クロの日記

今回のみついCSで使用したデッキが予想外に反響良かったんで珍しく解説でも。

このデッキは一週間前に借りた青白ロージアが面白い動きだったのと、ミラダンテⅫとミラクルストップで殆どのトリガーとカウンタ-を封じるのが自分に合ってたので、新環境用に自分なりに練ってみることにしました。

ただ、青白だと環境トップに成り得るデッキに対して有利が付いてるとは言えなかったので、黒入れて強いカードぶち込みました。
そのコンセプトなのかなんなのか分からない何かの元、仕事中に考えた3分クッキングと10回程度の試運転の結果がこれ。
とりあえずレシピから
光 
2 x ミラクルストップ
4 x ドラゴンズ・サイン
4 x 真・龍覇 ヘブンズロージア
 闇 
4 x 解体人形ジェニー

 4 x Dの博才 サイバーダイス・ベガス
1 x 魂と記憶の盾 
4 x タイム3 シド
4 x ブレイン・タッチ
3 x 青寂の精霊龍 カーネル
4 x テック団の波壊Go!
2 x 時の秘術師 ミラクルスター
4 x 時の法皇 ミラダンテXⅡ
 
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
2 x 真聖教会 エンドレス・へヴン/真・天命王 ネバーエンド
1 x 革命槍 ジャンヌ・ミゼル/聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル
1 x 不滅槍 パーフェクト/天命王 エバーラスト
1 x 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン/天命讃華 ネバーラスト
2 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド

解説しても3分クッキング感が溢れ出るだけかと思いますが、とりあえずやりましょう

・ロージア、ミラダンテⅫ、ドラゴンズサイン
コンセプト。
サイン+ロージア+レッドゥル⇒ミラダンテⅫ⇒サイン+ロージア+エンドレスヘブンはイカサマ&イカサマ。まさにpower is powerなので4以外無し

・サイバーダイスベガス 
牽制&ドロソ&D2メタ。マナか墓地に波壊Go!レベルの強力なトリガーが見えてると、相手が呪文メタ来るまで雑に殴って来なくなるので実際にスイッチ効果を使うことはほぼ無いです。ただその数ターンで巻き返せるのでスイッチ使わなくても強い。実質、唯一のドロソということもあり4

・シド
power is powerその4。1体でハンデスが沈黙し、2体以上並ぶと刺さらないデッキがほぼ無い。逆に並べないとイマイチ。なので4確定。

・黒いカード達
デッキの動きを妨げず、尚且つデッキ自体を強くできるカードしか入れることができないので候補は少なかったです。
ブレインタッチは説明不要でしょう。
波壊Go!はベガスと組み合わせると化け物カードになること、禁断系のデッキに楽に勝つ方法が生まれるので採用。手打ちでも割と色んなデッキに強いトリガーなので4確定。
解体は最初、裏切りの魔狼月下城でしたが、裏切りは多色置いて行かなきゃならない。解体はミラクルミラダンテの影響を受けない、相手のキーカードを確実に落とせる。ということで解体に変更。
他の候補として墳墓、デモンズライト、天界の神罰、ZEROハンドなどがあるかと思いますが、墳墓は自分に刺さるし、デッキの色的に相手が墳墓警戒してくるので、逆に入れる必要は無いと思います。
デモンズライトは最後まで悩みましたが、ハンデスもトリガーも減らしたくなかったのと、ベガスで頑張れるだろうと判断したので見送り。
神罰とZEROハンドは何が強いのか分かりません。誰か教えて。

・時の秘術師ミラクルスター&エターナルガード
・カーネル、ミラクルストップ
3分クッキングの時点ではエターナルガードはミラクルスターでした。前日にVANとか悠久が処理できなくて負けたらキレそうだなーと思ったので変更しました。
余った5枠をミラクルストップとカーネルで分け合ったわけですが、ビマナ多そうな気がしてミラクルストップは2以下にしたくなかったためカーネルは3で妥協。
ミラクルストップなのはG0だからです。

