冒険家見習い日記

いつの間にか冒険家と呼ばれるようになってしまいました。

3月と4月の観戦まとめ

久しぶりの更新です。

1月3日 マッスル後楽園 4日 新日本東京ドーム 15日 ドラゲー後楽園
22日 レッスルジャム大阪 23日ゼロワンMAX後楽園

5観戦

2月7日新北京プロレス新木場、11日健介オフィス後楽園、17日新日本両国

3観戦

3月5日ユニオン新木場、7日ドラゲー後楽園、12日全日本後楽園
20日ドラゲー大田区、30日GOKKO新宿

5観戦

4月7日全日本後楽園、9日全日本後楽園、15日アイスリボン市ヶ谷
24日エルドラド後楽園、29日JWP後楽園

5観戦

エルドラドは何か空気が重かった。選手が頑張ってもこれじゃあね…。近藤vs岸和田は凡戦。ケガしてるといえど近藤らしくない試合運び。興行的には後味が悪いバットエンド。もう少し工夫してもらいたい。

今日のJWPはなかなか良かった。男子顔負けのテクニック持ってる選手が多い。特に米山が素晴らしかった。メインもタイトルマッチに相応しい試合。どの試合も飽きることなく面白かったです。昔までは女子プロレスは生涯見ることがないと思っていたけどそれは偏見でした。騙されたと思って一度見てほしいです。

今年はまだ大日本とKに行ってない。てか予定が合わない。

4月までをまとめると

MVP 棚橋弘至(完全に化けた)
敢闘賞 岩佐拓(技の発想力が一流)
殊勲賞 諏訪魔(デビュー戦を見てるので思い入れはある)
技能賞 オースチン・エイリース(とにかく巧い)
新人賞 真田聖也(腰の一点集中攻撃素晴らしい)

ベストバウト 4月7日 武藤敬司vs棚橋弘至 (このまま永遠に見たいと思うプロレス)
ベスト興行 1月22日 レッスルジャム大阪府立第2競技場 (地方でも一切手を抜かない。感動した)

5月は2日の新日本。永田復帰戦はどうでも良いけど、遺恨があったらすぐに一騎打ちを組む姿勢は素晴らしい。6日のマッスルは仕事次第。今のところ半々。11日は全日か大阪。全日はカード期待できそうにないから大阪かな。25日はおそらく息吹。

人気ブログランキングへ

チャンピオンカーニバル

5ca148dd.jpg3日目と最終戦に行ってきました。

さすがに今年は5連戦は無理っす(笑)

優勝は諏訪魔。好きな選手だけど棚橋も好きなのでちょっと複雑だけどおめでとう。
今年のチャンカンは個人的には今まで見た中では一番面白かった。
それも棚橋のおかげかもしれない。MVPです。外敵だからとか関係ないです。棚橋の試合だけ熱気に包まれたのは事実。アンチの人も棚橋の凄さが伝わったと思う。リーグ戦の試合は全て良かった。凄いレスラーになった。

個人的ベストバウトを挙げるとすると・・・

1位 武藤敬司vs棚橋弘至 4・7後楽園

20分過ぎまで足を攻めるだけで会場が熱狂。
時間切れ引き分けだけど永遠にこの攻防が見たいと思うそんな試合。

2位 小島聡vs棚橋弘至 4・9後楽園

ヒールになって初めて小島が良いと思えた。棚橋が良く引き出した。それもあってか熱くなって小島は自分がヒールなのを忘れていたような。完璧な電光石火で勝利。
勝った瞬間に棚橋がエクステをすぐさま直したのがウケタw

3位 諏訪魔vs棚橋弘至 4・9後楽園

諏訪魔の成長が見れた。棚橋の受けっぷりも良いが諏訪魔の馬鹿力がいい具合に噛み合ったかなと。諏訪魔も安心して試合作れるようになりました。考えてみると棚橋は試合時間が全試合が20分近く戦っている。それなのに数えるくらいの技しか出していない。全然チャラくない!しかしあのナルシストっぷりはこっちも恥ずかしくなるよw

