くろしろ王国

昨日は小梅っちの正式譲渡に行ってきました〜

新しい名前はハチちゃんです😊



IMG_4994
おうちにお邪魔しましたらハチちゃんは二階の一室にあるおしゃれなキャットタワーのボックス内におりました



IMG_4995
相変わらずもちもちしててかわいかったですよ😌




IMG_4997
こちらの段ボールはハチちゃんのお気に入りスペース




IMG_4998
かわいい猫ベッドと



IMG_4999
トイレ、横は防臭機能のあるゴミ箱です




IMG_5001
一階にていろいろお話をしたあとに再度会いに行くとご夫婦の寝室にいました




IMG_5002
かわいい白三毛さん




IMG_5003
ハっちゃん、もう僕らよりも里親さんに懐いてるようで安心したよ😉
でもこれまで通り触らせてくれてうれしかった。




IMG_5004
ごはんもスノコで高さを作ってくださったりと工夫してくださってます。




ハっちゃんは仮譲渡中にCT検査を受けました。
保護部屋にいた頃から咳をしていて気になったためです。このまま譲渡するのは申し訳ないので検査に踏み切りました。

CTの結果は拡張型食道炎で

鼻汁も外注検査に出したらマイコプラズマフェリスというウイルスが陽性でした


昨日はそれに対処するお薬もお渡しして説明もさせて頂きました。


CTを受けてから咳や嘔吐も酷くなってしまっていたのですが里親さんが地元の病院に何回も連れて行ってくださいました。

すると薬が効いたようでここ2日くらいは落ち着いているようです。



最初からこういった症状のある子をお願いして申し訳ない気持ちですが
里親さんが丁寧に様子を診てくださり通院もしてくださっていて本当にありがたいです。


これからもしばらく投薬がたいへんだと思いますが、里親Tさんにとってもハっちゃんにとっても無理のない範囲で挑んで頂けたらと思います。



ハっちゃん、優しくてマメなお父さんお母さんができてよかったね☺️
長らく待った甲斐があったね。


里親のTさん、
これからもハっちゃんが加わったご家族で益々幸せに暮らしてください。


この度は良縁を頂きまして本当にありがとうございました。
ハっちゃんの体調に変化があった場合はいつでもご相談ください。


これからもどうぞよろしくお願い致します😌

IMG_5009
IMG_5010




IMG_4892
IMG_4893
IMG_4894
IMG_4895
IMG_4896
IMG_4897
IMG_4898
IMG_4899
IMG_4900
IMG_4901


IMG_4902
IMG_4903
IMG_4904
IMG_4905
IMG_4906
IMG_4907
IMG_4908
IMG_4909
IMG_4910
IMG_4911


IMG_4912
IMG_4913
IMG_4914
IMG_4915
IMG_4916
IMG_4917
IMG_4918
IMG_4919
IMG_4920
IMG_4921



IMG_4922
IMG_4923
IMG_4924
IMG_4925
IMG_4926
IMG_4927
IMG_4928
IMG_4929
IMG_4930
IMG_4931



IMG_4932
IMG_4933
IMG_4934
IMG_4935
IMG_4936
IMG_4937
IMG_4938
IMG_4939
IMG_4940
IMG_4941




IMG_4942
IMG_4943
IMG_4944
IMG_4945
IMG_4946
IMG_4947




IMG_4698


こはちゃんのアニコミもお願いしました。

こはちゃんはぼくの守護霊になってくれました😁

めちゃ心強い。



こはちゃんが亡くなってショックのあまり、
うっかり忘れていたけど

ぼくはこはちゃんの生前

(こはちゃんはいつか亡くなってもぼくを見守って助けてくれるだろうな)

と確信的に常々思っていました。

で、今回、伊勢さんのアニコミを受けたときに

こはちゃん自ら『Rくん(ぼく)の守護霊になってもいい?』と名乗り上げてくれて、
(そうだったそうだった!)と合点がいったのでした。


こんなこと書くと興味ない人には気持ち悪いだけかも知れないですが

まぁぼくは自分が死ぬまでこはちゃんと生きていきますわ。



というかね

こはちゃんは亡くなってからぼくを助けてくれるというより

ぼくとわざわざ出会って

ぼくの人生を幸せに導くために居てくれた気がします。





IMG_4891
ゆうべ、たっくんお骨となって帰宅しております。

男の子らしくお骨はしっかりしてました。骨太でした。
(こはちゃんと比べて)



IMG_4877
ぼろぼろのまま死なせてしまった。

治療でぜひ復活させてきれいにしてあげたかった。

ふわふわの体毛でぷくぷくにしてあげたかった。

それをしないとたっくんを保護したことは申し訳な過ぎると思っていました。


申し訳ない気持ちには変わりないですが
ゆうべ伊勢みゆきさんのアニマルコミュニケーションを受けてなんだかこちらが癒された場面もあり。

たっくんは思いやりのあるひとでした。


また生まれ変わっておいでよ。

健康なカラダで。


たっくんは特異な存在感だったけど

かわいいことに間違いなかったんだよ。



このページのトップヘ