モダン建造物*京都府

April 30, 2018

旧立誠小学校 (京都市中京区)

【 旧立誠小学校 】 

中京区備前島町_立誠小学校_外観 (1)


竣工:昭和3年(1928)

中京区備前島町_立誠小学校_外観 (2)



中京区備前島町_立誠小学校_入口 (2)
中京区備前島町_立誠小学校_入口 (3)
中京区備前島町_立誠小学校_入口 (4)
中京区備前島町_立誠小学校_入口 (5)
中京区備前島町_立誠小学校_入口 (6)
中京区備前島町_立誠小学校_入口 (1)



中京区備前島町_立誠小学校_中校舎 (9)
中京区備前島町_立誠小学校_中校舎 (8)
中京区備前島町_立誠小学校_中校舎 (5)
中京区備前島町_立誠小学校_中校舎 (4)
中京区備前島町_立誠小学校_中校舎 (1)
中京区備前島町_立誠小学校_中校舎 (3)



階段や廊下部分

中京区備前島町_立誠小学校_階段と廊下 (8)
中京区備前島町_立誠小学校_階段と廊下 (6)
中京区備前島町_立誠小学校_階段と廊下 (5)
中京区備前島町_立誠小学校_階段と廊下 (4)
中京区備前島町_立誠小学校_階段と廊下 (3)
中京区備前島町_立誠小学校_階段と廊下 (2)
中京区備前島町_立誠小学校_階段と廊下 (1)



3階・60畳の和室部屋(自彊室)

中京区備前島町_立誠小学校_和室 (2)
中京区備前島町_立誠小学校_和室 (1)



中京区備前島町_立誠小学校_手洗い場 (1)



< 撮影:2009.10 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              


検索→ 旧立誠小学校


kuroneko_studio at 21:03|Permalink

January 24, 2018

島津製作所、戦前の偉業と旧本社社屋 (京都市中京区河原町)

今や科学技術の分野で名高い京都の 島津製作所 ですが、

明治から昭和初期にかけては、芸術的な分野にも大変貢献していた

企業でした。




東京都墨田区横網の 東京都復興記念館 にある

昭和4年に作られた 大東京復興模型


東京都墨田区横網_復興記念館_両国橋の遺構など (6)



そう!

手掛けたのは、 島津製作所 です。

島津製作所標本部


東京都墨田区横網_復興記念館_両国橋の遺構など (8)



東京都墨田区横網_復興記念館_両国橋の遺構など (3)
東京都墨田区横網_復興記念館_両国橋の遺構など (1)



関連ブログ☟

明治37年架設、両国橋の装飾物 (東京都墨田区横網)






島津製作所二代目社長の長男・島津良蔵は、

1925年、東京美術学校彫刻家を卒業すると

芸術的なマネキン製作を企画し、もともと蝋製輸入マネキンの

補修を手掛けていた島津製作所標本部から、「島津マネキン」を

独立させた。


そして、同年には、商業美術の分野でも活躍していた

彫刻家・荻島安二(おぎしまやすじ)に依頼し日本初となる、

石膏の洋マネキンを製作している。


荻島は、1930年に正式に同社顧問に就任すると、

それまでの再現的なマネキンに代わり、抽象的で芸術性の高いマネキンを

数多く生み出した。


また、荻島のほかにも、島津マネキンでは

新作発表会の会場構成や衣装デザイン、

展示器具の製作に柳宗悦や吉田謙吉、芹沢げ陲覆匹龍力も得ている。



1935年の新作展では、木村伊兵衛の写真を巧みにデザインした

原弘のポスターも制作された。☟



戦前_島津製作所_島津マネキン (1)



島津マネキン☟

戦前_島津製作所_島津マネキン (3)
戦前_島津製作所_島津マネキン (2)
戦前_島津製作所_島津マネキン (4)
戦前_島津製作所_島津マネキン (5)



荻島安二 マネキン☟

戦前_島津製作所_島津マネキン (6)


< 図録「あら、先端的ね。」より抜粋 >





花園商店アパートメント店で使用している “エッフェル塔型照明付き展示具” ☟

エッフェル塔展示具 (2)
エッフェル塔展示具 (1)



