2016年03月

保護猫カフェくすめっとさんにお預かり頂いていた蛍と風の譲渡に行ってまいりました〜〜





なんにも動じない蛍






くつろぎまくる風






びびりまくりの先住 雫ちゃん
f^_^;)






里親さんは以前にすいかさんが譲渡した雫ちゃんち


先住のサボくんという大らかで優しい子が亡くなってしまい、
雫ちゃんには猫がいたほうがいいだろうということで今回のご縁を頂きました


雫ちゃん、ドキドキだろうけれど
新たな家族の蛍と風をよろしくね





里親さんに頂いた写真です
しっかり食べてますね^ ^

この2匹に心配はないのですが
雫ちゃんの緊張が大丈夫か少しだけ心配です





かわゆいお子様と風


お子様が生まれた時から既に猫のサボくんがいて
ご実家にはワンチャンもいるとのこと

だから猫や犬を見慣れているので
たいしてはしゃがず
落ち着き払っているお子様
それがものすごく安心で頼もしかったです

生まれた時から猫や犬がいるって強いなあと。

今年2歳になるお子様

彼は大人になっても
ずっと猫や犬が好きなんだろうなあと思うと嬉しい未来です



里親さん
蛍と風をよろしくお願いします!
雫ちゃんのことも大切に愛して下さりありがとうございます。


これからもずっとずっと幸せに
ご家族みなさまで健康に過ごせますように。

うれしい出会いをありがとうございました。

サボくんの安らかな眠りを御祈り致します。










昨日は
あーちゃん、てっちゃん、寅次、カムくんの
大所帯での通院でした


あーちゃんは負傷して手術した脚のバンデージ替えとレントゲン

てっちゃんは抜歯したあとの抜糸

寅次は肉球チェックとガーゼ交換

カムくんは風邪の治療と血液検査






帰って猫を戻してそのあとは猫事で外出

出先(外)で出会った猫が耳を桜カットしてあったのがうれしかったです

避妊手術済みの証であるさくらカット

TNRしてくれた方に感謝ですね

その猫は顔の表情で明らかにメス猫だったんでもう妊娠することはないんだと思うと本当にいいことです










わが家にあっさり馴染む寅次




かわいいじいさん猫です
声はダミ声f^_^;)








早く肉球の裂傷がくっつくといいね






ミルクのんだりのまなかったり
離乳食たべたりたべなかったり
トイレしたりしなかったり
いっちょまえにイヤイヤしたり

…しながらも
すくすく成長中とのことです



殿のお腹が微笑ましいですね

最近、高知の吉村さんに保健所から引き出してもらった2匹を紹介いたします



茶トラの寅次
去勢済みオス

なつっこくて可愛らしいです

仕草や骨格の感じからかなりのお年寄りと思われます

エイズキャリアで肉球に裂傷があったので縫合して頂きました
両前足のバンデージはそのためです






こちらは白黒の北斗

去勢済みオスで
北斗もエイズキャリアです

寅次同様
骨格や仕草からお年寄りの感じを受けます

彼もなつっこくてかわいいですよ〜





2匹とも病院を退院してきたので
これから里親さん探しです



子猫や若い猫と違って
落ち着きがあって年寄り特有の可愛さも兼ね備えているシニア猫は
共に暮らしやすくてオススメです


エイズキャリアに関しては
個人的にはまったく気にしません
エイズを発症せぬまま寿命を終える子も多いみたいですね

血を見るようなケンカでもしない限りうつりませんし、
うちなんかノンキャリアの飼い猫のほうでも
風邪だの歯だのでしょっちゅう病院いってます


キャリアであっても
ノンキャリアであっても病気するときはしますし、
長生きのコもいれば
短命のコもいます。

なので過剰に心配する必要はないんじゃないかなあと。


猫と暮らしたくて
インターネットや愛護団体、
保健所を巡って探しているときに
ビビビッと来る子と出会って暮らすのが一番幸せですよね


ビビビッと来た子が
キャリアだった場合

それでも責任もって暮らしたい
という少しの覚悟と環境があるかどうか


キャリアでもぜんぜんよいよ!

っていう人々が増える世の中になるといいなあ〜


キャリアだろうが
ノンキャリアだろうが
平和に暮らしたら互いにとても幸せだということ。
それに変わりはありませんからね













殿と雛です





なかよし








殿














殿のミルクの飲みが少し心配なので
朝の様子次第では病院です









チカ
(きょうだいのトモは愛知の里親さんの元へいきました。仮譲渡中です)



いつのまにこんなに大きくなったのか
びっくり

見た目は
なんちゃってアビシニアンですね
^ ^






赤ちゃん猫はとろけるような可愛さがありますが
月齢半年もすれば
ほぼほぼ大人ねこの様なサイズになってきて
それ以降は天に召されるまでずっと大きなままです

赤ちゃん猫や子猫の人気はものすごいですが
大人になった姿と性格を生涯愛せるかどうか
基本的だけれどそこはとても大切で重要なポイントですよね
(病気や持病も含め)



言わずもがなですが
愛せる方とご縁があることを願ってやみません。






(昨年ちっちゃい時のトモとチカ)












↑このページのトップヘ