アヌビス講座

整地解説動画 〜5段整地、階段連鎖整地、ミスした時の対処法〜

整地の解説動画を作ってみました







動画の内容は、5段整地と階段連鎖整地の組み方。 整地中にミスをしてしまった時の対処法についてです。











整地解説動画













整地はこんな感じです。 まずは5段整地が出来るようになると安定したパズルが組めるようになります。




5段整地のコツとしては、まず左右どちらに組むかを決めます。
次に盤面の下から2〜3段横に平積みをして崩す。 最後の5段目は、盤面の上の隅の色を周りの盤面からゴリ押しで持ってくれば完成です。









次に階段連鎖整地ですが、この盤面が基本となります。

2014-11-22-11-35-40

この上のドロップ2つですが、ここにコンボが組めない余りの同色ドロップ2つを持ってくれば待配置になります。

余りのドロップでなくても、連鎖として崩すことも可能なので、その盤面に応じたハイブリッドな整地ができます。




しかし、大きな欠点がありまして、階段整地から連鎖型に持って行く時コンボが繋がってしまう配置があります。

そのことにつきましたら、以前紹介したこちらの記事にて。
『連鎖型』にも『待ち型』にもなる『ハイブリッド整地』









整地は相手のターン数に余裕がある時に役立ちます。
配置も暗記してしまえば、基本的にはどんな盤面でも対応出来ますので試してみてください






Twitter → @kuronosuke_bule




YouTube チャンネル → https://www.youtube.com/channel/UCqG95ub1rJ6fYi-9A38lGKg




ブログランキングに参加中
いつも応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ


アヌビス講座 〜盤面の見方part②〜

この記事では、前回のアヌビス講座で紹介しきれなかった最重要ポイントについて紹介していきます










まず、盤面を見る時に最初にやるべきことはドロップの個数を数えることです。








例えばこの盤面

2014-10-31-09-46-33

火4個水5個木7個光6個闇5個回復3個となっています。

すなわち、火1コンボ 余り1水1コンボ 余り2木2コンボ 余り1光2コンボ闇1コンボ 余り2回復1コンボとなるので、最大8コンボ組める盤面です。




余りのドロップは基本的に無視します。 余裕があるなら、横もしくは縦に2つ並べて待配置を組みます。








続いて最初に持つドロップですが、この盤面だと回復ドロップが離れています。 なので、右上の火ドロップ左の回復ドロップのどちらかですね。








右上の火ドロップを持つならこんな配置になります。

2014-10-31-10-40-44

2014-10-31-10-55-17








しかし、この配置だと左の回復ドロップを持った方が個人的には作りやすいので、回復ドロップを持って作っていきます。







2014-10-31-10-52-24











コンボを作る手順をまとめると




① ドロップの個数を数える。

② 余りのドロップは基本的に無視。 (余裕があれば待配置を組む)

③ 完成した盤面を考える。(もしくはルート)

④ できるだけ早くドロップを動かしてコンボを組む。









私がコンボを組む時にイメージしているのはこのような感じです。



最後は如何にドロップスピードを上げるかがポイントになってきます。


















話は変わりますが、昨日のアップデートでモンスターがかなり強化されましたね



ヘルメスの強化はヤバくないですか?