不要になった建具のガラスを使って作ってみたものですが、

実はこれも、島津マネキン吉田謙吉の展示具を参考に作ったものです☟

エッフェル塔展示具 (3)




【 島津製作所 旧本社ビル 】

中京区一之船入町_島津河原町別館 (4)



所在地:京都府京都市中京区一之船入町386-2

竣工:昭和2年(1927)

設計:(監修)武田五一 、 荒川義夫

中京区一之船入町_島津河原町別館 (3)
中京区一之船入町_島津河原町別館 (1)
中京区一之船入町_島津河原町別館 (5)
中京区一之船入町_島津河原町別館 (6)


< 撮影:2009.10 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 島津製作所旧本社ビル


kuroneko_studio at 13:55|Permalink

January 22, 2018

三橋四郎の手掛けた建築 (山口県下関市/京都市中京区 他)

明治から大正初期に活躍した建築家、三橋四郎(みつはししろう)が手掛けた

国内に現存する建築物です。


年代順に。


【 旧赤間関郵便電信局 】 (現:下関南部町郵便局)

山口県下関市南部町22_旧赤間関郵便電信局_三橋四郎 (1)



所在地: 山口県下関市南部町22-8

竣工:明治33年(1900)

設計:三橋四郎

山口県下関市南部町22_旧赤間関郵便電信局_三橋四郎 (2)




ちなみに、お隣の建物はこちら☟


 旧秋田商会 】  (現:下関市観光情報センター)

山口県下関市南部町_旧秋田商会 (1)



所在地: 山口県下関市南部町23-11

竣工:大正4年(1915)

山口県下関市南部町22_旧赤間関郵便電信局_三橋四郎 (3)


三橋氏が手掛けたものではありませんが、こちらも素晴らしい建物です。

< 撮影:2013.05 >





【 旧京都郵便電信局 】 (現:中京郵便局)

京都府京都市中京区菱屋町_旧京都郵便電信局 (3)


竣工:明治35年(1902)

設計:三橋四郎・吉井茂則

京都府京都市中京区菱屋町_旧京都郵便電信局 (4)
京都府京都市中京区菱屋町_旧京都郵便電信局 (2)
京都府京都市中京区菱屋町_旧京都郵便電信局 (1)


< 撮影:2009.10 >






【 東京商船大学旧天体観測所(第一観測台) 】

 (現:東京海洋大学 越中島キャンパス内)

旧東京商船大学旧天体観測所第一観測台  (1)



【 東京商船大学旧天体観測所(第ニ観測台) 】

旧東京商船大学旧天体観測所第二観測台 (3)



(共に)

竣工:明治36年(1903)

設計:三橋四郎



詳細はこちら☟

【 東京海洋大学・越中島キャンパスの曲線と直線 】

< 撮影:2015.11 >





 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 下関南部町郵便局 

検索→ 旧秋田商会ビル

検索→ 中京郵便局 

検索→ 東京海洋大学 越中島キャンパス

kuroneko_studio at 23:22|Permalink

June 02, 2017

伏見、ノスタルジック散歩 (京都府京都市伏見区)

京都府京都市伏見区_ステンドグラス (3)


【 新地湯 】

京都府京都市伏見区南新地4_新地湯 (3)


所在地:京都府京都市伏見区南新地4

竣工:昭和6年(1931)頃

京都府京都市伏見区南新地4_新地湯 (1)
京都府京都市伏見区南新地4_新地湯 (5)



【 豆タイルとアール・デコステンドグラス 】

京都府京都市伏見区_ステンドグラス (7)
京都府京都市伏見区_ステンドグラス (2)

京都府京都市伏見区_ステンドグラス (1)
京都府京都市伏見区_ステンドグラス (6)





【 三栖閘門と三栖洗堰 】

京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (3)


竣工:昭和4年(1929)

京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (1)
京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (2)
京都府京都市伏見区葭島金井戸町_三栖閘門と三栖洗堰 (4)



【 近鉄澱川橋梁 】

京都府京都市伏見区_近鉄澱川橋梁 (2)


