今回はデュエルリンクスのランク戦です。墓守デッキでデュエルキングに到達しました。
image

image




ここずっと墓守デッキを使っているのですが、墓守は強くてとても楽しいです♪


厄介な恐竜には巫女を出しておけば簡単に攻撃を止められるのがいいですね。


何よりもモンスターの展開力が桁外れ! エネコンで相手モンスターを奪ってからを召喚! 更にエネコンでリリースした墓守を墓地から特殊召喚!

これが決まるとかなり気持ちいいのですよね〜






それでは、今回ランク戦で使っていた墓守デッキを紹介します。
image

image


デッキ枚数は21枚です。理由は、上級モンスターの審神者を2枚ずつ入れているので、初期手札にこれらのモンスターが複数枚来てしまう確率を下げるためです。

そして、エクストラデッキはブラフです。できるだけ対戦相手にこちらのデッキコンセプトをバラしたくないため。
最近、闇遊戯を使っている人は大体墓守デッキですからね〜






このデッキには新パックのカードを2枚入れてます。リジョン浅すぎた墓穴です。
image

この2枚は墓穴と相性が良くて、まずリジョンを1ターンでアドバンス召喚したい時に使えますね。

次に浅すぎた墓穴は、の生贄素材としても使えますが、何と言っても審神者との相性が抜群です!
審神者の効果で裏守備モンスターを破壊する事ができるためです。






そして、個人的に欠かせないカードがこの2枚ですね。
image

ハーフシャットは自分にも相手にも効果を発動できるので、その時の状況に応じて使い分けられるのが気に入っています。
こちらのデッキはアドバンス召喚しないと何もできないので、モンスターを守らなければならない際にとても重宝しています。
ハーフシャットはもう1枚入れてもいいかも。



そして、ツイスターも万能なカードですね。相手のフィールド魔法やミラーウォールを破壊したり、サクリファイスが吸収したカードを破壊したりと、基本的にどのデッキにも刺さりますね。








そうそう墓守デッキといえば、墓守の石版を入れるか悩みますよね。
image

かなり優秀なカードなのですが、このデッキには墓守の石版を入れていない理由として、エネコンリジョンなどで数的優位な状況を作る事に重点を置いているためです。







墓守デッキは使っていてとても面白いです。イシズとリシドを周回して作った甲斐がありました。