その中でも個人的にオオクニヌシに『操作延長』が付いたことがありがたかったです。



アヌビスのサブで活きる! 高ステータスに威嚇持ちはいいね!
2014-10-31-11-15-09

威嚇は整地する時にも使えるので、臨機応変に使い分けられるのがいいです。


サブに光カーリーを入れることで、ステータスのバランスが良くなります







プラスのストックがあるので、オオクニヌシに振っていこうかな〜













今日のゴッドフェスは、闇カーリー赤ソニアアヌビスを狙って回します〜




Twitter → @kuronosuke_bule




YouTube チャンネル → https://www.youtube.com/channel/UCqG95ub1rJ6fYi-9A38lGKg




ブログランキングに参加中
いつも応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ

アヌビス講座 〜掴むドロップの決め方と盤面の見方〜

久しぶりのアヌビス講座です。 今回は掴むドロップの決め方と盤面の見方について説明していきます。





これは私自信がパズルを組む時に使っている方法なので、適切な組み方とは限りません。












まずは、最初に盤面の見方について説明していきます。








例えばこんな盤面があるとします。

2014-10-28-22-43-15






1番最初にやることは、このように4分割で見て、キーとなる配置を探すことです。

2014-10-28-22-43-35
2014-10-28-22-43-58
2014-10-28-22-44-16
2014-10-28-22-44-37





縦に分けて見る場合は、平積みが簡単に組めるのか、落としが組めるかを判断。
2014-10-28-22-52-48






横に分けて見る場合は、平積みが簡単に組めるのか、段差が組めるのかを判断。
2014-10-28-22-54-01

2014-10-29-09-26-09







理想的な形は、盤面の半分で平積み、残りの盤面で平積みor落とし。ある程度のパズルスピードが必要になりますが、簡単に組めます。
2014-10-28-22-54-16











そこでもう一度、盤面を見てみましょう

2014-10-28-22-43-15




これは左下に注目。 段差が簡単に組める配置になってます。
2014-10-28-22-45-56



更にこの段差を利用して、右下の回復ドロップも組めます。
2014-10-28-22-45-43







掴むドロップはこの回復ドロップ

2014-10-28-23-36-52









盤面のキーとなるこの配置が頭の中に浮かべば、後はドロップを積み木のように積んで行くだけです。
2014-10-28-23-01-17

















続いて、最初に掴むドロップについて説明していきます。



先ほど書いたように盤面を4分割にして見ていきます。



盤面の半分を平積みで組むか落としや段差で組むかを決めて、盤面の半分でコンボを作る上で邪魔になるドロップを持って動かすだけです。






他にこんな配置があった場合、上の闇ドロップを持つのではなく、回復ドロップを持ちます。
2014-10-28-23-09-32





そして、このように落としを組んでいくという感じになります。
2014-10-28-23-09-53

これにより、手数が大幅に減り、盤面の端っこを敷き詰めることにより、他の空間でコンボが組めるようになります。







例えば、このようにドロップが極端に離れている時はゴリ押しで組むか、1コンボ減らすかを盤面を見ながら判断します。
2014-10-28-23-10-04


















〜 実践編 〜






スタートは右下の回復ドロップ

2014-10-28-23-15-12





2014-10-28-22-30-51







実際の動画 0分50秒地点


https://www.youtube.com/watch?v=5dG7xjWWhc8











スタートは左下の闇ドロップ

2014-10-28-23-17-17






2014-10-28-22-40-12






実際の動画 3分56秒地点


https://www.youtube.com/watch?v=sybEtKNKlqw











〜 ルートについて 〜





私はパズルのルートは基本的に考えません。 パズルを組む時は、盤面の半分が完成した配置だけを想像してからドロップを動かします。



ルートを考えると、時間がかかってしまう 更に複雑な盤面だと手数が多くなり、最後まで覚えきれないからです。





ドロップを動かす時は、ルートではなく完成した盤面にドロップを配置するというイメージです。



私は頭の中で配置を考えて、そこに離れたドロップを持っていくといった作業をやっています。






盤面の半分を組み終えたら、残りの半分をゴリ押しの平積み系で組みます。 余裕があったら段差、落としを入れてみたり。








以上、自分がアヌビスを使っている時のパズルの組み方でした。










パズル練習をする時は色々な方の動画を見たり、自分なりの組み方、癖、得意な配置を発見することが上達の道だと思います。






私はアヌビスを使い始めて6ヶ月が経ちました。

最初は全然パズルが出来なくて苦痛でした。 しかし、そのまま使い続けて行った結果、3ヶ月後に変化が出てきました。



正直、パズルは暗記だと思ってます。 部分部分で完成した盤面を覚えて、それに当てはめるように組むイメージです。






そして、1番重要なのは、盤面の端をしっかりと敷き詰めながらコンボを組むことです。
2014-10-29-09-09-51






色々と書いてみましたが、自分も毎回盤面最大が組めるわけでもないです。 しかも波が激しいので、組めない時は本当に初心者並みに組めなくなります




でも、調子が悪くて全然パズルが組めない時こそ上達ができる。






お互いにパズル練習頑張って行きましょ〜!