竣工:昭和3年(1928)


< 撮影:2009.09 >


 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 新地湯

検索→ 三栖閘門

検索→ 近鉄澱川橋梁

kuroneko_studio at 22:33|Permalink

April 01, 2017

ガーディナーの赤煉瓦の教会(京都市上京区)vs石造りの教会(栃木県日光市)


【 日本聖公会・聖アグネス教会 】

聖アグネス教会 (2)



所在地 : 京都市上京区烏丸下立売角

竣工 : 明治31年(1898)

設計 : ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー

聖アグネス教会 (1)


< 撮影:2015.12 >




【 日本聖公会・日光真光教会 】

日光真光教会 (2)



所在地 : 栃木県日光市本町1-6

竣工 : 大正3年(1914)

設計 : ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー

日光真光教会 (1)



外壁には近くを流れる大谷川から採取された安山岩が用いられ、

内壁には鹿沼石が貼られているそうです。



< 撮影:2016.3 >



ふたつの教会を設計した “ ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー ” は

アメリカ人建築家で、立教学院の校長を務めた経歴を持つ人物だそうです。







 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 聖アグネス教会 

検索→ 日光真光教会

kuroneko_studio at 18:03|Permalink

January 31, 2017

中国趣味の近代建築美術館(有鄰館と大倉周古館)

【藤井斉成会・有鄰館】

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (7)


所在地:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町44

竣工:大正15年(1926)

設計:武田五一

施工:大林組

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (5)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (9)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (10)



有鄰館は中国の古美術が中心の私立美術館です。

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (8)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (6)

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (8)


屋上にの朱塗八角堂は、中国古材を利用しているそうです。

京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (12)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (11)


京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (14)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (4)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (1)
京都市左京区岡崎円勝寺町_藤井斉成会有鄰館 (2)

< 撮影:2015.12 >


余談ですが、現在BSで再放送中のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で

ムロツヨシ扮する建築家・竹元勇三は、

こちらを設計した武田五一がモデルなのだそうです。



現存する最古の私立美術館が有鄰館ならば、

こちらは、日本で最初に開館した私立美術館です!


【 大倉集古館 】

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (7)



大正6年に開館しましたが、

大正12年の関東大震災により建物が被災した為、

昭和2年に建て替えられました。

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (4)

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (9)



設計は武田五一と同時期に活躍した伊東忠太です。

そしてこちらも中国趣味を取り入れた近代建築です。

東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (11)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (3)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (1)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (2)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (5)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (6)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (8)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (12)
東京都港区虎ノ門_大倉集古館 (13)


< 撮影:2015.03 >


所在地:東京都港区虎ノ門2-10-3

竣工:昭和2年(1928)

設計:伊東忠太



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 藤井斉成会有鄰館 

検索→ 大倉集古館

kuroneko_studio at 22:16|Permalink

January 11, 2017

3つの国立博物館(東京、奈良、京都)

日本にある4つの“国立博物館”


東京国立博物館

京都国立博物館

奈良国立博物館

九州国立博物館



2005年に開館した九州国立美術館以外は歴史も長く、


京都と奈良は明治時代に、

関東大震災で建て替えをした東京は昭和初期に竣工した建物を

現在も使用しています。



【東京国立博物館・本館】

(旧帝室博物館・本館)

東京国立博物館


< 撮影:2008.03 >


所在地:台東区上野公園13

竣工:昭和12年(1937) ※開館は翌年

設計:渡辺 仁

※渡辺案をもとに、宮内省臨時帝室博物館営繕課で実施設計





【京都国立博物館・明治古都館】

(旧帝国京都博物館・本館)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (1)


所在地:京都府京都市東山区茶屋町527

竣工:明治28年(1895) ※開館は明治30年

設計:片山東熊 (宮内省内匠寮技師)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (3)


訪れたのは大晦日。

残念ながら休館日でした。 (そりゃそうだ。)

京都府京都市東山区茶屋町527_京都国立博物館 (2)


< 撮影:2015.12 >





【 奈良国立博物館 】

( 旧帝国奈良博物館・本館 )

奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (4)