・超次元
3分クッキングではチャクラでミラクルミラダンテ貫通しようと思ってたので、ドラヴィタホール入ってましたが、裏切りから解体への変更に伴い抜けたので余った枠に雑に二枚並べても強そうなエンドレスヘヴンを入れました。
が、ゾディアックってカードめっちゃ強いですね。今日初めて知りました。確定枠です。
ヘブンズヘブンは自由枠

総評
「kuroにしては構築が綺麗じゃねぇか」と思ったあなた。正解です。
ちゃんと練ってたらもっとぐちゃぐちゃになってたはずです。
この綺麗さこそが3分クッキングの証。

サザン、成長バスターが一番ネックです。先攻ブン回りは割り切るしかない。あとは有利だったり五分だったりですが結局運次第です。
でも、サザンは相手の動きが鈍かった場合を考えると大聖堂ベルファーレを入れることで中盤以降五分以上になるんじゃないかと思っていたり。

成長バスターはカーネルかサイン踏んだらほぼ勝てそうな気がするから誰か100回くらい回して結果教えてください。
てことでカーネル4にしてベルファーレ入れたかったなぁと思っています。

3分+10回の試運転のインスタント構築の割に普通に強くて驚いたけど、構築にもプレイにも、ちゃんとやってたら絶対に気付けていた部分が少しずつ見えてきて萎えました。
北海道CSはチーム戦あるのでもっとちゃんとやります。

質問は出来ればツイッターへ。3分構築だけど意外と考えて作ってるつもりです。



 

・戦績
予選
5c剣 ○
青白ミラダンテ ○
デリート ×
デリート剣 ○
5cバスター ○
本戦
グロウダンテ剣 ○
デアリt青白剣 ×


4 x 音階の精霊龍 コルティオール
1 x ファイナル・ストップ
4 x ドラゴンズ・サイン
 
2 x 解体人形ジェニー
3 x 裏切りの魔狼月下城
1 x インフェルノ・サイン
水 
4 x 禁断機関 VV-8
2 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
2 x Dの機関 オール・フォー・ワン
多色 
4 x 青寂の精霊龍 カーネル
4 x 大聖堂 ベルファーレ
3 x 時の法皇 ミラダンテXⅡ
4 x ブレイン・タッチ
2 x パイレーツ・チャージャー


解説
 デュエデミーの収録内容が確定した時点からループ含め色々なデッキを回した結果、実は1ヶ月前からミラダンテVV8を使うことがほぼ決まっていて、あとは北海道より前のエリアの結果を見て黒を入れるかどうかを決めようと思っていました。
 そしてこれまでのエリアの結果からマナ武装、グロウ(成長)バスター、青白ミラダンテが9割を占めると予想していました。
これらに対して普通の青白ミラダンテは
・ミラーが不毛
・多色マナ武装の理不尽に抗えない
・グロウバスターに対しては埋まっていてなおかつ引けているかどうかの運ゲー
と考え、黒入りにすることを決めました。リスト自体は1ヶ月半前に回した時とほぼ変わっていないです。

【追記】
・昨日は面倒だったので省きましたがやっぱり詳しく書いておきます。
 青白の場合のミラーはシドとストップ以外に妨害が無く、ブーストもスパークチャージャーしか入れられません。そしてここら辺の枚数の微調整で付けられる差は微々たるものです。もちろんお互いがサイクリカを採用している前提ですが。しかも、前述の二つの妨害カードはVV8を相手に出させないということはできません。
この時点でミラーはじゃんけんゲーであり、引きに相当な格差が無い限りは先攻がほぼ勝つでしょう。
 では黒を入れるとどうなるか。黒を入れることで妨害が増え、後攻でも相手に先にVV8を出させない動きができるようになります。先攻のシドに関しても、ライトを撃たれていなければそれは裏切りの魔狼月下城でハンドレスになりますし、解体人形ジェニーから動けば次は5マナの多色4ですので裏切りが使えて、単色置きならブレインタッチが使えるので青白程シドは気にならないと考えました。また、VV8が出された場合でも裏切りを絡めた4ハンデスができれば五分か微有利まで持ち直せます。ものすごくわかりやすい部分を簡単に示してみただけですが、要は完全な青白ミラーよりは勝ちやすくなると考えたってことです。
 また、ライバルと言えるグロウバスターですが、青白は盾またはシドを革命チェンジベルファーレで5コスクリーチャー殴り返ししか勝ちの目がなく、実際、シドが立っている盤面で5コスクリーチャーにチェンジする人はいないでしょう。
 これに比べ、黒が入ることで相手の動きが先攻の最速でなければブレインタッチでファイナル革命を落とせる可能性があるのでワンパンノートリでも勝てる可能性が僅かに残ります。相手の動きが鈍っているなら解体でファイナル革命を確実に落とせますし、今後の相手の動きも分かるのでかなり楽になると思います。
 多色マナ武装に関してはシドはあまり意味がなく、ファイナルストップやサイクリカの枚数による影響がかなり大きいので一概には言えませんが、基本的にドローが無いのでやっぱりハンデス入っている方が勝ちやすいんじゃないですかね(適当)
 