続きの記事はアヌビス講座 〜盤面の見方part②〜 のリンクから




Twitter → @kuronosuke_bule




YouTube チャンネル → https://www.youtube.com/channel/UCqG95ub1rJ6fYi-9A38lGKg




ブログランキングに参加中
いつも応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ

『連鎖型』にも『待ち型』にもなる『ハイブリッド整地』のやり方

今回は、私が最近練習している『連鎖型整地』にも『待ち型整地』にもなる『ハイブリッド整地』についてやっていきます。

この整地はアヌビスロビンなどのコンボ系にオススメです。














動画を撮ってきたのでよかったらどうぞ


https://www.youtube.com/watch?v=YGjKvXDbg1E
まだ慣れてなくてミスが多発しておりますが、大目に見てやって下さい。


















連鎖型整地の組み方としてはこれを意識すればOKです。






① 階段整地を作る。

2014-08-15-14-05-35




その時に、画面上の光ドロップ闇ドロップの位置がポイントになってきます。

2014-08-15-14-30-09








② 画面中央の黄色の線があるところに光ドロップ闇ドロップを縦に並べる。 順番はどちらでもOK

2014-08-15-15-10-24


ここには、縦にと置いても、と置いてもどちらでも連鎖します。












次は、『最強コンボ』を使って説明していきます。







これが基本の配置

2014-08-15-17-41-39






崩し方はこれ

2014-08-15-17-43-45

イメージとしては、ジグザグに上に上がってから1番下へと持っていき、最後に一気に上に駆け上がる感じです。







『連鎖型整地』はこの2つ。

2014-08-15-17-43-15
2014-08-15-17-41-46









『待ち型整地』はこの2つ

2014-08-15-17-58-59
2014-08-15-17-59-08

毒ドロップのところの縦ラインは消えればどんな型でもいいです。2点待ちにするためです。








この整地の注意点

うまく行けば落ちコンによる爆発的な連鎖が起こります。 しかし、落ちコンにより連鎖が妨害されるパターンがありますので注意。


なので、9コンボ盤面でしたら『連鎖型整地』を作らずに『平積み整地』をした方が安定したコンボが出せます。








それから、これらの配置には注意。

2014-08-15-17-51-39
2014-08-15-17-52-10
2014-08-15-17-54-47

せっかく連鎖型整地を組んでも、1コンボ分が勿体無くなってしまいます。 崩した時に繋がらないように。

もしこの型になってしまったら、連鎖型を組んで落ちコンに賭けるか、もしくは上から平積みに崩していきましょう。








『連鎖型整地』と『待ち型整地』についてはこんな感じです。 まだ自分も実践で使えるほど使いこなせていないので、一緒に練習を頑張っていきましょう





Twitter → @kuronosuke_bule




YouTube チャンネル → https://www.youtube.com/channel/UCqG95ub1rJ6fYi-9A38lGKg




ブログランキングに参加中
いつも応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ

アヌビスを使う時はパズルの組み方を変えてみる

お待たせしました。久しぶりのパズル記事です。 読者の方や友人からの要望がありましたので、やっていきたいと思います。






アヌビスを2ヶ月ほど使ってみて気が付いたのですが、普通にコンボを作って毎ターン最大コンボを狙うのはかなり難しいです





なのでアヌビスを使うためには大きく分けて2パターンあると思っています。





① 整地から盤面最大コンボを作る。




アヌビスを使うなら、この整地を覚えるのが手っ取り早いです。 以前、ブログで紹介した平積み整地なら30分くらいで身につけられるはずです。


