・下関電信局電話課庁舎(田中絹代ぶんか館)】

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (3)


所在地:山口県下関市田中町5-7

竣工:大正13年(1924)

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (2)

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (1)

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (6)



▼関連ブログ

信州上田と長州下関を結ぶ愛染かつら




 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 20:51|Permalink

February 08, 2016

妖怪がいっぱい!伊東忠太の西本願寺伝道院

 【 西本願寺伝道院 】 は、明治45年(1912)

【 真宗信徒生命保険株式会社・社屋 】として建てられた建物です。


本願寺伝道院4

本願寺伝道院3

本願寺伝道院2


本願寺伝道院5

本願寺伝道院1
本願寺伝道院6


本願寺伝道院7

本願寺伝道院8



設計は伊東忠太、 施工は竹中工務店です。


門柱や柵柱の上には、伊東忠太が愛してやまない、石造妖怪が鎮座しています!

本願寺伝道院_オブジェ (1)

本願寺伝道院_オブジェ (3)

本願寺伝道院_オブジェ2 (1)


本願寺伝道院_オブジェ5 (2)

本願寺伝道院_オブジェ5 (1)


本願寺伝道院_オブジェ4

本願寺伝道院_オブジェ3 (1)


欠けてしまっているものもあり残念ですが、忠太デザインの石造妖怪が間近で

見られる事は幸せです。



本願寺伝道院_オブジェ2 (2)


本願寺伝道院_オブジェ1 (1)

本願寺伝道院_オブジェ1 (2)



本願寺伝道院_オブジェ (2)

<撮影日:2015.12>


☞ 【 伊東忠太の世界 】



 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 22:16|Permalink

January 31, 2016

京都大丸、戦前の面影

【横浜・松坂屋】に引き続き今回も戦前の百貨店ネタです。



【京都・大丸】


2009年の訪問時、外装部分で唯一戦前の面影が残されていた東側部分☟

中京区_京都大丸S3 (1)

中京区_京都大丸S3 (2)

中京区_京都大丸S3 (3)

<撮影:2009.10>


昭和3年(1928)竣工時、ヴォーリズ建築の面影です。



2014年の外装リニューアル完了後、初めて訪れた京都大丸には、

矢張りその面影は跡形もなく消えていました。


ちなみに、昭和40年頃の面影が残っていた正面外装に取り付けられていた孔雀のモニュメントは

そのまま残っておりました。

中京区_京都大丸 S39 (2)

中京区_京都大丸 S39 (1)



デパートの外側通路に設けられたアラベスク風のトンネル☟

京都大丸 (2)


こちらを抜けて、デパ地下に続く階段付近は必見です!


内装部分でヴォーリズ建築の面影が一番色濃く残る場所です。

京都大丸 (9)

京都大丸 (1)



心斎橋の大丸百貨店同様、こちらでも八芳星モチーフが

其処彼処にあしらわれ、ヴォーリズ建築らしいオリエンタルな空間になっています。


(地下から1階を見上げたショット☟)

京都大丸 (8)

京都大丸 (6)

京都大丸 (7)

京都大丸 (5)




こちらのヴォーリズ飾灯具は、

ヴォーリズが昭和3年に手掛けた外装についていた飾灯具だそうです。

京都大丸 (3)



地下部分程の華やかさはありませんが、他の階段部分にも戦前の面影が残っています。

京都大丸_階段部分 (4)

京都大丸_階段部分 (6)

京都大丸_階段部分 (3)



大理石を使った部分☟

京都大丸_階段部分 (10)

京都大丸_階段部分 (15)




重厚感漂う金属製の階数表示プレート。

文字もモダンです!

京都大丸_階段部分 (1)

京都大丸_階段部分 (2)

京都大丸_階段部分 (14)

京都大丸_階段部分 (13)

京都大丸_階段部分 (12)

京都大丸_階段部分 (7)

京都大丸_階段部分 (11)

京都大丸_階段部分 (9)

京都大丸_階段部分 (8)


<撮影:2015.12>



 【紅緒のデコ建マップ】 



kuroneko_studio at 21:35|Permalink

January 02, 2016

トワイライトタイムの鴨川

鴨川 (1)



鴨川 (5)



大正15年(1926)竣工の【レストラン菊水(菊水館)】

奥に見えるのが昭和4年(1929)竣工の【四條南座】です。 (※桃山風の外観を残しつつ平成3年(1991)改修)

鴨川 (2)




一等目立つこちらの建物は、大正15年(1926)竣工の【東華菜館(旧矢尾政)】です。

鴨川 (3)

鴨川 (4)



                                                   < 撮影:2015.12>



昼間の外観は此方から ☞  【四条大橋西詰のヴォーリズ建築】 


 【紅緒のデコ建マップ】 



kuroneko_studio at 17:21|Permalink

May 27, 2011

京都の現役ヴォーリズ寮(98歳)

京都は左京区吉田牛ノ宮町にもうすぐ築100年の現役の寮が2つあります。


京都大学キリスト教青年会(YMCA)・地塩寮

京都のヴォーリズ寮 (2)


京都のヴォーリズ寮 (1)



京都府立医科大学基督青年会(YMCA)・橘井寮 です。

京都のヴォーリズ寮 (3)


共に大正2年(1913)に建てられたヴォーリズ建築の初期作品です。


                                          <撮影:2009.10>


 【紅緒のデコ建マップ】 



kuroneko_studio at 16:51|Permalink