・ここまで黒のメリットしか書いてないので黒入りが最強の様に聞こえるかもしれませんが実際には黒を入れたことによって事故率は上がってますし、実際に負けた二試合も黒が引けなかったことによってノーアクションが続きました。ただ、3回戦のデリートに関しては青白なら勝てたってわけではない内容ですし、本戦二回線もトリガー1枚で返せる手札でノートリだったのでこれまた黒のせいではないです。
 逆に予選二回戦の青白VV8と4回戦のデリートはハンデスのお陰で勝てたので、黒入れてなったら予選は2ー3で落ちていたと思います。

・要は黒を入れることで事故(というかノーアクションのターン)の割合は増えますが、相手の理不尽に抗える可能性も増える。「青白ミラダンテ、グロウバスター、多色マナ武装に勝って優勝する」という目標を達成するうえで、そのメリットがデメリットを充分超えると判断したというだけです。

【採用カード】

・トリガー3種
グロウ(成長)バスターにはどれか踏んでもらわないと理不尽に殺されるので3×4確定

・革命チェンジ
 選択肢としては基本的にミラダンテとベルファーレ2種だと思いますが、後述する理由で
旋律ベルファーレよりサイクリカの方がよっぽど強いので旋律ベルファーレは抜きました。
ミラダンテは4が安定なのは間違い無いんですが、ミラーに関してはミラダンテは1枚で事足りる
バスターに対しては2枚欲しいところですが基本的に殴ってくるため3投でも2枚抱えやすいため3で充分だと感じたからです。

・黒のカード
 ブレインタッチは4じゃないと黒入れる利点消え去るので4
 月下城は
 1試合に2回撃てば充分 
 グロウバスターにはほぼ使わない 
 サイクリカが居る
 解体と合わせてこそ最大限に強い
と言う点から解体と枠を分け合っての3:2。本当なら3:3にしたい部分です
インフェルノサインはサイクリカ、オールフォーワンのお陰で雑に強い。
パイレーツチャージャーはブレインタッチパイレーツ月下城月下城で勝ち確になるのと
青黒の多色という点がとても強いです。4積んでも良いカードですが枠の関係で2

・サイクリカ
はっきり言って青白だろうとなんだろうと積まない理由が全くないカード。
これまでのエリア上位のレシピにほぼ積まれていなくて
???
ってなってましたが同時に「北海道のエリアでもほぼ積まれていない」ことが確定したので
ドロマー使うことを後押ししてくれたカードです。本当なら3は積みたい。

・オールフォーワン
このデッキ最大の隠し味。VV8ありきのカードでサイクリカと組み合わせてこそ強いカードではありますが
ミラダンテにチェンジした際に、D2スイッチで効果を2回使い
封印2枚ならドラゴンズサイン+ファイナルストップ
封印3枚ならドラゴンズサイン×2
でほぼ勝ち確になるのという理不尽を仕掛けられるのでVV8さえ出せていればいつでも強いです。
本当に強いのはVV8しか居ない盤面でベルファーレ出してターン終了時にサイクリカドラサイで追加ターン貰えることです。またはミラダンテ+ドラサイベルファーレで封印残っててもターン終了時にオールフォーワンで追加ターン貰うことです。
さらに言うなら、ミラダンテの効果受けて召喚できなくても追加ターン貰いに行ける可能性があるので遅いデッキ全てに強いカードだと思います。
使い所が難しいカードNo.1