アヌビス講座 初級編! 〜意外と簡単『整地』のコツ〜



アヌビス講座 初級編 〜5段整地のコツ〜



この整地さえマスターすれば、アテナ降臨トト&ソティス、そしてゴッドラッシュがクリア出来ます。



個人的にアテナ降臨アヌビス入門ダンジョンだと思っています。





他にも『待ち配置型』の整地などもあるのですが、こちらは難易度が高く、現在練習中です。 完全に出来るようになりましたら更新するかもです。







②段差や落とし配置を使って手数を減らす




段差や落とし配置などのやり方はこちらのリンクから




実際に使うとこんな感じになります。






2014-07-11-21-57-52

2014-07-11-23-03-04

2014-07-11-23-39-16
2014-07-12-19-52-37

2014-07-14-11-12-43
2014-07-14-11-13-19
2014-07-14-16-48-22
2014-07-14-21-17-20

2014-07-20-14-56-39





段差や落としで注意点があります。 それは落ちコンによりコンボが妨害されて不発になることです。 なので無闇に落とし系を組むと失敗することもあります。



なので、出来るだけ落ちコンに妨害されないような配置を組んで行く必要があります。 これが難しいです











実際にパズルを組む時はこのような感じを意識して作っています。





パズドラ定石メーカーからランダムで3つ用意しました。





2014-07-20-15-02-45


パズルのルート ①安定型→http://serizawa.web5.jp/puzzdra_theory_maker/index.html?layout=552432053301311530025234043240&route=19,6414646663331444413333311444641364466633141366414&ctwMode=false



パズルのルート ②3連鎖型 妨害なし→http://serizawa.web5.jp/puzzdra_theory_maker/index.html?layout=552432053301311530025234043240&route=19,641464666413336311311444641364463633144664136314&ctwMode=false



実際にこの盤面があったら、自分が使うのは①の方かな。 ルートが単純なのでパズルが組みやすいという理由です







2014-07-20-15-03-02


パズルのルート→http://serizawa.web5.jp/puzzdra_theory_maker/index.html?layout=430044544120133220230244054450&route=06,441336441364641131444663113146313&ctwMode=false





2014-07-20-15-03-12


パズルのルート→http://serizawa.web5.jp/puzzdra_theory_maker/index.html?layout=004114044400211044024101144220&route=09,4463636641444413633364&ctwMode=false






私は一応こんな感じでパズルを組むようにしています。 なので基本的に長考パズルです。






今回はパズドラ定石メーカーをお借りしましたが、実際のパズルではほぼ使わないようにしています。 理由は、これに頼っていると実際にパズルのルートが見つけられなくなるからです。



頭の中で完成した盤面とルートを考えて、それからパズルを組むようにした方が確実に伸びます。



しかし、15分以上考えてもルートが見えない時には定石メーカーを使うことにしています






個人差があるとは思いますが、アヌビスを使うなら、自分のパズルを1から変えていかないと上手くいかない場合があります。 実際に自分がそうでした… 正直、かなり大変ですが、気長に練習するのみです。 練習すれば今まで見えなかったルートがパパッと見えたりします。