4位 鈴木みのるvs諏訪魔 4・7後楽園

ケンカマッチ。グラウンドでもお互い潰し合い。一瞬にして殺伐とした空気に変えたみのる。諏訪魔を封じ込めてしまう完全勝利。諏訪魔はベルトを奪ったらみのるにリベンジしないと。壁は高い。


5位は思いつかなかった。

とりあえず今年の5連戦は成功じゃないでしょうか。

人気ブログランキングへ

DDG後楽園

急遽観戦することにしました。

前回のフェイスでは札止めになりましたが今日は余裕があるみたいです。

しかし例の野次集団がいる…
ぶち壊されないことを祈る。

まあ楽しみますかね。
今日は速報はしません。
このあと用事があるのでゼロワンと全日本を見ずに帰ります。

GOKKO総括

途中から坂田と小池栄子が観戦してました。

全体的にお笑い要素が強い興行でした。プロレスというよりお笑いライブを観に行ったという印象です。
途中から練り込み不足かなと思うところも多かった。
でも最初から対立構造がしっかりできあがっていたところは良かったです。
目指すのは西口プロレスなのかな?まだ西口行ったことないけど。
旗揚げしたばかりだから方向性も定まっていないのかな。
それでも面白かったので次回も行けたら行きたいと思います。

速報終了です。
次回はチャンピオンカーニバルを観戦します。

HG 対 マッスル坂井

マッスル対ハッスルの禁断の対決。
プロレスと大喜利の融合ルール。
試合中にお題が出てきてそれに答えるとポイントになる。

プロレスは両者互角。だが笑いでマッスルが優勢。


大喜利を止めてプロレスで勝負することに。
HGがスケッチブックを殴打してスクールボーイで3カウント。大ブーイング。
マッスルが右腕を折れていることを告白。最初のロックアップでHGが気付いていた。
さきほどの女性が乱入してHGにムーンサルトプレスで終了。


何だこのグダグダはw

RG 対 団鬼七

最初のラウンドガールが反撃。エドはるみを襲撃。

RGがハッスルで見せる飛び芸を見せる。
鬼七が暴走ファイトにケンコバが乱入して越中のヒップアタック。

お客さんを襲撃。その女性が憤激してムーンサルトプレス。
そのままRGが棚ぼた勝利。

5対5ロイヤルランブル

エドはるみがラウンドガールを襲撃。 そのまま登場。


1人目ジャイアント馬場。2人目橋本真也。3人目シックスセンスの子供。4人目亀田親子。5人目フリーザ。6人目ジャギ。7人目子泣きジジイ。8人目辻本清美。9人目石場防衛大臣。10人目布袋寅泰。


最後に神様が仲裁。と思ったらホームレスだったので試合はノーコンテストに。
グダグダで何だかよく分からんw

木村あきひろ 対 土肥ぽん太

総合格闘技ルール。


なぜか普通のプロレスに。
コブラツイストで木村が勝利。
プロレス的にはグダクダだが笑いを取った。

本郷武&地井武男&おかみ吉兆対裏拳&松口大毅&藤本プリンス

みんなものまね。
それぞれネタを披露。プロレス技の619まで出る。
裏拳の前方回転エビ固めで勝利。鮮やか。
プロレスと笑いが融合して面白かった

山下しげのり 対 ジャイアン・バボ

正式名は「プロレスリングKAGETSU」。

世界のナベアツが乱入。軍団が率いてHG率いる正規軍と対抗戦になることに。
実況浅越ゴエ、解説ケンドーコバヤシ。

身長差30センチ。ヒザ十字や飛びつき腕ひしぎ。
ドロップキックや逆エビで絞り上げるバボ。

チョップとジャイアントスイング。ナベアツと一緒に踏みつけて3カウント。そしてナベアツのコール付き。
Profile
QRコード
QRコード
プロレスDVD
楽天市場
  • ライブドアブログ