・VV8
ずっと3で回してたけど引かなきゃ話にならないので最終的に4に。でもやっぱり3で良かったと思わないでもない。

反省点 
・実際の環境が想定していた環境よりも古かったので月下城、解体、オールフォーワンについてはかなり怪しかったと思います。ミラダンテとほぼ当たらず、負けた2試合がハンデス引けないどうしようもないレベルの事故 だったのでパイレーツチャージャーやエナジーライト、ハンデスにしても良かったかなと思います。
・革命チェンジをぎりぎりまで減らしているので旋律ベルファーレがあればもっと楽に勝てた試合もありますがそれならやっぱりサイクリカにしていたと思います。

質問はツイッターなりコメントなりで受け付けますが、どうせ環境変わるので意味ないです。

最後に
・4回目のエリアでやっと予選を通過することができました。できることなら負ける相手は身内が良かったと思いますが、前日に泊まりがけで調整したメンバー5人が全員予選を抜けられたことは実は結構うれしいです。
セキボンのお陰で気づけた部分がありましたし、あーさんと島流しのおかげで本戦1回戦の勝ちを拾えたと思っています。
リルウカさんに関してはエリア1週間前に送り付けられたリストをほぼそのまま採用して乗り込んできてくれたので、代わりに僕はリルウカさんの車に乗り込んでスーパー銭湯とエリア会場まで移動しました。ありがとうございました。真面目に話すと最終的に2枚しか違わないリストだったのでどっちかは入賞したかったですね。
改めてあーさんおめでとう。
セキボンとリルウカさんは帰り道気を付けて。
島流しはとっと小樽帰れ。

調整に付き合ってくれた剣崎さんとすとーむも、ありがとうございました。


 

最後は地雷ポジションのハンデス

①強み
・マルヴァーツと裏切りの月下城のおかげでトリーヴァ系には圧倒優位
・エナジーライトとブレインタッチで息切れせずに戦える。
・ベルファーレが積みやすい

②弱点
・ミラーと対バスターに対してはマルヴァーツがあまり強くない
・ドギ剣の最速イーヴィルバスターにはトリガー頼み
・月下城が引けないと中途半端な動きしかできない
・トリガーが呪文になりがち⇒革命チェンジが使いにくい。ラフルルに弱い
・マッドネスがエメラルド、永遠、デッキの奴の3種類だけどエメラルド以外は普通に強い
・ミラーが月下城2枚打った方が勝ちの後期一番のクソゲー

③対トリーヴァ系
相手のハンドが1か0になるタイミングで月下城打つだけ。
マルヴァーツさえ立てれば基本勝ち。
ワチャフェスやボスカツからのバスターが怖いのでそれをされないように月下城やハンデスを撃つタイミングを考える。
ワチャフェスに関しては最悪ベルファーレとカーネルを回していれば勝てることもある。
マルヴァーツが立つ前に相手のマナが伸びてしまうと辛い

④対赤黒バスター
最大の鬼門。
相手の動きが鈍ったときに月下城でハンド枯らせると一気に勝ちが近づくけどそれでも相手のトップ次第で負ける。
月下城と除去を同時に踏んでくれたら勝てる。
あとは特に言うことなし。

⑤まとめ
ボルメテウス・蒼炎・ドラゴンの為に考えていたデッキだから後期とエリアで構築が全く変わる。
赤が多めになるので今までできなかった動きができるようになるからそこで対バスターへの勝率を上げられるかどうか。
エリアの環境トップもバスターになりそうな予感がするので多分使わない。


対バスターがどうにかなれば完璧なデッキなので、そこを改善できた人は是非教えて頂きたい。切実に。



 

このページのトップヘ