今回は自分のパズルの紹介だけになりましたが、次回からはパズルの組み方、覚え方、どのドロップを持つべきか・・・などを更新する予定です。




現在ちょっと忙しいので、次のパズル記事は8月上旬ごろかな。





一緒にパズル練習頑張っていきましょう







いつも応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ


アヌビス講座 中級編 〜連鎖型コンボ配置part①〜

今回のアヌビス講座は効果的な『連鎖型コンボ配置』について紹介していきます。



以前も何度か『連鎖型コンボ配置』を紹介してきましたが、今回は更に難易度が高めのオススメ配置です




『連鎖型コンボ配置』って何ぞや??? という方は以下のリンクから記事を見てみてください。 これが基本型になります。

連鎖型コンボの仕組み part①

連鎖型コンボの仕組み part②

離れたドロップを連鎖させて繋げる

上から上から落として連鎖型コンボ

パズル練習 ドロップを落とす道








それでは本題に入ります






まずはこちらのリンクからパズルの動きをご覧ください。
↓ ↓ ↓





今回紹介するのはこのような形となります。 それでは画像を使って簡単に説明します。



① まずは右下の水ドロップを1つ上に移動

2014-05-29-07-45-26





② そうするとこの配置が完成

2014-05-29-07-45-38




③ 右下の木ドロップが消える

2014-05-29-07-45-51




④ 続いて光ドロップが連鎖

2014-05-29-07-46-02



⑤ 更にのコンボが落ちてくる

2014-05-29-07-46-02





⑥ 最後に木のコンボが完成!!!

2014-05-29-07-46-16












〜実践で使用〜




このような盤面があったとします。

2014-05-28-14-57-57




動かすドロップは右下の闇ドロップ

2014-05-28-15-01-15




そうすると、回復と3コンボが連鎖して消えて行きます 更にのコンボも出来ました! これが連鎖型コンボ配置です。
2014-05-28-14-58-04









〜このパズルのコツ〜



このパズルはちょっとしたコツがあります。



続きを読む

アヌビス講座 初級編 〜5段整地のコツ〜

2014-05-25-23-45-58




今回は『5段整地のコツ』について紹介していきます。







前回の整地記事にも載せましたが、以下のリンクからもう一度このパズルを見て下さい!

整地 パターン①





私がよく使う5段整地の基本系はこのような動かし方です。



続いてはこの整地のやり方を1つずつ画像を使い解説していきます!




① この水ドロップからスタート!

2014-05-25-23-50-51




② 一番下の闇ドロップを横に作る

2014-05-25-23-51-09





光ドロップを横に作る

2014-05-25-23-51-27





回復ドロップを横に作る

2014-05-25-23-51-40





火ドロップを横に作る

2014-05-25-23-51-54






光ドロップをこのように近づける! ここがポイント!

2014-05-25-23-53-59





⑦ 下から1つずつ崩す

2014-05-25-23-54-21





光ドロップをこのようにずらす ここがポイント!

2014-05-25-23-54-35



これで5段整地の完成です!








〜5段整地のコツ〜



整地前のポイント


整地をする前に盤面の1番上の角に注目します。


続きを読む

アヌビス講座 初級編! 〜意外と簡単『整地』のコツ〜

ここ2週間、アヌビスを使うようになったのですが想像以上に難しい… しかし、あるコツを覚えたら意外と使えるようになりました




それは『整地』です





『整地』って一体なに??? という方は爽のサブさんの記事を見てみてください。動画付きでとても分かりやすく書いてあります



『整地』を簡単に説明しますと、1ターン以上を有効に使いドロップをコンボが作りやすい場所に持ってくるということです。




それでは私が使っている『整地』を解説していきます。








まずはこちらのパズルの動かし方を見て下さい!



☆ 整地パターン①


☆ 整地パターン②


これが実際に私が使っている整地のパターンです。 今回はこの組み方をベースとしていきます。






それでは画像で解説していきます



例えばこのような盤面があったとします。

2014-05-22-22-07-33





まず盤面をこのように5×4に区切って考えていきます。
2014-05-23-09-20-09

2014-05-23-09-19-37



そして、整地をしやすいと思う方を選択します。 私はこの場合、右半面が整地しやすいと思いました。



なので右半面を整地してみます


まずはこのようにパズルを組んでいきます。

2014-05-23-09-27-48




そしたら1番下にある火ドロップを矢印の方へ移動させます。

2014-05-23-09-28-20






するとこのような盤面に

2014-05-22-22-07-36

『整地』の完成です!











続いては、こちらの盤面も整地してみましょう。

続きを読む
クロのすけTwitter
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