所在地:奈良県奈良市登大路町50

竣工:明治27年(1894) ※開館は翌年

設計: 片山東熊 (宮内省内匠寮技師)

奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (1)
奈良県奈良市登大路町50_奈良国立博物館 (2)


< 撮影:2013.12 >



 【紅緒のデコ建マップ】 
                              

検索→ 東京国立博物館

検索→ 京都国立博物館

検索→ 奈良国立博物館




kuroneko_studio at 21:58|Permalink

June 08, 2016

アサヒビール大山崎山荘美術館


京都駅から大阪方面・普通電車(各駅停車)に乗ること約15分、

JR京都線【山崎駅】を下車。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (1)


竣工:昭和2年(1927)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (4)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (3)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷_山崎駅 (2)



駅から出ている無料送迎バス(ご高齢の方優先)に乗れば

美術館庭園入口(トンネル)付近まで連れて行ってくれます。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (2)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (3)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (4)




大山崎山荘美術館】は大正時代、加賀正太郎が別荘として設計し、

大山崎山荘』と名づけました。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (6)



大正時代に木造で建てられたのち、昭和初期に大幅に増築されます。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (4)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (3)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (10)



京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (7)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (2)


京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_外観 (1)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (8)


京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (10)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (1)


京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (11)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (12)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_庭園 (13)




山荘2階のテラスは喫茶スペースになっていました。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (4)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (6)



テラスにある鉄絵組タイルは、バーナード・リーチの作品です。

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (2)

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (3)




テラスからの眺め☟

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (5)


訪れた日は冬の寒い日でしたので暖かい飲み物を頂きましたが、

こんな眺めを見ながら、ビールも頂けます♪

京都府乙訓郡大山崎町大山崎町_大山崎山荘美術館_オープンカフェ (7)



 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 15:24|Permalink

June 04, 2016

放物線を描く大正期のモダン建築

【レストラン菊水(菊水館)】

レストラン菊水 (4)


所在地:京都市東山区四条大橋東詰祇園(南座向い)

竣工:大正15年(1926)

レストラン菊水 (2)

レストラン菊水 (1)


夜の菊水。(右は南座)

鴨川 (2)





【旧坂本小学校】

台東区下谷_旧坂本小学校 (1)


所在地:東京都台東区下谷1-12-8

竣工:大正15年(1926)

台東区下谷_旧坂本小学校 (2)






【旧逓信省・下関電信局電話課庁舎(田中絹代ぶんか館)】

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (3)


所在地:山口県下関市田中町5-7

竣工:大正13年(1924)

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (2)

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (1)

旧逓信省下関電信局電話課庁舎 (6)



▼関連ブログ

信州上田と長州下関を結ぶ愛染かつら




 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 20:51|Permalink

February 08, 2016

妖怪がいっぱい!伊東忠太の西本願寺伝道院

 【 西本願寺伝道院 】 は、明治45年(1912)

【 真宗信徒生命保険株式会社・社屋 】として建てられた建物です。


本願寺伝道院4

本願寺伝道院3

本願寺伝道院2


本願寺伝道院5

本願寺伝道院1
本願寺伝道院6


本願寺伝道院7

本願寺伝道院8



設計は伊東忠太、 施工は竹中工務店です。


門柱や柵柱の上には、伊東忠太が愛してやまない、石造妖怪が鎮座しています!

本願寺伝道院_オブジェ (1)

本願寺伝道院_オブジェ (3)

本願寺伝道院_オブジェ2 (1)


本願寺伝道院_オブジェ5 (2)

本願寺伝道院_オブジェ5 (1)


本願寺伝道院_オブジェ4

本願寺伝道院_オブジェ3 (1)


欠けてしまっているものもあり残念ですが、忠太デザインの石造妖怪が間近で

見られる事は幸せです。



本願寺伝道院_オブジェ2 (2)


本願寺伝道院_オブジェ1 (1)

本願寺伝道院_オブジェ1 (2)



本願寺伝道院_オブジェ (2)

<撮影日:2015.12>


☞ 【 伊東忠太の世界 】



 【紅緒のデコ建マップ】 


kuroneko_studio at 22:16|Permalink